出典:@nana_nishitani さん

Lifestyle

今インスタントカメラがデジカメと違った魅力で大注目!使い方や選び方は?

いまやカメラといえばデジタルが当たり前の時代ですが、実は今、「レトロで味のある写真が撮れる」とインスタントカメラ人気が再燃中!撮ったその場で現像することができたりと、機能性の高さや便利な機能などもあり注目を浴びています。今回はインスタントカメラの使い方や選び方を紹介します。おしゃれに楽しむインスタントカメラや子供にもおすすめのインスタントカメラを見ていきましょう!

これからインスタントカメラの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

■インスタントカメラっていったいどんなものなの?

出典:@ hikousentbsaさん

インスタントカメラは、どんなカメラなのでしょうか?知らない人も必ず欲しくなる!インスタントカメラの魅力に迫ります♡

・インスタントカメラって何?

インスタントカメラとは、撮ったその場で現像することができるカメラのことです。撮ってすぐにみんなで楽しむことができるインスタントカメラは、大人はもちろん、子供へのプレゼントにもおすすめ♡見た目もかわいくおしゃれな、カメラ好きにはたまらないデザインが豊富にあり、味のある写真が撮れることで、近年再注目されています。

・インスタントカメラのメリットとは?

出典:@hikousentbsa さん

デジタルカメラとは違った、レトロ感やおしゃれ感のある味のある写真に仕上がることでも注目を浴びています。また、撮ったその場で現像できる手軽さも人気の理由のひとつ。現像し終わるまでどんな写真が撮れているのかわからないワクワク感のある機種もあり、若い人にウケているようですよ♡また、携帯電話のカメラやデジカメで撮った写真をこまめに現像する方はあまり多くないのでは?インスタントカメラならすぐに現像できて、飾ったり、その場でプレゼントすることができたりとメリットだらけ♡

・インスタントカメラの使い方をチェック!

インスタントカメラは専用にフィルムが必要です。機種によって使えるフィルムが違うので必ずサイズを確認してからフィルムを購入してくださいね。フィルムは多めに用意しておくことをおすすめしますよ♡また、電池も用意が必要です。万が一電池が切れたときのことを考えて予備も持っておきましょう。

・インスタントカメラの現像はどうするの?

撮った写真がすぐにプリントされるインスタントカメラ。正しい現像の待ち方があるんですよ!パタパタとフィルムを振ってしまいがちですが、これはNG!フィルムを振ったり押したりしてしまうと現像剤がうまく反応せずに色ムラが出てしまう可能性があります。現像に適した温度は5~40℃。温度が上がるほど仕上がりまでの時間が短くなるそうです。ポケットに入れて温めることでそのまま置いておくより、早く現像が終わるとのこと♡ただ、極端に温度が高い場合や直射日光などを当てた場合、失敗してしまうようです。温度が低くない場合はそのまま放置で十分!
 

■失敗しないインスタントカメラの選び方は?

出典:@nana_nishitani さん

インスタントカメラを購入するときには、誰が主に使うかで機能性や防水性をチェックすることが大切!

・子供には安心して持たせられるカメラがおすすめ!

子供におもちゃ代わりに渡す場合、うっかり水濡れや、予期せぬことが起こるものです…。操作が簡単で衝撃に強く、防水のものがおすすめ!後悔しないためにも安心して持たせられるカメラを選んでくださいね♡

・機能性をチェック!

デジタルデータ対応のカメラであればその場でフィルムに印刷をしつつ、デジカメのように写真を共有することが可能!機能性もしっかりとチェックしてお気に入りを見つけてくださいね♡

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]