出典:@chelucy_my_homeさん

Lifestyle

椅子のクッションはどんなのが良い?おしゃれ&機能性のアイテム紹介

もっと居心地が良くておしゃれな部屋を作りたい!と考えたとき、大規模な模様替えはなかなか実現できませんよね。そんなときは、お部屋のアクセントになるクッションを変えてみてはいかがでしょうか。形やサイズ次第で、グッとトータルイメージがアップデートされますよ。また、機能や素材にこだわって体の負担を軽減する役割も。今回は椅子のクッションの選び方について詳しくチェックしていきましょう。

まずはクッションの選び方の基本をご紹介。

■椅子のクッションの選び方1:目的

出典:@____s.25さん

椅子のクッションの選び方の基本としては、まずは目的を明確にしておくと失敗することはありません。ダイニングチェアに使用するなら、あまり深く沈みこまないタイプの方が立ち座りがスムーズです。反対に、ソファなどリラックスをメインとした椅子で使用するならクッション性の高いものの方が長時間座っても疲れにくいでしょう。

出典:@mami_lifelogさん

そのほかにも、例えば子どもがダイニングで使用するためのクッションであれば、やや硬めのウレタン製で高さが調整できるもので、ズレ防止のベルトつきのものがおすすめです。
デスクワークなど、座り作業で使用したいならお尻が痛くなりにくいものや姿勢を矯正する機能性の高いものを選ぶと作業効率アップにも繋がります。

■椅子のクッションの選び方2:サイズ

出典:@ponpom_lifeさん

椅子用のクッションを新たに購入する際には、事前に置きたい座面のサイズを測ってからアイテム探しを行うと良いでしょう。ベストは椅子の座面よりもやや小さめのサイズをセレクトすることです。大きすぎると、座面からクッションがはみ出したり、ごわついてかえって座りにくくなるということも。椅子用のクッションサイズは一般的に45m×45cmほどのものが多いため、それを基準に座り心地を確かめてみるのも一つの手段です。

■椅子のクッションの選び方3:形

出典:@_su__krs_さん

椅子用のクッションをお部屋のアクセントとして目立たせるなら、形もインパクトのあるものをセレクトするとグッと華やかなお部屋になります。星型やハート型など、プチプラブランドでもかわいらしいモチーフのクッションが販売されていますよ。
逆にクッションの存在感は控えめで、ナチュラルにさりげなく配置したいならシンプルな四角タイプや丸型タイプが定番。カラーもお部屋のベースカラーを考慮して選ぶ方が馴染みやすくなるでしょう。

■おすすめ椅子用クッション<腰痛対策編>

ここでは腰痛をサポートしてくれるおすすめのクッションをご紹介。

・IKEAのOMTÄNKSAMシリーズ

出典:@_____huu.08さん

こちらは『IKEA(イケア)』の「OMTÄNKSAM(オムテンクサム)」のチェアクッション。「オムテンクサム」はスウェーデン語で「思いやりがある」という意味で、イケアが独自に人間工学の専門家と開発したサポート機能に特化した製品シリーズです。高齢者でも体に負担をかけず快適に座れるクッションでありながら、シンプルでスタイリッシュなデザイン性と手ごろな価格帯も魅力。

・IKSTARのヘルスケア座布団

出典:photoAC ※写真はイメージです

『IKSTAR(アイケースター)』の「ヘルスケア座布団」は高品質な耐久性ウレタン素材の腰楽クッション。長時間座っている間に骨盤の姿勢に合わせて程良く形状を調整してくれるため、腰痛に繋がりません。圧力もうまく分散されるので、お尻も痛くならず正しい姿勢へ導いてくれるのがうれしいですね。

■おすすめ椅子用クッション<姿勢矯正用>

ここでは姿勢矯正をサポートするおすすめクッションをご紹介。

・ニトリの姿勢サポートクッション座面フィット

出典:photoAC ※写真はイメージです

人気家具メーカー『ニトリ』の「姿勢サポートクッション座面フィット」は、手ごろな価格で姿勢の矯正を促すコスパの良いクッションです。低反発ウレタンとマイクロビーズ、ポリエステル粒綿を組み合わせて作られており、腰当クッションや枕としても使用できます。

・アルファックスのお医者さんの円座クッション

体に優しいクッションと言えばドーナツ型のクッションも外せないアイテム。『alphax(アルファックス)』の「お医者さんの円座クッション」はまさに長時間のデスクワークにうってつけのクッションです。
中心の穴に向かって座り込むように深く腰掛けることで、背筋がピンと伸びるよう低反発ウレタンが沈む設計となっています。「Amazon(アマゾン)」や「楽天市場」でも販売されているのでぜひチェックしてくださいね。

■おすすめ椅子用クッション<デザイン重視>

ここではかわいいデザインがおすすめのクッションをご紹介。

・ニトリのロゴ入りチェアパッド

出典:@chelucy_my_homeさん

こちらのロゴがかわいいクッションはニトリの「チェアパッド(リンクIV&GY)」。モノトーンインテリアになじみそうなスタイリッシュなデザインと、ふかふかの座り心地がこだわり派さんにも大人気のアイテムです。やや小ぶりなので、子ども用としても◎

・ニトリのふわふわチェアパッド

出典:@sat.homeさん

こちらのチェアパッドもニトリのアイテム。カラーが絶妙にインテリアに馴染んで、プチプラとは思えないほどおしゃれですよね。ベンチタイプのチェアには、こんな風に丸型タイプのクッションを二つ並べても素敵にまとまります。

■おすすめ椅子用クッション<その他の機能>

ここではその他の機能があるおすすめクッションをご紹介。

出典:photoAC ※画像はイメージです

・無印良品のあったかチェアマット


冬場にチェアに接しているお尻が冷える!という方におすすめしたいのは『無印良品』の「パーソナルホットマット」。チェアに限らず、ソファや床の上でも使えるミニサイズのホットカーペットのようなマットです。

■椅子用クッションは手作りもできる

出典:@chay__tttさん

こちらのおしゃれな『Numero74(ヌメロ)』風の星型クッションはなんと手作りなんだとか!インスタで大人気のアイテムが、実はお家でもハンドメイドできちゃうんです。ここでは作り方をご紹介します。

<用意するもの>
新聞紙
お好みのファブリック
同色の糸
ミシン
綿

<作り方>
新聞紙で希望サイズの星型の型紙を作ります。布を型紙に合わせてカットし、2枚の星型を用意します。星型を2枚とも表側が見えるように合わせて、アウトラインの1~3cm内側をミシンで縫い合わせていきます。
この際、10cmほど縫い始めから縫い終わりまでを残しておきましょう。次にこの穴から綿を詰めていきます。パンパンに入れず、ふわふわになる程度入れ、最後に開いている部分を縫い合わせれば完成!

生地は切りっぱなしであえてラフに仕上げることで、ヌメロっぽさが出てよりスタイリッシュになるそう。簡単に完成するので、お家でもお手軽に作れます。

■椅子用クッションはかわいさも機能性も捨てがたい!

出典:@su.mosa.rozaさん

椅子のクッションの選び方やおすすめ、作り方も併せてご紹介しました。お部屋のアクセントになるようなデザイン性の高いクッションも、体に優しい機能性の高いクッションもどちらも捨てがたいですよね。お好みのテイストや、どのように使いたいかなどの目的を明確にして、クッション選びを楽しんでみて下さいね。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!