出典:@ yu1111ka さん

Lifestyle

おしゃれな庭には砂利がある!メリットやおすすめの砂の種類、敷き方まで!

お家時間が増えてきている中、今まで以上に住環境を快適にしたいと思いますよね。夏に向けて、お庭を素敵に改造したい人は多いよう。そんな人におすすめなのが、砂利を敷く方法です。庭に砂利を敷くことで、オシャレで豪華な雰囲気にできちゃいます。もちろん見た目だけでなく、機能的なメリットもたくさん。知っておくべき知識や、砂利を使った素敵なお庭の実例などを紹介していきます。

お庭に砂利を敷きたい人は参考にしてくださいね!
 

■お庭に砂利を敷くメリットがいっぱい!4つのうれしいポイント

出典:photoAC

砂利が使われた日本庭園は、心が浄化されるような気持ちになりますよね。砂利はお庭の雰囲気や仕上がりを良くするアイテム。見た目だけでなく、砂利を敷くことでいろんなメリットがあるんですよ。
 

・メリット1:雑草対策ができる

出典:photoAC

いつの間にか生い茂る雑草。除草剤や草取りなど、手間がかかりますよね。実は、お庭に砂利をしっかり敷き詰めることで、面倒な雑草の手入れを軽減することができるんです。
ただし、庭にそのまま砂利を敷くと、風で飛んできた種子が砂利の隙間に根づいてしまうことも。そんなときは、防草シートで土を覆うことで草がお庭に根づくのを防いでくれます。シートは砂利で隠れるので、見た目の違和感もありませんよ。

・メリット2:照り返し防止で猛暑対策ができる

出典:photoAC

2つめのメリットは、砂利は日光の照り返しが少ないことです。猛暑の中、アスファルトの上にいるだけで、汗がダラダラ出てきませんか?コンクリートやアスファルトは、直射日光の照り返しが強く、お庭の気温も上昇してしまいます。その点、砂利は直射日光の照り返しが少ないので、気温も一気に上がりません。夏の夕方はお庭で涼みたいという人にもおすすめですよ。

・メリット3:水はけの改善ができる

雨が降るたびにお庭に水溜りができて困っている人は、砂利を敷いて改善させるのはどうでしょうか。砂利を使うことで、地面の重石となってくれますよ。
お庭作りのプロによると、砂利を敷く前に整地・転圧という作業をするそうです。土地に力を加えて、空気や水を押し出すことで地面が均等になり、砂利が浮くことも防げますよ。

・メリット4:防犯対策にもなる

出典:photoAC

お庭に砂利を敷くと、防犯の面でも役立ちます。砂利の上を歩くと石どうしが擦れる音がしますよね。玄関や窓など不審者が侵入しやすい場所に砂利を敷くだけで、誰かが来たことに気づくことができます。最近では、防犯砂利という、歩くと大きな音が出る種類もあるそうですよ。



 

■お庭に砂利を敷くデメリットも理解しておこう

出典:photoAC

お庭に砂利を敷くことで発生するデメリットもあります。きちんと理解して、後から後悔しないようにしておきましょう。

・デメリット1:落ち葉の掃除がしにくい

出典:photoAC

お庭に砂利を敷くデメリットに、落ち葉の掃除がしにくいことが挙げられます。葉っぱが砂利の隙間に入ってしまったり、ほうきや熊手を使うと、砂利もいっしょに掃いてしまったりと少し面倒なようです。

・デメリット2:汚れが目立ってしまう

白い砂利は見ためも良く人気ですが、汚れが目立ってしまいます。駐車場や人が歩く場所など、石が動く場所は汚れにくいのですが、石が固定されているところは要注意。コケが生えてしまうこともあるそうです。

・デメリット3:メンテナンスを頻繁にしないといけない

出典:玄関ポーチは「家の顔」実用的でデザイン性も高い実例5選@ yamaguchi_komutenさん

砂利を使っている人から、メンテナンスがデメリットだという声があります。砂利が飛び散ったり、子どもが遊んでいつの間にか砂利が少なくなったり。砂利を定期的補充する必要があります。
また、溝に砂利が詰まってしまうこともあります。敷く場所や砂利の大きさなどに注意おくことも大切ですね。

 

■おすすめの庭砂利の種類は?相場と合わせてチェック!

