出典:筆者撮影

Lifestyle

いつものカレーに飽きたらトマトで大変身!定番から本格レシピまで

大人も子どもも大好きなカレー。簡単に作れて、暑さでバテ気味の夏でもスパイスの香りが食欲をそそるメニューですよね。そんなカレーですが、いつも同じルウで代わり映えのしないものになっていませんか?そこで今回は、夏野菜の定番トマトを使ったトマトカレーのレシピをご紹介します。アレンジレシピは難しく感じる方もいるかもしれませんが、お家で簡単に手作りできますよ!

生のトマトも缶のトマトも、おいしく使えるレシピをご紹介していきます。
 

■トマトカレーの作り方のポイント

出典:photoAC

トマトカレーをおいしく作るためには、トマトをどのように使ったらいいのでしょうか。使い方のポイントをご紹介します。

・トマトの皮はむく?むかない?

出典:photoAC

生のトマトを使う場合、皮はどうすればいいの?と疑問が浮かんでくると思います。トマトは基本的に皮ごと食べることが多いですし、皮にも栄養がたっぷり!しかし、煮込んでも皮は残ってしまうことがほとんどなので、口当たりのよさを考えるとむくことをおすすめします。
柔らかく熟したトマトはそのままでも皮をむきやすいですが、硬くて皮がむきにくいものは湯むきをしておきましょう。皮の食感が気にならない方は皮ごと使ってもOK!

・トマトを入れるタイミングは?

出典:photoAC

トマトは生でもおいしく食べられる食材なので、しっかりと炒める必要はありません。ほとんどのレシピでは入れるタイミングは煮込みの段階です。また、トマトは長く加熱すれば甘みが増すので、酸味を抑えたいときは他の食材を炒めたあとに少し炒めてから煮込むといいですよ☆

・トマトカレーの酸味を和らげる方法

出典:photoAC

トマトカレーに挑戦したことのある人の中には、酸っぱくておいしくなかった!という方もいるのではないでしょうか。選んだトマトやトマト缶にもよるかもしれませんが、この酸味を抑える方法もあります。
まずは長時間煮込むことで酸味を和らげる方法。弱火でじっくり煮込んでいきます。あまり酸味がなくなりすぎると味がぼやけてしまうので、味見をしながら程よい酸味を残しましょう。
次に調味料を使う方法。砂糖やはちみつ、バターなどが使えます。お好みのものを小さじ1/2程度から様子を見ながら加えてください。簡単に味が整うケチャップやウスターソースもおすすめです。味に深みが出ますし、お子さんも食べやすい味になりますよ☆

 

■手軽に使えるトマト缶を使ったカレーレシピ

出典:photoAC

買い置きもできて便利なトマト缶を使ったレシピをご紹介します。

・定番の鶏肉を使ったトマトカレー

出典:筆者撮影

<材料(4皿分)>
鶏むね肉 1枚
玉ねぎ 2個
にんにく 1片
トマト缶 1缶
水 200cc
お好みのカレールウ 1/2箱

<作り方 >
1.鶏むね肉は一口大、玉ねぎは粗みじん切り、にんにくはみじん切りにしておく。
2.鍋にサラダ油を敷き、弱火でにんにくを炒める。香りがしてきたら鶏肉を加えて炒める。
3.鶏肉に火が通ったら玉ねぎを加え、透き通るまで炒める。
4.トマト缶、水を加え、弱火〜中火で30分ほど煮込む。
5.火を止め、カレールウを入れたら再び火にかけとろみが出るまで煮込む。

・臭みも軽減!サバ缶を使ったトマトカレー

出典:筆者撮影

<材料(5皿分)>
鯖の水煮缶 1缶
トマト缶 1缶
玉ねぎ 1/2個
じゃがいも 2個
にんにく 1片
お好みのカレールウ 1/2箱
水 600cc

<作り方>
1.玉ねぎは薄切り、じゃがいもは一口大に切る。鯖の水煮缶は身と汁を分ける。トマト缶がホールトマトの場合、粗みじん切りにしておく。
2.鍋にサラダ油を敷き、にんにくを炒める。香りがしてきたら玉ねぎを加えて中火で炒める。
3.玉ねぎが透き通ってきたら、じゃがいもを加えて炒め、トマト缶、鯖の水煮缶の汁、水を加える。火を少し弱め、じゃがいもに火が通るまで煮込む。
4.じゃがいもに火が通ったら、サバの身を粗くほぐして鍋に加えて一煮立ちさせる。
5.火を止めてルウを加え、ルウが溶けたら再び弱火にかけてとろみが出るまで煮込む。

