Fashion

【今月のカバーガール】MOUSSYで活躍する人気の美人スタッフママ登場

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。12月のカバーママガールは7歳の男の子のママで『MOUSSY(マウジー)』オフィシャルスタッフの田中梨花(たなか りか)さんを4回に渡り大特集! 第1回目は、こよなく愛するMOUSSYでのお仕事について。そして18歳で結婚、19歳でママになった梨花さんのプロフィールに迫ります!


■14歳のときから『MOUSSY』で働くことが夢でした!

プライベートでは小学校1年生の男の子のママ。『MOUSSY』のショップスタッフ兼オフィシャルスタッフとして活動をしている田中梨花さん(26歳)。

オフィシャルスタッフとは、モデルとして、SHEL'TTER MOOKやSHEL'MAG(シェルマグ)で撮影をしたり、SNSなどを通して世界観を発信するいわばブランドの顔。
「撮影以外にも新店オープンのお手伝いしたり、イベントに出席することもありますよ」

▲現在の『MOUSSY』オフィシャルスタッフは6名。梨花さんは右端。

育児に専念していた期間を除けば、18歳からずっと『MOUSSY』一筋という梨花さん。ここで働くことが夢だったといいます。
「中学2年生のときに『MOUSSY』の初売りへ行ったんですけど、そのとき接客してくれたお姉さんがめちゃくちゃ格好良くて。「ここで私も働きたい!」と思ったのがキッカケです。それまでは保育士志望だったんですけど、その日からMOUSSYで働くことが夢になりました」

その場で、「どうしたらMOUSSYのショップ店員になれますか?」と尋ねた梨花さん。「いっぱいおしゃれをして、いっぱいいろんな人とお話してね」というアドバイスを早速実践したそう。
「『MOUSSY』の服を、たくさん着たくて高校時代はバイト三昧!しかも、できるだけ人との出会いを増やしたかったのでバイトも3つくらい掛け持ちしてました(笑)」


■18歳で結婚。19歳で男のコのママに♡

高校卒業後、晴れて『MOUSSY』のショップスタッフとして働き出した梨花さんですが、出産を機に一度は現場から遠ざかります。
「早く自分の家庭を持ってママになりたいと思っていましたし、旦那さんも高校時代からずっとつき合ってきた人でお互いの気持ちは固まっていたので、母親になることに迷いはなかったです。出産してひと段落したらまた改めて『MOUSSY』に戻りたい、そう考えて『2年以内に必ず戻って来ます!』と誓って一旦仕事は辞めました」

若くしてママになることで周りには心配する人もいましたが、梨花さん自身には不安は全くなかったそう。

「11歳下の妹がいて、生まれたときからずっとお世話してきたので育児には馴染みがありましたし、そもそも子どもが大好きなんです。それに、うちの母も仕事がとても忙しい人だったので、掃除、洗濯、料理といった家のことは母に代わって小学生のときからずっとやっていました。学生兼主婦みたいな10代を送っていたので、いつ本当のママになっても大丈夫だろうと思っていたんです♡」


■子どもがいてもあきらめなければ夢は叶う♡

出産後、1年半ほどでまたMOUSSYで働き出した梨花さん。オフィシャルスタッフになったのは今から2年半ほど前。実は、ママのオフィシャルスタッフは梨花さんが初なんだそう!

「『MOUSSY』で働き出したときからオフィシャルスタッフになるのは夢でした。ママでオフィシャルスタッフになった人はいなかったので無理だろうなとは思っていたんです。でも、当時の店長から『諦めなければきっとなれる』と励まされたこともあって目指してみることにしました。オフィシャルスタッフになるという目標は、ママと仕事の両立をしていく上でも大きなモチベーションになりました」

現在は週5日、9時から17時までお仕事をしているという梨花さん。撮影は週に1度、それ以外の4日間はショップスタッフとして店頭に立ちます。

「場合によっては出張が入ることもあるので、子どもに対しては『忙しくてごめんね』と思うこともあります。でも、家でじっとしていられる性分でもないですし、やっぱり働くことが大好き!子どもが成長したとき、『ママかっこいい!』と誇れるような母親でいたいです♡」

Cover mamagirl撮影ではプライベート感のある笑顔もたくさん見せて頂きました。そんな梨花さんに撮影の感想を聞いてみると…。

「ブランド撮影では『MOUSSY』の世界観を表現して伝えることを大切に考えていますが、今日は求められるポージングや表情も全く違ったのでとても新鮮でした。普段の自分は笑ってばっかりなので、より素に近い私がいるんじゃないかなと思います。ヘアメイクもナチュラルだったり、より女子っぽいものだったりして、ヘアメイクでここまで変わるんだって実感できたのは新しい経験でした!」

梨花さんの持つのびのびとした明るい雰囲気のおかげで、現場がいつにも増して華やいでいたのが印象的。活気のある雰囲気の中で撮影は続きました!