出典:photoAC

砂利を敷く際に悩むのが種類です。おすすめの庭砂利を3つ紹介していきます。


<おすすめ1> 赤玉砂利

洋風のお庭にとても似合う赤玉砂利は、レンガや木目調の小物と相性がバッチリ。
乾いているときは、ピンクっぽい色味ですが、水で濡れるとワインレッドのような深みのある色に変わります。赤砂利でおしゃれ感がアップすること間違いなし。
価格は砂利の直径や重量によって異なりますが、直径1.5cmを10kgの場合、2千円から3千円の場合が多いですよ。


<おすすめ2>青玉砂利

青やグレーに見える青玉砂利は、落ち着いた雰囲気の砂利です。
和風のお庭はもちろん、洋風のお庭にも似合います。雨で濡れると色が濃く見え、神秘的な雰囲気になる不思議な砂利ですよ。
青玉砂利の価格相場も赤玉砂利と似ています。直径1.5cmを10kgで、2千円から3千円のものが多くありますよ。


<おすすめ3>白玉砂利

お庭を洗練されたモダンな雰囲気にしたい人は、白玉砂利がおすすめです。
白は石の色落ちがないのが特徴。観葉植物や水槽にも使えるので、使い勝手の良い砂利ですよ。どれにしようか迷ったときは、白玉砂利がおすすめです。
白玉砂利は取り扱い店舗も多く、価格もさまざま。直径1.5cmを10kgの場合、1千円台の商品もあります。2千円前後が相場のようです。

■庭砂利に必要な量はどのくらい?失敗しない数量を計算

砂利を購入する前に、どのくらい必要なのか確認しておきましょう。
まず、砂利を敷きたい場所の面積を平米数で計算します。
必要な量は、1平米あたり60〜80kg程度あればOK!地面からの厚みは3〜4cm程度になるので、地肌をしっかり隠すことができますよ。
 

■庭への砂利の敷き方は?下準備が大切!

出典:photoAC

お庭に砂利を敷く前の下準備は重要です。まず、砂利を敷く前に、草取りをしましょう。
次に地面の整地・転圧をするのがおすすめ。本格的にやりたい人は、工具レンタル会社で道具を借りることもできますよ。もちろん本格的な道具がなくても大丈夫。スコップなどで地面を平にすることが大切です。
その後は、防草シートを敷き、砂利を均等に敷き詰めれば完成です。
 

■お庭に砂利を敷いてDIY!SNSで見つけた素敵なお宅拝見

出典:Pixabay

お庭に砂利を敷いてみたいけど、どんな雰囲気になるのか心配という人に、SNSで見つけた素敵なお庭を参考にしてみましょう。

・白砂利をメインにモダンなお庭!ウッドステップやレンガでアクセント

出典:@ yu1111ka さん

@yu1111kaさんのお庭は、モダンでスタイリッシュなお庭でとても参考になりますよ。白の砂利を基調に作られています。
白を多く使うことで、玄関まで続く茶色のウッドステップやレンガの色がしっかり映えていますね。砂利と使う小物の配色に気を配ることで、まとまりのあるお庭になりますよ。

・小さめの砂利でバランスを整える!理想の外国風なお庭も

出典:@ mipo_0305さん

@mipo_0305さんのお庭は、まるで外国にいるような優雅な気持ちにしてくれます。玄関やお庭の中心に大きめなレンガを敷き、その間を粒が小さめな砂利を使っています。サイズ感のコントラスを出すことで、このような洗練されたお庭が作れるんですね。

出典:@ mipo_0305さん

砂利の色は、レンガの色に近づけることで、全体をしっかり調和。木製のベンチを使って、お庭の草花を見せる手法も参考になります。
 

■一度敷いた砂利を撤去したい!取り除く方法は?

砂利の庭を変えたい!芝生に変えたい!と思うこともありますよね。そんなときは砂利を撤去すればOK!スコップなどを使って撤去していきます。砂利のみを上手に救える先が尖っていないスコップもありますよ。
また、人工芝を検討しているのであれば、砂利の撤去は不要です。細かい砂利であれば、上から人工芝を貼ることもできるので、ぜひ検討してみると良いですよ。
 

■まだ間に合う!砂利を使って理想のお庭が作れる

砂利を使うことでお庭の雰囲気がとても変わります。見た目や機能面でも優れた点の多い砂利。ぜひお庭づくりに使ってみてはいかがでしょうか。今年は理想のお庭で快適な時間が過ごせるかもしれませんよ。

AyakoS

海外旅行が大好きで、海外のファッション、コスメ、レシピを調べるのが得意です。将来は海外移住をするのが夢!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]