出典:photoAC

Lifestyle

バーベキューの野菜はこれでキマり!おすすめの焼き方や調味料も紹介

バーベキューの魅力はたくさん!お外でご飯を食べたり、簡単に準備と調理ができたり、いつもとは違う雰囲気で話も弾みますよね!バーベキューで焼く食材は定番の魚介やお肉だけではなく野菜もおすすめです。

野菜も炭火で焼けば、甘みがアップしていつもとは違った味わいになります!
丸焼きやホイル焼きにすれば下処理も手間いらず。
おすすめの野菜の切り方や焼き方をご紹介します。


 

■丸焼きOK!バーベキューに欠かせない手間いらずの定番野菜は?

バーベキューに持っていく野菜は、なるべく下処理が少ないものがおすすめ!
まずはサッと準備ができる野菜と焼き方をご紹介しましょう。
 

・丸焼きにおすすめの野菜はこれ!


<トウモロコシ>

出典:@k10zyさん

甘みが豊富なトウモロコシは、炭火で焼いても美味しく食べられます。
焼き方はいたってシンプルで、炭火で焦げないように転がしながら焼くのがオススメ。

そのまま食べてもおいしいですが、醤油などで作ったタレを塗って焼いても◎。事前に蒸したトウモロコシを準備しておけば、焼き時間も短縮できますよ。
いつもと違う焼き方を試してみたい方は、生のまま皮つきで豪快に焼いてみましょう。皮が黒焦げになるくらいまで焼けば完成です。バーベキューならではの焼き方ですね。

 

<なす>

出典:mamagirlLABO @shiidamuさん

なすも手軽に丸焼きで「焼きなす」に!
洗ってから爪楊枝などで数カ所刺せば下準備は完了。焼き目がつき、全体が柔らかくなれば完成です。皮をむいてトロトロの食感を楽しみましょう!

お醤油をちょっとつけて食べれば、甘みが際立ちますよ。焼き肉のタレにつけて食べれば、いつもと違ったなす焼きになって◎


 

<ピーマン・プチトマト>

出典:mamagirlLABO @xxxsiochanxxxさん

意外にもピーマンやプチトマトも丸焼きがおすすめ!
洗って網の上に乗せるだけでいいので、下準備もかなりお手軽です。生で食べることが多いプチトマトも、網で焼けば甘みが際立ちます。
丸ごと食べるピーマンは、バーベキューならではの楽しみ方かもしれませんね!皮がしなっとしてくれば、食べごろです。

オリーブオイルと塩で食べれば、ちょっとした洋風テイストに早変わり。

 

・ホイル焼きにおすすめの野菜はこれ!


<じゃがいも>

出典:photoAC

じゃがいもはきれいに洗ってホイルに包み、そのまま炭の上に置いておきましょう。
じっくり焼いて、ホクホクの食感に!爪楊枝や串をさしてスッと刺されば出来上がりです。
完成までに時間がかかるので、早い段階で炭の上に置いておくことをおすすめします。

バターと塩を加えれば、じゃがいもの美味しさが引き出され、ついつい食べ過ぎてしまうことも!

<ニンニク>

出典:photoAC

ちょっとパンチの効いたものが食べたくなったときにおすすめなのが、ニンニク!
皮をむいて丸ごとホイルで包みましょう。網の隅っこのほうで火をゆっくりと通しながら焼きます。オイルを少量加えておくのがポイント。15~20分程焼き、ニンニクが色づいていたら完成です。

オイルはゴマ油がおすすめ。焼き肉屋さんで食べるようなニンニクの丸焼きのできあがり!丸ごと焼くことでニオイも抑えられますよ。

 

・簡単な調理ができる野菜はこれ!


