出典:photoAC

Beauty

髪の毛の正しい乾かし方!長さ別悩み別にご紹介♡これで美髪を叶えよう!

みなさんは正しい髪の毛の乾かし方を知っていますか?毎日乾かすことがめんどくさいと感じる方もいますよね。湿ったままの髪は水分を含み柔らかく、髪同士がこすれるとすぐに傷んでしまいます。髪を傷めないようにするためには、ドライヤーで乾かすことが大切ですよ。今回は乾かし方のコツをご紹介してきます。

髪型別・髪質別の乾かし方の基本と、ドライヤーの使い方をチェックしていきましょう。

■ドライヤーで髪の毛を乾かす前にやるべきことはこれ!

ドライヤーをかける前にはどんなことが必要になってくるでしょうか?

・ドライヤーをかける時間を短縮するためにタオルドライする

出典:photoAC

ドライヤーをかける前には、髪と頭皮の水分をタオルで取り除きます。このとき、タオルで優しく抑えるようにして、髪を擦らないようにすることが大切です。タオルドライすることでドライヤーの時間を短くでき、熱によるダメージを少なくできるため髪の負担を減らせます。
ターバンタイプの速乾ヘアグッズを使うのもおすすめ。10分程度かぶるだけで水分をかなり吸収してくれますよ。その間にお肌の手入れや歯磨きができる便利なグッズです。

・絡まった状態でのドライヤーは避けて!乾かす前にコームで髪をとかす

出典:photoAC

髪の毛が絡まった状態で乾かそうとすると髪が絡まって傷みやすく時間もかかってしまいます。粗めのコームで絡まりをなくしてから髪を乾かしてください。

・ドライヤーの熱から髪を守るためのトリートメントを使用する

出典:photoAC

ドライヤーをかける前には熱から守ってくれるアウトバストリートメントを使いましょう。ミルクやオイル、クリームやミストなどさまざまなタイプがあります。ミルクは保湿目的の方、クリームは水を弾いてしまう硬い髪の方におすすめです。オイルはどんな髪にも使えてバランスの取れたトリートメントです。髪質や乾きあがりの質感から好きなものを選びましょう!

■意外と奥深い!ドライヤーを使った基本の髪の毛の乾かし方

出典:photoAC

1.髪をかき分け、ドライヤーの温風を頭皮に直接当てて、乾きにくい根元から乾かします。1カ所に長時間温風を当て続けると髪を痛めてしまうため要注意!
2.根元から毛先に向かってうろこのように重なっているキューティクルに沿って髪を乾かします。手ぐしをしながら根元から毛先に向かって風を当ててください。手ぐしはキューティクルを整えてツヤをアップさせてくれますよ。
ポイントは、髪は熱や摩擦に弱いため、ドライヤーを20㎝度離すことと、髪ではなくドライヤーを揺らして乾かすことです。
3.全体の8割程度乾いたら、仕上げの前に前髪を。自然乾燥だとスタイリングがしにくくなるため、乾きやすい前髪はこのタイミングで乾かしましょう!前髪のスタイリングのときは弱風がおすすめ♡斜め上方向からドライヤーを当てます。
4.髪が8割乾いたら冷風を当てます。冷風によりキューティクルが引き締まり、ツヤが出てきれいに仕上がりますよ。
5.髪が乾いたらブラッシングで仕上げ!ブラシとしてつかうものは豚毛や猪毛など目の詰まったものがおすすめです。

早く乾かしたい方は、フェイスタオルを頭にかぶってタオルの上や内側から風を当てると時短になります。風量の大きいハイパワードライヤーを使うのも早く乾いていいですね。

■ぺたんこ髪さんにおすすめ!ボリュームアップさせる髪の毛の乾かし方

出典:筆者撮影

毛量が少ない方は、トップがぺたんこになりがち。トップの髪の毛の乾かし方を工夫することでふんわりとしたボリュームを作れちゃいますよ。
髪をボリュームアップさせたいときは髪の根元を立ち上げるように持ち上げて、下から上に向けて左右交互に温風を当てます。これは下の方に向いている髪の根元を起こすためです。

■ボリュームの多い方におすすめ!ボリュームダウンさせる髪の毛の乾かし方

出典:筆者撮影

毛量の多い方や髪の太い方は、思うように髪がまとまらずボリュームが出てしまいがちですよね。ボリュームダウンのための乾かし方をご紹介します。
基本の乾かし方で根元を乾かしたあとは、後頭部、側頭部の順に乾かしていきます。NGなのはドライヤーを下から当てること。ボリュームを抑えるためには、手ぐしを通しながら常にドライヤーを上から下に向けて当てるように意識するといいですよ。

■外側にはねやすいショート・ボブの髪の毛の乾かし方

出典:mamagirlLABO @ lui.kobe.toshimi さん

メンズライクなショートや、女性らしさのあるボブはお手入れのしやすさから人気があります。しかしショートやボブは、毛先がはねてしまいやすくスタイリングでお悩みの方も多いようです。はねないコツを見ていきましょう。

【ショートの乾かし方】
ショートはつむじから放射線状に乾かします。根元の毛の流れに逆らって前側や下側からドライヤーを当ててしまうと、四角いシルエットになりやすいため気をつけて。

【ボブの乾かし方】
まず基本の乾かし方と同様、根元から乾かします。6割程度乾かしたら、片方の手で髪の内側から外側に向かって内巻きにしながら、外側からドライヤーの風を当てます。
このとき、髪にスーッと指を通しながら乾かしていきましょう!これを左右、後ろそれぞれで行います。

■時間がかかるロングヘアの上手な髪の毛の乾かし方

出典:mamagirlLABO @m_k_n.mさん

ロングヘアの方は、髪を乾かすのに時間がかかりますよね。特に暑い時期はドライヤーがめんどくさいと感じる方も多いのでは。高性能のドライヤーを使うと早く乾きやすく、ヘアケアも叶いますよ。
ロングヘアの方の場合は根本が乾かしにくいため、下を向いてドライヤーを当てます。片方の手で髪を持ち上げながら乾かすと、内側が早く乾きますよ。そのあとは頭をもとの位置に戻し、頭頂部を中心にまんべんなく乾かします。冷風で仕上げる際には、全体的に内側からブラシを通しながらやるときれいに仕上がりますよ。

■くせ毛におすすめ!サラサラヘアになる髪の毛の乾かし方

出典:photoAC

くせ毛により全体のボリュームが出てしまったり、はねてほしくない部分がはねてしまったりと思い通りにならなくて悩んでいる方も多いですよね。ポイントを知れば、うねりやくせ毛のないサラサラヘアを手に入れられます。
くせ毛の方は、上側から下方向にドライヤーをかけるのを意識してくださいね。このとき髪をやや引っ張るようにしながら乾かすことで、くせが伸びやすくなります。
くせ毛は乾燥してしまうと特に広がりやすいため、仕上げにスタイリング剤などを使用して保湿を心がけてくださいね。

■ドライヤーの使い方を覚えて、髪の悩みを解決しよう!

出典:photoAC

毎日使うドライヤー。めんどくさいと感じても髪の毛を守るために正しく乾かすことが大切です。今日から始められる正しいドライヤーのかけ方を紹介しましたので、ぜひおうちできれいにスタイリングしてみてくださいね。

peechan

山梨県在住。周りには富士山や八ヶ岳!自然大好き。オシャレやコスメの情報も大好きです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!