出典:筆者撮影

Lifestyle

ドラム式洗濯機がおすすめの理由とは?メリットや選び方も紹介

洗浄力が高く、乾燥機能もついて便利に使えると人気のドラム式洗濯機。高性能なため価格が高くなりがちですが、家事の負担を減らせることがメリットです。メーカーによって搭載されている機能が違い、それぞれ特徴があるので、自分が必要としている機能は何なのかを吟味する必要がありそうですね。

今回は、ドラム式洗濯機のメリットやデメリット、選び方などをご紹介します。

■そもそも洗濯機の種類はどれくらいあるの?

現在使われている洗濯機は3種類あるようです。ここでは、それぞれの特徴をご紹介しますね。

・たたき洗いで衣類が傷みにくいドラム式洗濯機

出典:筆者撮影

ドラム式洗濯機は、入り口が斜めになっていて、洗濯槽が斜めまたは横の状態で回転します。衣類が上に行っては落下するたたき洗いをするというのが大きな特徴。そのため少ない水で衣類を洗うことが可能になり、衣類同士が擦り合って生じる繊維の痛みが起きづらく衣類に優しそうですよ。
少ない水で洗剤を溶かすため、泡の濃度が高く、皮脂汚れに効果を発揮するのだそう。縦型と比べると使う水量が約1/2で済むので水道代を節約できるのもポイント。

・縦型こすり洗いで洗浄力の高い縦型洗濯機

出典:photoAC

縦型洗濯機は洗濯槽が縦に配置されており、パルセーターと呼ばれる羽根を回転させて水をかく拌して洗います。洗濯物同士をこすりあわせて汚れを落とすので、泥などのしつこい固形汚れに効果を発揮するのだそう。
洗う際には水をたくさん使うので洗剤の泡立ちも良く、洗浄力は◎

・洗濯槽と脱水槽が別になっている二槽式洗濯機

出典:photoAC

1970年代~1980年代に活躍した二槽式洗濯機。現在でも全体の5%ほどの人が利用しているという調査結果があるそうです。
二槽式洗濯機は洗濯~すすぎと脱水を行う槽が別になっており、洗剤を入れて洗い終わったら手動で脱水槽へ洗濯物を動かし、脱水。そしてまた洗濯槽へ移動させ、すすぎをしたら脱水槽へ移して脱水が終了したら干します。
自分で行わなければならない工程は多いですが、洗濯機のスイッチやボタンが少なく操作が簡単というメリットがありますよ。

■ドラム式洗濯機のメリットはどんなところ?

ドラム式洗濯機のメリットは、少ない水で衣類を優しくきれいに洗えること。そのため、使う水の量も縦型洗濯機に比べると約1/2で済むので水道代も節約できそうですね。
乾燥する際には、エアコンの除湿のような状態で衣類を乾かすので、乾燥機能においても衣類を傷めずに済むそうです。縦型洗濯機と比べると乾燥時間も短いので電気代の節約にも。また、スタイリッシュなデザインの洗濯機も多く、インテリアこだわる人にはぴったりです。

■ドラム式洗濯機のデメリットはどんなところ?

出典:筆者撮影

ドラム式洗濯機のデメリットは大きくて重いこと。それから、縦型洗濯機の平均価格が6万円~8万円に対し、ドラム式洗濯機平均価格は10万円~25万円程度と高めです。
また、洗濯機の扉が前開きなので、洗濯機を置く場所プラス扉を開けるスペースを確保しないといけません。

■ドラム式洗濯機の選び方(1)サイズ

出典:photoAC

ドラム式洗濯機は大きいので、購入する際は防水パンと呼ばれる洗濯機置き場にきちんと置けるかどうか、サイズを確認しましょう。また、購入予定のドラム式洗濯機を搬入する際に、玄関や廊下を通って防水パンの場所まで運べるかどうかもチェックしておきましょうね。
洗濯機の扉を開けたときに作業がスムーズに行えるかを確かめるのも重要ですよ。なかにはコンパクトなタイプもあるので、検討してみてはいかが。

■ドラム式洗濯機の選び方(2)乾燥機能の種類

ドラム式洗濯機の乾燥機能には種類があります。そのひとつが洗濯物を除湿と温風で乾かすヒートポンプ式。洗濯機の外に水分を排出するときの低めの温風を使うため、消費電力が少なく、衣類の痛みや縮みも少ないのだそう。
『HITACHI(日立)』のドラム式洗濯機に搭載されているのはヒートリサイクル式。運転中に発生する熱を再利用しているので、ヒートポンプ式に引けを取らない低い消費電力が特徴です。