<きゅうり>

出典:photoAC

一口サイズに切って、ごま油と塩で合えましょう。
食品用のポリ袋を使えば、洗い物を減らすこともできますよ。
ごま油と塩以外にも、ごま油とポン酢でもさっぱりとおいしく食べられておすすめです。

 

<アボカド>

出典:photoAC

アボカドはひと口大に切りましょう。

オリーブオイル、コショウ、醤油で味付けすれば簡単な前菜のできあがりです!
ミニトマトを半分に切って加えるのもおすすめ。見た目も鮮やかで、簡単なのに華のある料理になりますよ。


 

■野菜の切り方はどうする?おすすめの切り方をご紹介!

そのまま焼くにはちょっと難しそうな野菜は、下ごしらえが必要です。
家で準備をしておけば、バーベキューをしながらの洗い物などの作業も減らすことができます。
野菜の切り方別にご紹介しましょう。

 

・切らずにそのまま持っていける野菜はこれ!


<サンチュ・レタス>

出典:photoAC

お肉と相性のいいサンチュやレタスがあればそのまま切らずに持っていきましょう。
手で簡単にちぎれるので、お好みのサイズにすることも可能です。お肉を巻けばあっさりと食べられて、ちょっとした箸休めの役割も果たしてくれますよ。
 

・ざく切りに向いている野菜はこれ!


<キャベツ>

出典:photoAC

網で焼く場合、キャベツは大き目のざく切りにしておきましょう。
芯を取り除いてあとはざっくりと切るだけ!量が多すぎて余ってしまった場合は、焼きそばの具材にしたり、 塩もみであっさり漬けにしたり、使い勝手はバツグンで無駄になりませんよ。

 

・十字切りに向いている野菜はこれ!


<玉ねぎ>

出典:photoAC

玉ねぎは皮をむいて十字に切れ込みを入れておきましょう。
ホイルに包んで炭火でやけば、甘くトロトロの玉ねぎの出来上がり!
十字の切れ込みを入れることで、中まで火が通りやすくなります

 

・一口サイズのカットに向いている野菜はこれ!


<ネギ>

出典:photoAC

ネギは一口サイズに切っておきましょう。
網の上にのせて上下をじっくり焼いたり、鶏肉や豚肉といっしょに串にさしたり、楽しみ方は色々です。
みんなでいっしょに串にさすのもバーベキューの楽しみのひとつですね。

 

■野菜と一緒に持っていきたいおすすめの調味料は?

野菜を美味しく引き立ててくれる調味料を持っていけば、いつもとは違う野菜の味をバーベキューで楽しめますよ。
野菜にマッチするおすすめの調味料をご紹介しましょう。
 

・定番の調味料はこれ!


<塩・コショウ・焼き肉のタレ>

出典:photoAC

お肉に合う定番と言えば、やっぱり塩・コショウ・焼き肉のタレですよね!
お肉はもちろんのこと野菜にも欠かせない調味料です。どんな野菜とも相性はバッチリ!

 

・オイル系の調味料はこれ!


<ゴマ油・オリーブオイル・バター>

出典:筆者撮影

オイル系は味に変化をつけやすく、簡単にコクをプラスしてくれますよ。
ゴマ油はきゅうりやキャベツに、オリーブオイルはトマトやピーマン・ニンニクに、バターはじゃがいもやとうもろこしとの相性がいいですよ!
野菜とオイルの組み合わせは自由、新しい組み合わせで味を創造していくのも楽しそうですね。

 

・さっぱり系の調味料はこれ!



<ポン酢・醤油>
持ち物に余裕があれば、こちらもおすすめです。
脂っこい料理にさっぱりしとしたテイストをプラスしてくれます。
ポン酢はししとうやピーマン・きのこ類に、醤油はコーンやなすとに良く合いますよ!

 

■バーベキューでは野菜も主役にしよう

バーベキューはお肉だけでなく、野菜も立派な主役になります。バーベキューをする時期によって野菜の値段も変わってきます。予算と相談しながら食べたいものや旬のものを選んで、バーベキューの食材に加えてみてくださいね。

チーズ小屋

子育て真っただ中です!子供たちと美味しいものを食べるのが、一番の楽しみ^^
毎日笑って過ごすことが目標です☆
【Instagram】qianynagqianyang
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!