 

■新鮮な生トマトを使ったカレーレシピ

トマトのおいしい季節にぜひ作ってみてほしい生トマトのカレーレシピをご紹介します。皮の食感が気になる方は、むいてから調理してくださいね。
 

・普通のカレーにトマトを入れるだけの簡単レシピ

出典:photoAC

いつも通りの材料と作り方でできる簡単レシピです。炒めた野菜と肉を煮込む段階で、お好みの大きさにカットしたトマトを入れます。具材に火が通ったら、火を止めてルウを入れます。あとはとろみが出るまで再び煮込むだけで完成です!

・トマトがメインのお手軽チーズカレー

出典:筆者撮影

<材料(3人分)>
トマト 300g
玉ねぎ 1/2個
溶けるチーズ 40g程度
めんつゆ(濃縮タイプ) 大さじ1
カレー粉 大さじ1〜お好みで

<作り方>
1.薄切りにした玉ねぎをフライパンに入れ、中火で焼き色がつくまで炒める。この間にトマトを角切りにしておく。
2.角切りにしたトマトとカレー粉をフライパンに加え、軽く炒める。
3.めんつゆを加えて一混ぜしたら、溶けるチーズを乗せて蓋をして弱火にし、5分ほど煮る。

こちらはトマトがメインのレシピなので皮ごと使うのをおすすめします!トマトによっては味がぼやけてしまうことがあるので、チーズを入れる前に味見をしておきましょう。味がぼやけているなと感じたら、ケチャップやウスターソースを大さじ1程度から足してみてください。

■煮込みはトマトの水分で!普通の鍋でできる無水カレーレシピ

出典:筆者撮影

水を使わずに調理する無水カレーも、トマト缶と普通の鍋で簡単にできるんです!無水調理器は必要ありません。カレー粉とヨーグルトを使った本格トマトキーマカレーのレシピをご紹介します。使うのはトマト缶でも生のトマトでもOKです!

<材料(4皿分)>
ひき肉 350g
玉ねぎ 1 個
トマト缶 1個(または生のトマト1個)
プレーンヨーグルト 150g
にんにく 1片
生姜 1片
バター 20g
カレー粉 大さじ2
ウスターソース 大さじ1
はちみつ 大さじ1
砂糖 小さじ1
塩 小さじ1
顆粒コンソメ 小さじ1

<作り方>
1.にんにく、生姜、玉ねぎをみじん切りにする。ホールトマト缶または生のトマトの場合はトマトは角切りにしておく。
2.オリーブオイルを敷いた鍋に、にんにく、生姜を入れ、香りが出るまで炒める。
3.玉ねぎとバターを入れて透き通るまで炒めたら、トマトと砂糖を入れて水分が飛ぶまで炒める。
4.水分が飛んだらカレー粉と顆粒コンソメを少しずつ入れ、全体に絡んだら塩を入れる。

出典:筆者撮影

これでカレーペーストの完成です。

5.別の鍋にひき肉とヨーグルトを入れ、ひき肉にヨーグルトを絡ませながら炒める。
6.火が通ったらはちみつとウスターソースを入れ、5分ほど煮込む。
7.カレーペーストとひき肉を合わせてさらに5分ほど煮込む。

酸味とスパイスの香りの中に、しっかりとトマトの甘みを感じるキーマカレーです。
 

■ トマトカレーで夏バテも乗り切ろう!

いつものカレーにひと手間加えるだけで簡単に作れるレシピをご紹介しました。どれも旬のトマトを味わえるおすすめレシピです。チーズカレーはトマトをメインで味わえて、短時間でさっと作れるので、お休みの日のお昼ご飯や、副菜にするにもぴったりですよ☆この夏はぜひトマトカレーに挑戦してみてくださいね!
 

mi-i

パン作り、パンを食べること、パン屋巡りが大好きです♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!