出典:@ romi0123さん

Lifestyle

ロゼットの作り方♡縫わずに簡単!ホッチキスでOK!?実例もチェック

見た目のかわいさから何個も集めたくなる「ロゼット」。今さまざまな場面で活躍しているのをご存知ですか?ロゼットは色やデザインを自分で選べるため、ハンドメイド作品として人気を集めています。 今回は、ロゼットの作り方に加えて、マタニティーマークやウェディング、子どもの名札など気になる使い方もご紹介しますよ。

ロゼットに興味がある方は必見です。

■そもそもロゼットとはどんなもの?使い道は?

出典:@ romi0123さん

ロゼットは英語の「rosette」からきていて、”地面に植物の葉を平らに並べたもの”という意味があるのだそう。名前の通りバラが花開いた様子に似ていますね。
ロゼットは別名「リボンの勲章」とも呼ばれていて、名札のようにして使うことが一般的です。最近では、そのかわいさから名札としてだけでなく、使用用途の幅も広がってきているみたいですよ。自分だけの楽しみ方ができるのが、ロゼットの魅力といえますね♡

■マネしたくなる♡かわいいロゼットの実例3選

実際にロゼットのかわいい使い方を見ていきましょう!

・子どもの名前名札

出典:@ yasuhandmadeさん

@yasuhandmadeさんが作ったのは、子どもの名前を刺繍できるロゼットです。子どもの名前を入れたロゼットは人気で、子ども会など大勢の子どもが集まるときは便利♡
子どもの好きな『Disney(ディズニー)』などのキャラクターをプリントしてもかわいいですね。

・マタニティーマーク

出典:@ romi0123さん

プレママさんの中で人気なのが、マタニティーマークをロゼットにしたもの。通常のシンプルなものよりデザインで個性が出せますよ。リボンのカラーをお腹の子に合わせて変えて楽しむ方もいるそうですよ。

・ウェディングの名札に

出典:@ romi0123さん

今、ウェディングでロゼットを使う新郎新婦が増えているんです。花嫁さんと花婿さんはもちろん、ゲストさんにもロゼットをつけてもらうこともあるそう。ゲストに渡すときには、裏面にメッセージを記入したりする方もいるみたいですよ♡
ロゼットだとオリジナルデザインが作れるため、周りとかぶることもありません。

また、紹介した以外にもアニメ好きさんやアイドルファンの方は、「オタクグッズ」として推しのロゼットを作ることも。好きなキャラクターやアイドルのロゼットをつけ、フェスやライブに参戦するのは楽しいですよね。

■縫わずに簡単!ロゼットの基本の作り方

出典:@ romi0123さん

ロゼットを作ってみたいけど、作り方がわからない…。という方もいると思います。ここでは、基本の作り方を見ていきましょう。

・材料

出典:photoAC

まず必要な材料をチェックしていきましょう。

●リボン
●両面テープ
●グルーガン
●厚紙
●くるみボタン、もしくは缶バッジ
●フェルト(くるみボタンで作る場合)
●くるみボタンや缶バッジに使う布

・簡単なロゼットの作り方

ロゼットの作り方を部分別にみていきましょう。

<リボン部分作り>
1.くるみボタンや缶バッジより大きめの直径になるよう、厚紙を円形に切り型紙を作る
(一般的なくるみボタンや缶バッジのサイズから直径75mmで作るのが良いそう)
2.1.に両面テープを貼る
3.2.の中央、くるみボタンと缶バッジ部分をくり抜く
4.両面テープをはがす
5.ドーナツ型になった型紙の内側からややリボンが出るように、ひだを作りながら折っていく(専用の型紙アイテムもあるため、そちらを購入しても◎)
6.型紙の内側からはみ出たリボンをグルーガンで接着して固定する
7.型紙からリボンを取り外せばリボン部分は完成!

グルーガンがない場合は、内側を縫う方法でも大丈夫ですよ。

<くるみボタン>

出典:photoAC

1.くるみボタンの土台に布を押し込む
2. 裏をキレイに折り込む
3.ボタン裏部分を押し込む
4.裏側の縫いつける部分がある場合は取り外し、フェルトをグルーガンで貼りつけて完成

<缶バッジ>
缶バッジで作る場合もチェックしておきましょう。

1.缶バッジ表面部分よりやや大きめに布を切る
2.グルーガンを布に塗り、缶バッジ表面に接着する
3.裏返し、余った布を内側に折り込み押し込む
4.3.にグルーガンを塗り、安全ピンのついた裏面を押し込むと完成

くるみボタンや缶バッジの裏側に、作ったリボンをグルーガンで接着すると完成です!グルーガンが手に入らないときは接着剤を代用しても作ることができます。簡単な縫わない作り方だと、初めて試す人でも挑戦しやすいですよ。
リボンの長さを変えて組み合わせたり、リボンをオーガンジーに変えたりしてもおしゃれですね。縁にパールなどを貼りつけてデコレーションすることで、よりオリジナルなデザインに仕上がりますよ。

■ホッチキスを使った簡単ロゼットの作り方

出典:photoAC ※写真はイメージです

先ほどは、グルーガンや接着剤を使用した作り方をご紹介しましたが、実はホッチキスを使うと、もっと簡単に作れちゃうんです。くるみボタンや缶バッジの部分は縫わない作り方と同じのため、ここではホッチキスを使ったロゼットのリボン部分の作り方をご紹介します。

・材料

●厚紙
●ホッチキス
●両面テープ
●リボン

・ホッチキスを使ったロゼットの作り方

1.くるみボタンや缶バッジより大きめの直径になるよう、厚紙を円形に切り型紙を作る
(一般的なくるみボタンや缶バッジのサイズから直径75mmで作るのが良いそう)
2.1.に両面テープを貼る
3.2.の中央、くるみボタンと缶バッジ部分をくり抜く
4.両面テープをはがす
5.ドーナツ型になった外側と小さい円形の内側両方組み合わせたまま、リボンが円形の型紙にかぶさるようにひだを作りながら折っていく
6.円形部分をリボンと型紙いっしょに裏側からホッチキスで留める
7.外側の型紙をはずすとリボン部分の完成!

内側のくるみボタンや缶バッジはホッチキスで留めることができないため、最後は接着剤やグルーガンで固定してくださいね。

■ロゼットの材料はどこで買える?

出典:photoAC

ロゼットを作るための材料は、どれも簡単に手に入るものばかりです。リボンや接着剤、くるみボタンなどは、手芸店はもちろん、100均で購入することもできますよ。
また、インターネットではロゼットのキットも販売されているようです。

■ロゼットの作り方が載っているおすすめの本は?

出典:photoAC

ロゼットの作り方を詳しく知りたいときは本を見るのもおすすめです。「てづくりロゼット」や、「縫わずにできるすてきなロゼット」では、ロゼットの作り方がたくさん載っていますよ。
基本の作り方のほかにもアレンジ方法なども載っているため、ぜひチェックしてみてくださいね。

■ロゼットはさまざまなシーンで活躍するかわいいグッズ♡

ロゼットは誰でもオリジナルを作ることができるため、自分だけのオリジナルグッズが欲しい方におすすめのアイテムなんです。リボンの長さを変えたり、さまざまな色を組み合わせたりと、イメージするだけでワクワクしちゃいますね♡
ハンドメイドが苦手…。という方はオーダーOKのロゼット作家さんもいるため、探してみると良いかも。お好みのデザインを見つけて、ぜひ自分だけのオリジナルロゼットをぜひ作ってみてくださいね。

marunon

アパレルメーカーと古着屋さんで計5年間勤務経験ありの3児の母♡
販売、買取に携わっていたためレディース以外にメンズファッションにも興味ありありです!
トレンドを追いかけながらも自分スタイルを探求中。
日々かわいいを発信していけたらなぁ…♡
【Instagram】marunon1126
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!