Lifestyle

万能!【味の素】オリーブオイルのおすすめの使い方♡簡単レシピ8選も

今回は『AJINOMOTO(味の素)』のオリーブオイルを特集!お店で見たことがある方、家に常備してる!という方やギフトでもらったことがある方も多いかもしれません。最近では嵐の大野智さんがアニメ"ポパイ"のキャラクターに扮したCMも話題になりました。記事内ではオリーブオイルの種類や特徴、おすすめの使い方やアヒージョ、ドレッシングなどおいしい簡単レシピもご紹介します。ぜひチェックしてくださいね!

日本で販売されているオリーブオイルは製法によって【ピュアオリーブオイル】・【エクストラバージンオリーブオイル】の2種類に分けられます。

ここからは、それぞれの特徴や使い方のポイントを見ていきましょう。

■【ピュアオリーブオイル】の特徴とは?

出典:photoAC

ピュアオリーブオイルは、エクストラバージンオリーブオイルやバージンオリーブオイルに、精製したオイルをブレンドして作られます。味わいと風味はエクストラバージンオリーブオイルに比べると控えめです。

・ピュアオリーブオイルはどんな料理に使うの?

ピュアオリーブオイルは、香りや風味が少ないので、普通のサラダ油のように炒める、焼くなど加熱して使うのがおすすめ。料理をクセなくあっさりと仕上げたいときにも向いています。

■【エクストラバージンオリーブオイル】の特徴とは?

オリーブの実を搾ったそのものがエクストラバージンオリーブオイル。オリーブそのものの香りと味わいをしっかりと感じられます。
搾っただけのオイルは、世界基準では品質が高い順に【エクストラバージンオリーブオイル】・【バージンオリーブオイル】・【ランパンテバージンオリーブオイル】に分けられます。エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブオイルの中でも、最高品質なんです!

エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブの果実を搾ったフレッシュジュースのようなもの。そのまま飲むこともできます。ちなみに1日の摂取目安量は大さじ2杯までと言われています。

・エクストラバージンオリーブオイルはどんな料理に使うの?

エクストラバージンオリーブオイルは加熱をすると、特徴的な香りや味わいがほとんど失われてしまいます。香りを最大限活用するには、加熱せずそのまま食べるのがおすすめ!
生使い専用、と認識している方も多いかもしれませんが、加熱がNGなわけではありません。炒めものや揚げものに使えば、香りや風味がアクセントになります☆

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE