出典:@ minato.s.gohanさん

Baby&Kids

スイカは離乳食に使える?気をつけることや成長段階別レシピも紹介

スイカが店頭に並ぶと夏を感じますよね。ほとんどが水分でできているスイカは、夏の水分補給にぴったりの食材。スイカの糖分は、暑さで疲れた体に優しく働きます。そんなスイカは、赤ちゃんもいっしょに食べることができるのでしょうか?いつから食べられるのか、アレルギーの心配はないのか…などの、ママたちの疑問に答えます!さらに後半では、スイカを使った離乳食レシピも。スイカの離乳食について学んでいきましょう。

夏に家族みんなでスイカを楽しめるよう、今からスイカについて知っておきましょう。

 

■離乳食のスイカはいつからOK?気をつけるポイントは?

生後5、6ヵ月頃から始める離乳食。離乳食でスイカは食べても良いのか、気をつけることはあるのかをチェックしてみましょう。
 

・加熱すれば初期からOK!初めての場合も加熱がおすすめ

出典:photoAC ※写真はイメージです

離乳食は、加熱してから与えることが基本です。果物は生でもよいとされていますが、初期の頃やその食材を初めて与える場合は、加熱するのがおすすめ。加熱することで、アレルギーを起こしにくくすると考えられているからです。加熱後は熱いので、よく冷ましてから食べさせてくださいね。
 

・中期以降、食べ慣れたら生でも◎

中期以降、食べ慣れてきたら、生にチャレンジしてみてもよいでしょう。しかし、中期・後期になって初めてスイカを食べるという場合は、加熱するのがおすすめ。食べ慣れたら生で与えるという流れで進めていきましょう。
 

・アレルギーが心配なら加熱して与えよう

スイカは、厚生労働省が定めた特定原材料等27品目には入っていないものの、口腔アレルギーを起こすことがあります。アレルギーの発症を抑えるには、スイカを加熱することが有効です。果肉だけのときは、電子レンジで加熱すればよいでしょう。

■初期におすすめ!加熱して作るおすすめ離乳食

出典:photoAC ※写真はイメージです

離乳食初期におすすめのレシピをご紹介します。どれも加熱して作るので、初めて食べる赤ちゃんにも安心ですよ。
 

・スイカデビューにおすすめ!基本のスイカペースト

出典: @ aokun_foodsさん

【作り方】
1.スイカ20gの種を取り、すりつぶす
(ブレンダーで細かくしたり、包丁でたたいたりしてもOK)
2.裏ごしする
3.ラップをかけ、電子レンジで1分ほど加熱する

写真のように、製氷皿に小分けして冷凍しておくと、使いやすそうですね。粉ミルクに混ぜて「スイカミルク」にアレンジするのも◎。
 

・ミルクとスイカの甘みがポイント!スイカミルク粥

出典:photoAC ※写真はイメージです

ミルク粥は甘みがあり、赤ちゃんにも人気のメニュー。ごはんだけでなく、パン粥もおすすめです。

【作り方】
*スイカミルク粥
1.10倍粥と粉ミルクを合わせる
2.1に裏ごししたスイカを加え、ひと煮立ちさせる

*スイカミルクパン粥
1.細かくちぎった食パンに粉ミルクを合わせる
2.加熱したスイカペーストと混ぜ合わせる
 

・スイカと野菜スープを組み合わせて☆

栄養満点の野菜スープと組み合わせると、少し風味が変わりますよ。

【作り方】
1.水1Lに野菜200gを用意する
(キャベツや玉ねぎ、にんじんなど自宅にあるものでOK)
2.野菜を食べやすい大きさに切り、水とともに鍋に入れる
3.加熱開始。沸騰したら、火を弱め、30分ほど煮込む
4.できあがった野菜スープで、加熱したスイカペーストをのばす

この野菜スープは、離乳食に使いやすい万能だし。大人のごはんにもアレンジ可能です。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]