出典:@ mochian000さん

Beauty

石鹸シャンプーのおすすめ5選!効果や選び方は?

ナチュラルな生活がブームになりつつありますが、その中でも石鹸シャンプーに注目が集まっていることをご存じでしょうか?石鹸シャンプーとは、石鹸が原料のシャンプーのことをいいます。石鹸は、植物性や動物性の天然素材からできているため、アトピーやアレルギーに対してトラブルが出にくいとも話題になっていますよ。自然由来の成分なので、自然を汚染することもなく、環境にも配慮したシャンプーなのです。

それでは、石鹸シャンプーがどのようなものなのか、メリットやデメリット、選び方やシャンプーのやり方、おすすめの石鹸シャンプーなどをみていきましょう。

 

■石鹸シャンプーはどんな人におすすめ?

出典:photoAC

石鹸シャンプーは、頭皮が脂性の人や、パーマ・カラーなどをしていない人、市販の合成シャンプーが合わない人に向いています。

石鹸シャンプーの成分は弱アルカリ性。頭皮の皮脂油を落とすためには弱アルカリ性の成分が適しているので、頭皮がベタベタになりやすい脂性の人に向いているのです。
また、弱アルカリ性は髪の毛のキューティクルを開く作用があります。キューティクルが開くとパーマやカラーの成分が落ちやすくなってしまうので、パーマやカラーをしていない人におすすめできるシャンプーです。

合成シャンプーの原料が頭皮に合ってない可能性がある場合も、天然素材の石鹸シャンプーに変えることで、頭皮トラブルから解放される可能性がありますよ!

 

■石鹸シャンプーを使う効果は?メリット・デメリット

出典:photoAC

石鹸シャンプーを使うと、どのようなメリットやデメリットがあるのか知っておきましょう。

<メリット>
石鹸シャンプーは、植物由来成分や自然由来の成分からできているため、アレルギーに対するリスクを減少できて安心です。石鹸がシンプルな成分構成でできているので、比較的に価格が安い商品が多くコスパがいいのも魅力。石鹸シャンプーを使い続けることで、頭皮が健康になったり、髪が太くなったり、こしが生まれるなどの髪質の変化を感じられるなど、うれしい効果も期待できますよ♡

<デメリット>
石鹸は洗浄力が強いので、地肌の乾燥が気になるときに使うと、頭皮の環境が悪化してしまう恐れがあります。手を洗いすぎて、手が荒れるのとよく似た症状ですね。
弱アルカリ性のシャンプーは、キューティクルを開く性質をもっているため、髪がきしむことも。きしみが気になるときは、石鹸シャンプー専用のリンス使って、キューティクルを閉じることで中和されますよ!

 

■石鹸シャンプーをするときは酸性リンスを使って

出典:photoAC

石鹸シャンプーの成分である、弱アルカリ性を中和するためには、酸性のリンスを使いましょう。シャンプーで開いたキューティクルを酸性のリンスで中和することで、キューティクルがもとに戻ります。
石鹸シャンプーと同じラインのリンスを使うのがおすすめですよ!

■石鹸シャンプーの選び方!どんなタイプがあるの?

出典:photoAC

石鹸シャンプーには、泡タイプ、液体タイプ、固形石鹸を使う場合がありますが、初めて石鹸シャンプーを使う場合は、泡タイプの石鹸シャンプーがおすすめです。泡立てる必要がないので、子どもにも手軽に使えますよ。

 

成分が無添加であるかどうかも確認しておきましょう。無添加のシャンプーは、肌への刺激が少なく安心して使えるので、敏感肌の方は無添加のものを選びましょう。

■おすすめの石鹸シャンプー5選

石鹸シャンプーのおすすめ商品をピックアップしてみましたのでご紹介しますね。ドラッグストアで購入できるものもありますよ。

 

・シャボン玉せっけんの無添加せっけんシャンプー

出典:@ mochian000さん

『シャボン玉石けん』の「無添加せっけんシャンプー泡タイプボトル」は520ml入りで1,045円(税込)です。2020年3月2日から泡タイプが発売になり、従来の液体タイプよりもきしみにくい処方に。石鹸シャンプーが初めての方にも、一度はやめた方にも、もう一度試していただきたいシャンプーです。

