出典:@yooko.3 さん

Lifestyle

ベビーゲートをDIYしよ!100均・ニトリで♡おしゃれ実例と作り方12

赤ちゃんが動き始めたら、気になるのは室内での事故。思わぬトラブルを防ぐのに便利なのがベビーゲートですが、市販のものではサイズが合わない、インテリアにもマッチしない、ということがたまに起こり得ます。 そんなときは、ベビーゲートを手作りしてみてはいかがでしょうか? ベビーゲートを手づくりするというと、大変そうに感じますが、案外簡単に作れてしまいます。 

手作りに際して、作っている最中や設置時に赤ちゃんが触れても怪我のないように、道具や材料の取り扱いには気をつけましょう。また、手加減を知らない赤ちゃんがひっぱるなどしてもすぐに壊れることがないよう、粗悪な素材などを使わないのもポイントです。
今回はベビーゲートをDIYする方法と、さまざまな実例をご紹介します。

■【すのこ】結束バンドや蝶番を使用してベビーゲートに

DIYの定番アイテムすのこなら、簡単にベビーゲートを作ることができますよ。

・すのこベビーゲートでテレビ前をガード

出典:ベビーゲートは手作りできる!100均を活用してDIYしてみよう @ nnm_mcdさん

こちらはテレビをすのこでガードした例です。すのこを結束バンドでつなげ、テレビ台をガードすることで赤ちゃんのいたずらからテレビとテレビ台を守ることができます。
すのこが無い場合は、ワイヤーネットを使っても作れますよ。道具も100均でそろうものばかりだから、リーズナブルです!

■【布やタオル】目隠しもできる!やわらかい手触りのベビーゲート

布やタオルを使用すれば、目隠し効果のあるベビーゲートも作れますよ。さっそく実例を見ていきましょう。

・キルト生地のベビーゲートならふんわりやわらか♡

出典:@ haruna.7415さん

こちらのベビーゲートは、まず設置したい場所に突っ張り棒を2本セット。突っ張り棒に合わせて布をカットし、布の両端を巻きつけて、筒状にする布の長さを上下とも確認します。筒は、突っ張り棒の端の部分が通る大きさにして、布の上下を筒状に縫っていきましょう。
最後に、布の上下に筒ができたら突っ張り棒を筒に通し、壁にセットすればOK♡@haruna.7415さんのベビーゲートはキルト生地を使っていてふんわりやわらかな手触りなので、赤ちゃんにも安心です。

・大判のバスタオルで一時的に目隠しするのもアリ◎

出典:@fkd_myhomeさん

@fkd_myhomeさんの場合は、ワイヤーネットを使用した手作りベビーゲートに子どもが足を引っかけて登るようになってしまったそう!そこで対策として、裏から段ボールを当てて、大判のバスタオルを覆ってアレンジされています。
この方法なら、一時的に目隠しできて、いつでも取り外しができるので便利。子どもの成長に合わせて調整していくといいですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]