出典:@cacacano915さん

Baby&Kids

新生児の写真、どうやったらかわいく撮れる?撮り方のコツや服装紹介など

産まれたての赤ちゃんは、ずっと眺めていても飽きないですよね。どの瞬間も愛おしく写真にもしっかり残しておきたいもの。特に生後28日未満という新生児期は、あっという間に過ぎてしまうので「もっと写真を撮っておけばよかった!」とあとから後悔したくないですよね。 今回は、新生児の撮影について、写真館や家などの撮影場所、新生児の撮影におすすめの衣装服、写真の保存方法などをまるっとご紹介します!

マタニティー期から「どんな風に写真を撮ろう?」と撮影の準備をしておくのもおすすめですよ。


 

■新生児の写真はどうやって撮る?

ここでは、場所別に新生児の写真撮影についてまとめてみました。
 

・プロの撮影でまるで天使♡<写真館で>

出典:Unsplash

まず、写真館でプロにお任せする方法。
お宮参りやお食い初めに先駆けて撮影をしてくれる写真館もあり、誕生後2週間~3週間のタイミングでの撮影が多いようです。
赤ちゃんをより魅力的に撮影してくれる衣装やセット、ポージングなどで撮影してくれるのはプロならではですよ。
データを購入して内祝いを発送するときのお礼のハガキを作るのもおすすめです。



 

・リラックスした日常の風景を残せる!<自宅で>

出典:@cacacano915さん

次におうちで撮影する方法です。
産後養生中でもある新生児期の写真は、おうちでならリラックスした日常を残せる格好のチャンスでもあります。
@cacacano915さんは、上のお子さんとの3ショットを撮影。モノクロ写真に加工された素敵な1枚ですよね。

 

出典:@cacacano915さん

@cacacano915さんは、ベイビーが寝た時間を見計らって自宅で撮影したそう。
ぬいぐるみやドライフラワーなど、自宅にあるお気に入りのアイテムといっしょに撮影するのもおすすめです。衣装のアニマルフードもかわいいですね♡

 

・産まれたばかりの姿を撮影できるのはママの特権!<産院で>

出産後1週間程度は産院に入院することになります。場所を考えると、産まれたての赤ちゃん写真はママによるスマホ撮影のみになるかもしれません。
産院の新生児用ベッドに寝ている赤ちゃんを撮影したり、産院で着せてもらえる産着や手首や足首につけられるバンドなどのアイテムも意識したりしながら撮影するのも良いですね。

出典:@______saya__さん

@______saya__さんのように、赤ちゃんの小さな手や足などに注目してカメラを向けるのも素敵です。
「今だけ」の小ささが強調された写真は、思い出に残る1枚になるはず♡

 

■写真撮影では服にもこだわりたい!新生児におすすめの衣装服はどれ?

ここでは、新生児におすすめの衣装服をご紹介します!

・帽子とパンツのセットは新生児フォトにおすすめ

『THE BLUEBERRY HILL(ブルーベリーヒル)』のアニマルニット帽とパンツのセットは、柔らかなアクリル糸を使って作られているので、新生児の赤ちゃんにもチクチク感なくかぶせてあげられるそう。シカやウサギ、キツネなどさまざまなアニマルをモチーフにしたニット帽やパンツがありますよ。

 

・オーガニックコットンの柔らかさが新生児にピッタリ

アメリカ発のブランド、『Quincy Mae(クインシーメイ)』のベビー服は、認証オーガニックコットンを使って作られたもの。落ち着いた色合いや柔らかな雰囲気は、新生児の愛らしさをより引き立ててくれるでしょう。0カ月から使えるベビー服も多いので、新生児フォトにもおすすめです。

・帽子やツーウェイもかわいい♡肌着だけでも◎

出典:H&Mにオーガニックコットンなどサステナブル高品質ベビーウェアが登場!

こちらは、『H&M(エイチアンドエム)』のベビーコレクションから「ジャージー5アイテムセット」です。オーガニックコットンが使われたソフトな素材が新生児にピッタリ。トップスとボトムスが分かれたツーウェイもかわいいですね。写真撮影のときには、帽子をかぶせたり、肌着だけで撮るのも良いですよ。

・ぬいぐるみなどの小物も取り入れてみて

新生児期の写真には、ぬいぐるみなどの小物を隣に置いて撮影するのもひとつのテク。
赤ちゃんの小ささが際立ったり、子どもが大きくなるごとに同じぬいぐるみと写真を撮れば、成長の度合いがよくわかります。
こちらは、『JELLYCAT(ジェリーキャット)』の「バシュフルブルーバニーミディアム」。くたっとした優しい雰囲気がキュートです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]