■今週のCover mamagirlのコーディネートをチェック!

今期のトレンドを押さえつつ、忙しい朝でも簡単におしゃれ感を出せるワントーンコーデをご提案!『MOUSSY』の新作アイテムを中心に今っぽいスタイリングをお届けします♡

・柔らかな印象が大人っぽいワントーンのレイヤード

ジャケット ¥8,280、タートルネック ニット ¥4,980、ニットパンツ ¥6,980(2020年1月発売予定)、シューズ ¥11,800/以上すべてMOUSSY(価格は税抜き) ※イヤリング・バッグは参考商品となります。

アウターはトレンドのビッグシルエットのジャケット。肩落としでゆるっと着るとこなれ度もアップ!
ポイントは重ね着っぽいイメージで合わせた、タートルネックのニットトップス。ジャケットはレイヤード風にトップスを合わせるとバランスよく着こなせます。

ボトムスはアイボリーのニットパンツ。今季の旬ボトムですが一歩間違えるとパジャマ感が出てしまう危険も…。だからこそ、ちょっとカッチリ感のあるシャツシルエットの羽織りやチェック柄できちんと感を出すとGood! 

足元はゴールドのビットがエレガントなローファー。ゆるっと感のあるニットパンツはスニーカーでカジュアルに崩すよりもカッチリした靴がハマります♡


■今週のビューティポイントをチェック!

梨花さんは「夕方になるとヨレっとしやすい」のがメイクの悩みなんだとか。
重ねれば重ねるほどヨレやすくなるのが、ベースメイク。特に乾燥で崩れやすくなるこの時期は、使うアイテムも塗る量も最小限にするのがポイント!
これからの時期にぴったりな秋冬のベースメイクをご提案します♡

今回使ったベースはBBクリームとコンシーラーのみ。夏場はベタつくと敬遠されることもあるBBですが冬はその保湿力が威力を発揮! 適量を手のひらになじませてから両手で顔全体に塗り、そのあとで細かい部分を指でのばしていくと薄く均一に塗ることができます。

コンシーラーは2種を使い分け。目元など明るくしたいところにはのびが良くやわらかなコンシーラーを。黄色みのあるカラーを選ぶとベースが薄くても白浮きしないのでオススメです。吹き出物など気になる部分にはカバー力のある固めのコンシーラーを指でトントン。小鼻やおでこ、ヨレやすい部分だけフェイスパウダーで軽く押さえればベースは完成! 

顔立ちがはっきりしている梨花さんの場合、目元に色がありすぎるとちょっと重くなるのでアイメイクは引き算。ヌーディーなベージュ系のシャドーを塗ったあと、アイライナー代わりに締め色のブラウンをキワに塗って目元は終了。リップはラメ感のあるシアーなブラウンを重ねて服とのなじみをよくしています。

ヘアアレンジはヘルシーなニュアンスのゆる巻き。使ったコテは32mm。トップにボリュームを出したくないので巻きは耳下からスタートして、大きめに巻いて毛先を逃すとこなれ見え。仕上げに毛先にオイルをなじませて束感とツヤを出して完成!


【次週予告】 『MOUSSY』梨花さんに聞くジーンズの着こなし術♡

『MOUSSY』といえばジーンズ!といっても過言ではない、人気アイテム。ママにとってもジーンズは鉄板のアイテムですよね。
オフィシャルスタッフの梨花さんが、カジュアルにもキレイめにも着こなせるジーンズコーデのコツを解説!また、「いつからヒールが履けるようになったか」など、子どもの成長に合わせたファッションの変化もプレイバック。次週もお楽しみに♡

▽田中梨花さんのインスタグラムも合わせてチェック♡
natorika

カメラマン/齊藤僚子
スタイリスト/真鍋かんな
ヘアメイク/中山芽美
取材・文/ささきみどり

ささきみどり

フリーの編集・ライター。二級建築士。女性誌、ライフスタイル誌を中心に読み物系の記事を書いています。趣味はいつか住みたい家の図面を引くこととぬい撮り。

【Instagram】midori6497

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!