出典:筆者撮影

Lifestyle

ジップロックはレンジ使用OK?正しい使い方と簡単すぎるレシピもご紹介!

食材や料理の保存に重宝するジップロック。自宅でよく使うという人も多いのではないでしょうか。
いろいろな種類のあるジップロックですが、中には電子レンジで使用できる商品があるのはご存知ですか?冷凍・解凍・加熱が1つの容器でできたら、洗い物が少なくなり調理の時短にもなりそうですね!

さまざまなラインナップがあるジップロック。それぞれの特長を知り、用途や目的に合わせて便利に使いたいですね。今回は電子レンジで使用できるジップロックと、正しい使い方などをご紹介します。日々の暮らしにぜひお役立てください。

■レンジで使用できるジップロックがある!

電子レンジで使用できるジップロックは以下の通りです。

○フリーザーバッグ
○イージージッパー®
○スタンディングバッグ

以上の3種類の製品は、電子レンジでの「解凍」なら可能。
ただしそれでも中身が油分の多い食品であった場合、耐熱温度を超えてしまう可能性があるため、電子レンジでの使用は「解凍」も不可となります。

そしてジップロックのバッグシリーズは、もともと加熱を前提とした製品ではないため、電子レンジでの「加熱」となるとこれはできないようです。

■バッグタイプのジップロック製品の特長を知ろう!

まずは、定番の袋タイプのジップロックについて詳しく見ていきましょう。

・イージージッパー

出典:筆者撮影

「ジップロック®イージージッパー®」は、つまみを左右に動かすだけで簡単に開け閉めができるタイプのジップロック。
細かい作業が苦手な子どもや、年配の方でも簡単に使えます。
またフィルムが変わり、強度がアップしたので、先がとがったものを入れても破れにくいというメリットも。丈夫な厚手素材で、食材を酸化や乾燥から守ります。

・フリーザーバッグ

指先でパチパチ閉めていくタイプのフリーザーバッグは、密閉性に優れているので、酸化しやすい野菜やお肉の保存、スープやソースなど液体の食材の保存におすすめ。
似たタイプの製品は、『IKEA(イケア)』や『ニトリ』などの大型家具店でも取り扱いがありますよね。

オープンタブの部分に細かな凹凸がついているので、濡れた手でも滑りにくく開けやすいのがメリットです。電子レンジでの解凍はできますが、破裂を防ぐため、必ずバッグの口は少し開けた状態で解凍してくださいね。

・ストックバッグ

出典:筆者撮影

こちらの「ジップロック®ストックバッグ」は、冷蔵・常温保存用として販売されている製品のため、冷凍保存&電子レンジの使用はできないようです。

ストックバッグは、イージージッパーと同じ指先で閉めるタイプのジップロック。しっかり密閉できるので、食材の保存はもちろんお料理の下ごしらえに使用するのもおすすめです。冷蔵庫での保存以外にも、薬や領収書など小物の整理にも便利ですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]