出典:@ mnte819さん

Beauty

ダイソンのヘアアイロンは簡単・時短で超優秀!高価なのに売れる秘密とは?

『Dyson(ダイソン)』は、世界中で有名なイギリスの電気機器メーカーで、日本でもサイクロン式の掃除機などが今もなお大ヒット中です。アイデア、技術、デザインを掛け合わせ、こんなの欲しかった!を実現してくれるブランド。そんなダイソンは、独自の技術を活かし、美容用家電にも力を入れています。中でも、発売日から大人気なのが「Dyson Airwrap(ダイソン エアラップ)スタイラー」。

今回は、ダイソンエアラップスタイラーの人気の秘密や、使い方、利用者の口コミなどを紹介していきます。

■ダイソンエアラップスタイラーってどんな商品?

出典:@ mimi_ymmrさん

初めに、ダイソンエアラップスタイラーがどのような商品なのか紹介していきます。

・【商品紹介】実現不可能だと思われた1台3役を可能に! 

出典:@ groovysurfさん

ダイソンエアラップスタイラーは、たった1台で、ドライ、ブロー、カールの3役を担ってくれる優れもの。これがあれば、これまでのようにドライヤーやコテ、ストレートアイロンなど、何種類もの道具を使う必要はありません。
タオルドライ後の濡れた髪に風を送り、乾かしながらスタイリングできるので、髪への熱ダメージを防ぐこともできます。風を利用して、髪を自動的に巻きつけるので、簡単にスタイリングができますよ。
 

・ワクワクする商品付属品がいっぱい!

出典:@ smk_op3さん

ダイソンエアラップスタイラーは、さまざまなアタッチメントをつけ替えて、思い通りのスタイリングを作ることができます。「Dyson Airwrap Volume + Shape(ダイソン エアラップ ボリューム プラス シェイプ)」は、基本の4つのアタッチメントがセットになっています。

出典:@ smk_op3さん

スタイリング前の髪を乾かす「プレスタイリングドライヤー」、小さめのエアリーカールが作れる「30mm エアラップカーラー」、大きめのカールができる「40mm エアラップカーラー」、そしてブローしながら髪を滑らかに整えてくれる「スムージングブラシ(ソフト)」です。価格:59,400円(税込)

出典:@ smk_op3さん

髪の毛のくせや、ボリュームに悩みがある人は、「Dyson Airwrap Complete(ダイソン エアラップ コンプリート)」がおすすめ。4つの基本アタッチメントに加えて、くせを伸ばしながら、髪の毛の広がりをまとめてくれる「スムージングブラシ(ハード)」と、根元を立ち上げる「ラウンドボリュームブラシ」が追加されます。価格:64,900円(税込)

出典:@ mimi_ymmrさん

両方のセットに共通して、キャメル色のオシャレな収納ボックスや、フィルター用のブラシなどもついていますよ。

・ダイソンエアラップスタイラーの性能がすごい!

出典:@ mnte819さん

ダイソンエアラップスタイラーの最大の特性は、独自の「ダイソン デジタルモーター V9」を搭載していること。このモーターのおかげでスタイリングをすることができるんですよ。

高速かつ高圧の風が、コアンダ効果を作り出します。コアンダ効果とは、風の流れが、壁などに引き寄せられて沿って進むことを言います。

ダイソンエアラップスタイラーでは、このコアンダ効果を発生させ、風力で自動的に髪を引き寄せることで、巻きつけています。そのため、髪の毛をひねったり、引っ張ったりすることなく、スタイリングをすることができますよ。
 

■ダイソンエアラップスタイラーの使い方は?

ダイソンエアラップスタイラーは、1本でさまざまな使い方ができるのが魅力。代表的な使い方をチェックしてみましょう。

・ドライヤーとして使える!風力も抜群

ダイソンエアラップスタイラーは、風を当てながらスタイリングしていきますが、しっかり髪の毛が乾くのか、気になる人も多いのではないでしょうか。ダイソンエアラップスタイラーでは、13枚の羽根を使って、毎分最大11万回転。3.2キロパスカルの風圧で髪の毛を乾かすことができます。

・アイロンとして使える!徹底した温度管理でダメージレス

出典:@ smk_op3 さん

ダイソンエアラップスタイラーは、髪が乾く際に形を固定される性質を利用し、髪を乾かしながらスタイリングします。温度が150°Cを超えないよう設定。過度な熱による髪へのダメージを防いでくれますよ。

Recommend

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]