・ミヨシの無添加せっけんシャンプー

出典:@ gemigemigeminiさん

『MIYOSHI(ミヨシ)』の「無添加せっけんシャンプー」は、液体タイプで350ml入り600円(税抜)です。ミヨシの無添加せっけんシャンプーは、植物性の石鹸を使用しているので、肌への浸透力がおだやか。余分な皮脂だけを落として、肌に必要な皮脂は残してくれる肌に優しいシャンプーです。

・アラウ.の泡せっけんシャンプー

出典:@ fc660202さん

『arau.(アラウ.)』の「泡せっけんシャンプー」は、泡タイプ500ml入りで660円(税込)です。きしみ感をおさえる植物性セルロースが、コンディショニング成分として配合されているシャンプーです。キメの細かい泡が、やさしく汚れを包み込んでくれますよ。

 

・エスケーのしっとりせっけんシャンプー

 

きしみにくいせっけんシャンプーなら、『エスケー石けん』のしっとりシリーズ「せっけんシャンプー」500ml入り900円(税抜)がおすすめ。グリセリンやクエン酸の配合で、きしみにくく、しっとりとした洗いあがりになります。ほんのり香るフローラルの香りも人気ですよ。

 

・パックスオリーシャンプー

 

『PAX NATURON(パックスナチュロン)』の「パックスオリーシャンプー」は、550ml入りで1,430円(税込)です。パックスオリーシャンプーは、オリーブ油が主原料の石鹸シャンプーで、初めて石鹸シャンプーを使う人におすすめの石鹸シャンプーです。濃密な泡と、天然成分のオリーブスクラワンやハーブエキスが配合されていて、しっとりとした洗いあがりになりますよ。

■石鹸シャンプーのやり方

出典:photoAC

石鹸シャンプーを初めて使う場合は、やり方にちょっとしたコツがあります。石鹸シャンプーをしっかり泡立てることと、石けん成分を肌や髪に残さないということを押さえて洗うことが大切!髪のきしみやふけを防止できますよ。

<せっけんシャンプーのやり方>

出典:photoAC

1.洗髪前にブラッシングをして、汚れや髪の絡まりをほどいておく。
2.お湯で髪についた軽い汚れを流し、頭皮も十分にぬらしておく。
3.石鹸シャンプーを手のひらで泡立ててから、頭皮にのせるようにおき、頭皮の上でマッサージするようにしてさらに泡立てる。このとき、お湯を足すと泡立ちやすいが、泡立たない場合は、シャンプーを足すと良い。
4.石鹸の泡を髪の毛にいきわたらせる。(ゴシゴシこすらないこと)
5.ぬるま湯で、石けん成分が頭皮や髪の毛に残らないように、しっかりとすすぐ。
6.石鹸シャンプー専用のリンスを洗面器などのおけに溶かして、髪を浸すようにしながらなじませてから、髪に流しかけ、お湯ですすぐ。
7.タオルドライの後、ドライヤーで乾かす。

 

■石鹸シャンプーの作り方

出典:photoAC

石けんシャンプーは成分がとてもシンプルだから、手作りすることもできるんです。
固形せっけんとお湯があればOK!固形石鹸は必ず無添加の純石鹸を使ってくださいね。
準備するものは石鹸100gとお湯40ccだけです。

作り方は、
1.石鹸をおろし金ですりおろします
2.少しずつお湯を加えながら溶かしていきます。
3.少しお湯を入れたらかき混ぜる、さらにお湯を少し加えてまぜる、これを繰り返しながら、全部の石鹸が溶けたら完成!


 

■石鹸シャンプーで髪本来の美しさをよみがえらせて♡

石鹸シャンプーを使うと、使い始めて2~3カ月くらいで、髪が生まれ変わったような変化を実感できます。髪や地肌に悩んでいるなら、石鹸シャンプーを試してみてはいかがですか。

はるか

小学生男子のママで、休日はドライブを楽しんでいます。子供の影響で星空に興味を持ち始め、神秘的な世界に引き込まれています。手芸が趣味で時間があればチクチクするのが楽しみです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]