出典:photoAC

Beauty

たまご肌の作り方!つるっつる!スキンケアのコツも肌タイプ別に解説

たまご肌とは、ゆで卵の殻をむいたあとのようなツルツルですべすべな肌を指します。ゆで卵のようなツルすべ肌を手に入れるためには、毎日のスキンケアがとても大切。肌荒れに悩んでいる…という人は、普段のスキンケア方法を見直してみてはいかがでしょうか。正しいスキンケア方法をマスターして、憧れのたまご肌を手に入れましょう!

今回は、たまご肌を手に入れるための正しいスキンケアの方法と、おすすめのスキンケア商品を肌タイプ別にそれぞれ紹介していきます。まずは、たまご肌になるために押さえておきたいポイントをチェックしていきましょう!
 

■たまご肌になるためのポイントは?

出典:photoAC

見た目の印象アップ間違いなし!たまご肌をゲットするためのポイントをいくつかピックアップしてみました。
 

・保湿は必須!なるべくたっぷりと

つるつるすべすべの肌は乾燥知らず。たまご肌を目指すなら保湿は必須です。毎日使うスキンケア用品には、保湿効果の高いものを選ぶと◎化粧水や乳液は惜しまずたっぷり使うことが、たまご肌に近づくためのポイントです。
 

・ストレスフリーに♡生活習慣の見直しをしよう

たまご肌は、にきびや乾燥などの肌トラブルがなく、キメが細かい肌が基本。とは言え、にきびや吹き出物といった肌トラブルは、保湿だけで改善するのは難しいことも。

たまご肌になるためには、食生活を含めた生活習慣の改善も重要なポイントです。なるべく野菜中心の食事をしたり、毎日同じ時間帯に食事をとったりなど、食生活を見直してみるのも良いでしょう。また夜更かしも肌に良くないので、睡眠時間はたっぷりとってくださいね。
 

・たくさん洗うのはNG!肌に負担をかけないスキンケアを

肌についた汚れやメイクは、しっかり洗って落とさないと!と思う人は多いかもしれません。しかし、かえって洗いすぎると肌に負担がかかって肌トラブルにつながることも。

洗顔の際は、顔をゴシゴシこするのではなく、優しくなでるように汚れを落とすのがポイント。特に敏感肌や乾燥肌の人は、肌の状態を悪化させないように、優しく丁寧にスキンケアを行うことが大切です。

■たまご肌を目指そう!おすすめのスキンケア方法を紹介

出典:photoAC

憧れのたまご肌をゲットするためには、自分の肌に合ったスキンケアを実践することが大切。ここでは、スキンケアのポイントをいくつかご紹介しましょう。
 

・クレンジングはその日のうちに

朝のメイクは、その日のうちに落とすのが基本!メイクを落とさず寝てしまうと、乾燥やニキビなどの肌トラブルの原因にもつながります。

クレンジングは少なからず肌に刺激を与えるもの。どんなに肌に優しくても、クレンジングに入っている界面活性剤は肌にとって負担になり、長く肌についていると乾燥の原因になりかねません。

クレンジングの際は、優しくなでるようにし、同時にマッサージはしないようにして。クレンジング料を肌につけてから洗い流すまで、なるべく1分内で完了させるようにしましょう。

・洗顔はモコモコ泡で!長時間泡を肌に残さない

出典:photoAC

洗顔の基本は、たっぷり泡立てたモコモコの泡で優しく洗うことが基本。モコモコの泡が肌の汚れを浮き立たせるので、ゴシゴシ洗う必要はありません。
洗顔が終わったら、泡はすぐに洗い流して。泡を長時間残していると、肌に負担をかけてしまいます。
 

・週2程度でピーリングも効果的

ピーリングとは、古くなった角質を柔らかくして取り除く美容法を指します。肌のターンオーバーを整える効果もあるので、毛穴の開きなどが気になる人にもおすすめです。

ピーリングは毎日行うのではなく、週2程度の実施が効果的とされています。ピーリングはもちろんホームケアでもできますが、専門の医療機関で行うことも可能ですよ。
 

・化粧水は洗顔後すぐに!お風呂の中でやるのもあり

美賢者の中には、お風呂の中でブースターを使用し、あがったら化粧水を使うという人が多いようです。
洗顔後は、肌の乾燥を防ぐためにすぐに保湿が基本。お風呂の中で、化粧水を使用するのもおすすめですよ。

・乳液や美容液はたっぷりと!

出典:photoAC

たまご肌を実現するためには化粧水だけでなく、乳液や美容液も惜しみなく使うのがおすすめです。美容液は、乾燥が気になる部分にピンポイントで使うのもOK。肌をしっかり保湿してあげることがたまご肌への近道です。

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]