■ドラム式洗濯機の選び方(3)お手入れ方法

出典:筆者撮影

洗濯機のお手入れ方法は、メーカーやモデルによって異なるので購入前にチェックを。洗濯槽のお手入れは1カ月から2カ月に一度、槽洗浄機能を使って掃除しましょう。洗濯槽に50℃くらいの熱いお湯をぎりぎりまで溜め、洗濯槽クリーナーを入れて槽洗浄コースのボタンを押すだけ。
槽洗浄コースがない洗濯機は、通常コースの洗濯、すすぎ、脱水を行えばOK。そのほか、月に1回は乾燥フィルターを取り外してほこりやゴミを取り除き、水洗いをして乾燥させる必要があります。

■ドラム式洗濯機の選び方(4)コスパ

ドラム式洗濯機は、少ない水量でたたき洗いをするので節水ができ、縦型洗濯機より水道代は安いのだそう。また、乾燥時間も短くて電気代も抑えることができそうです。

■おすすめのドラム式洗濯機4選

主なメーカー別におすすめのドラム式洗濯機を紹介したいと思います。

・温水泡洗浄機能を搭載したパナソニック

出典:洗濯機はドラム式がおすすめ!性能やおすすめメーカーの特徴もチェック @ chisandayo221 さん

『Panasonic(パナソニック)』には、省エネ&スピーディなヒートポンプ乾燥搭載の「VXシリーズ」とシンプルな水平垂直フォルムデザインでGOOD DESIGN AWARD2017 BEST100を受賞した「Cuble(キューブル)シリーズ」があります。
洗剤を泡立てて洗う泡洗浄で、頑固な汚れに素早くアタックし、汚れを浮かせてしっかり洗います。
上位機種の「NA-VX900AL/R」や「NA-VX800AL/R」には温水専用ヒーターで洗剤液を温めて洗う温水泡洗浄Wを搭載。
約15℃、約30℃、約40℃、約60℃に温めることが可能で、黄ばみや嫌な臭いも消せるのだそう。

・抗菌ウルトラファインバブル洗浄W搭載の東芝

出典:洗濯機はドラム式がおすすめ!性能やおすすめメーカーの特徴もチェック @ m.miya748さん

『TOSHIBA(東芝)』の「ZABOON(ザブーン)」シリーズには、業界トップクラスの洗濯容量12kg、乾燥容量7kgの機種が。
ハイスペックモデルの「TW-127X8」は、抗菌ウルトラファインバブル洗浄Wを搭載し、繊維の隙間より小さいナノサイズの泡が繊維の奥にしっかり浸透して、嫌な臭いの元になるタンパク質汚れをしっかり落とすそうです。
2019年 デジモノステーション家電ラボ1位を獲得。

・マイクロ高圧洗浄とハイブリッド乾燥方式のシャープ

出典:洗濯機はドラム式がおすすめ!性能やおすすめメーカーの特徴もチェック @ mai.orangeさん

『SHARP(シャープ)』の「ES」シリーズの一部機種に搭載されているのがマイクロ高圧洗浄とハイブリッド乾燥方式。
マイクロ高圧洗浄は、高圧シャワーノズルから清潔な水道水を毎秒100万個以上の微細な水滴にして衣類に噴射し、繊維の奥の汚れまで落とすのだそう。ヒートポンプ&サポートヒーターのハイブリッド乾燥方式は省エネでふんわりとした仕上がりに。乾燥中はプラズマクラスターを放出。
上位機種の「ES-W112」や「ES-W111」には、乾燥フィルターの自動掃除機能を搭載。「ES-W111」はGOOD DESIGN AWARD 2018を受賞。

・ナイアガラ洗浄と風アイロンの日立

出典:洗濯機はドラム式がおすすめ!性能やおすすめメーカーの特徴もチェック @ suzu_bdbd さん

日立の「ビッグドラム」シリーズ。強力循環ポンプで高濃度洗剤液を衣類にしっかり浸透させるナイアガラ循環シャワーと、押し洗い、たたき洗い、もみ洗いを組み合わせ、予洗いの手間を軽減してくれるのだそう。襟や袖汚れ、泥汚れ、食べ物油汚れをすっきり洗うそうです。
大容量のビッグドラムとジェットファンモーターが生み出す時速約300kmの高速風でしわを伸ばしながら乾燥させる風アイロンも特徴のひとつ。「BD-NX120E」はGOOD DESIGN AWARD 2019を受賞。

■自分が必要としている性能が搭載されているかを吟味して

今回は、ドラム式洗濯機のメリットやデメリット、選び方についてご紹介しました。
各メーカーの特徴をしっかり吟味したうえで、自分が必要としているのは何の機能なのかを考えて選んでみてくださいね。

Maeccho

5歳の男女双子の母です。親が選んだ服を素直に着てくれるうちに……と、双子コーデを楽しんでます。同じ柄や色のパンツ&スカートを探すのがマイブームです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!