出典:@ ipanema28さん

Lifestyle

ガーデンパラソルはおしゃれで実用的なものを!選び方やおすすめ商品を紹介

強い日差しから守ってくれるガーデンパラソルは、お庭をおしゃれに演出するのにも最適です。しかし、『ニトリ』や『IKEA(イケア)』、「COSTCO(コストコ)」など、販売場所も多く、デザインも豊富なためどれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。そこで今回は、ガーデンパラソルについて深掘りしていきます。

ガーデンパラソルの選び方からおすすめ商品まで合わせて見ていきましょう!

■ガーデンパラソルとは?

出典:photoAC

暑い日差しをさえぎり、お庭で過ごす時間を快適なものにしてくれるガーデンパラソル。夏に使うイメージですが、四季を通して直射日光を避けたりまぶしさを緩和させたりと、あると便利なアイテムです。お庭で読書を楽しむのにもおすすめですよ。

■ガーデンパラソルを置くメリットとデメリット

ガーデンパラソルのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

出典:photoAC

・メリットとは?


ガーデンパラソルをお庭に置くことで、日光をさえぎることができます。夏には、お庭でするバーベキューや子どもたちがプールをするときにも役立ちますね。
また、お庭にガーデンパラソルとテーブルを設置すれば、座って落ち着ける空間に!ティータイムや家族とのおしゃべり、お庭で遊ぶ子どもたちの様子を見るときにもくつろげる場所になりますね。

・デメリットとは?


パラソルは風の影響を受けやすいため、きちんと対策をしておかないと思わぬ事故に繋がります。使わない場合は、畳んで収納しておくこと、風の強い日には使わないこと、ある程度の風が吹いても飛んでいかないように土台はしっかりしたものを選ぶなどの対策をしておきましょう。

■<サイズと形について>ガーデンパラソルの選びかた

出典:photoAC

パラソルのサイズは、直径が200cmから300cmぐらいのものが一般的です。四角い形や丸い形、半円のものもあるので、使う場所や用途に応じてサイズや形を選びましょう。
大は小を兼ねる、と大きめのものを購入して、テーブルのサイズと合わなかったということのないよう、使う場所やテーブルのサイズを測ってから購入するのがおすすめです。

■<素材>ガーデンパラソルの選びかた

出典:photoAC

支柱や傘の骨となる部分は、木製やアルミ製のものがあります。アルミ製のほうが軽く扱いやすく、デザインや見た目的には木製のほうが洗練された雰囲気を感じますね。
セットで使うテーブルや、お庭の雰囲気に合わせて素材を選びましょう。

■<開きかた>ガーデンパラソルの選びかた

ガーデンパラソルは、通常の雨傘のように開くタイプのものと、ハンギングパラソルという上から吊るタイプのパラソルがあります。ハンギングパラソルは、支柱が端にあるため、プールや砂遊びなどの日よけに使いやすいです。日差しに合わせて角度が変えられるものもあります。

■<独立 or テーブルとセット>ガーデンパラソルの選びかた

出典:photoAC

ハンギングパラソルや、支柱で地面や土台にさすタイプのような独立型と、ガーデンパラソルとテーブルがセットになったものがあります。パラソル単独で日よけとして使う予定があるなら、独立型がおすすめです。
バーベキューのときなど、使う場面が限定されている場合は、テーブルとセットのほうが取り扱いが楽ですよ。
一番いいのは、独立型でもセットとしても使えるものですが、支柱やテーブルの穴のサイズなど、購入の際には採寸が必須になります。特に見落としがちなのが、パラソルの支柱の太さと、テーブルの穴の直径が合っているかです。金具の位置や部分的に太くなっている部分がないかチェックしてから購入しましょう。

■<風に対する強さ>ガーデンパラソルの選びかた

出典:IKEAのウッドデッキで魅せる3つのベランダアイディア @ mfkng29さん

風の影響を受けやすいパラソル。突風で吹き飛んでしまっては危険なので、支柱や土台がしっかりしたものを選びましょう。テーブルにさすタイプのものも、土台をつけておいたほうが安心です。

■おしゃれで実用的!おすすめガーデンパラソル3選

ガーデンパラソルは、『CAINZ(カインズ)』などのホームセンターや、ニトリやイケアなどのインテリアショップでも販売されています。おすすめのガーデンパラソルを3つご紹介します。

・イケアのハンギングパラソルは洗えていつもキレイ!

出典:@ yukko.kakkaさん

イケアの「HÖGÖN ホーゴーン」は、ハンギングタイプなので支柱が端にあって邪魔にならないのが特徴です。さらに、キャノピー(パラソルの布地)は取り外して洗濯機で洗えるのがうれしいポイントですね。

・注水式の土台がうれしい!ガーデンパラソルで人気のラテルネ

出典:@ sunko.hausさん

「Laterne(ラテルネ)」のハンキングパラソルは、注水式の土台なので移動が楽!注水すれば安定感抜群ですよ。残念ながら現在、販売店舗が閉店してしまったようですが、フリマサイトなどで手に入る可能性も♡

・角度が変えられる!コストコのハンギングパラソル

出典:@ ipanema28さん

こちらはコストコのハンキングパラソル。コストコには、さまざまなガーデンパラソルのラインナップがあり、日差しに合わせて5段階の角度調整ができるものや、キャスターつきものまで!コストコのガーデンパラソルは、土台がしっかりしているので、大型のパラソルをしっかりと支えてくれます。

■機能性とおしゃれさを兼ね備えたガーデンパラソル

出典:photoAC

魅力たっぷりのガーデンパラソルをご紹介しました。形がおしゃれなものや、洗えるもの、角度調整ができるものなど、機能的でおしゃれな商品がそろったガーデンパラソル!どれにしようか悩みどころですが、設置場所の採寸を忘れないようにしましょう。ぜひ、お庭に合った素敵なパラソルを手に入れてくださいね☆

chano

2歳と5歳のそっくり兄妹のママ。看護師(4年)・パタンナー(6年)と全然違う2つの職種を経験し、現在、在宅ライターとして活躍中。本業の傍ら、趣味のハンドメイドでベビーグッズを販売したり、子育て関連や在宅ワークのブログを運営中。両実家遠方・ワンオペの状態で、子育てと仕事に追われる生活を変えるために在宅ライターに転身。働きたいけど働けないママにこの働き方を推進すべく、保育施設付きオフィス・コワーキングスペースを作る野望に向けていろいろ準備中。
【Instagram】atelierchanon
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!