出典:photoAC

Lifestyle

冬の星座を楽しもう!子どもと見たい☆代表的な星座の位置や神話について

冬は、空気が乾燥して大気の透過率が高まり、星座がキレイに見えるため、星空を眺めるのはベストなシーズンですね。全天で21個ある一等星が8個も空に昇り、南の空には冬の大三角形やオリオン座、北の空にはカシオペア座や北斗七星を見ることができます。そんな冬の星座の位置や神話についてご説明します。

まずは冬に見ておきたい星座や、見つけ方から見ていきましょう!

■これは外せない!冬に見ておきたい北の空に輝く星座

一等星が多い冬の北の空。代表的な星座をご紹介します。

・ひときわ目立つ冬の大三角形

出典:photoAC

一等星である“オリオン座のベテルギウス・こいぬ座のプロキオン・おおいぬ座のシリウス”をつなぐ三角形は、冬の星座のガイド役にもなっています。三角形の中には、天の川が通っています。
冬の大三角形が見つかれば、大六角形もすぐ見つけられますよ!

・冬の大三角形と重なる冬の大六角形

出典:photoAC

一等星の“オリオン座のリゲル・おおいぬ座のシリウス・こいぬ座のプロキオン・ふたご座のポルックス・ぎょしゃ座のカペラ・おうし座のアルデバラン”をつなぐ六角形。
その形から冬のダイヤモンドとも呼ばれているんですよ。このうちのふたつは冬の大三角形を構成する星と重なっています。

・こいぬ座の一等星プロキオン

出典:photoAC

プロキオンは“犬の先駆”の意味を持つこいぬ座の一等星です。おおいぬ座のシリウスよりも、地平線から早く上がってくることから、プロキオンという名になったと言われています。
恒星としては8番目の明るさで、白く輝いて見えます。

・2人の男の子が並んだふたご座

出典:photoAC

ふたご座は、2人の男の子が並んでいる姿を表した星座です。
一等星のポルックスと二等星のカストルが仲良く並んでいます。このふたつの星がふたご座の1部です。ふたご座は12星座にもなっているので、見つけられると子どもも喜びそうですね!

■どうやって探す?見つけやすい冬の星座の探し方

比較的見つけやすいオリオン座と冬の大三角形の探し方をご説明します。

・3つの星を中心にしてオリオン座を見つける

出典:photoAC

狩人であるオリオンの雄大な姿を表し、冬の大三角形とともに広く親しまれているオリオン座。
冬の夜空では、キレイに並んだ3つの明るく輝く星が目につきます。この3つの星は、オリオンが腰に巻いているベルトの部分です。鼓を立てた形に似ていることから、一部地域では鼓星とも呼ばれています。キレイに並んだ3つの星を中心に、上下に並ぶ4個の星を鼓の形をイメージしながら探してみてくださいね。リボンにも似た形をしていますよ。

・オリオン座のすぐ近くにある冬の大三角形を見つける

出典:photoAC

オリオン座の中で左上にある、赤く見える一等星のベテルギウスを探します。ベテルギウスを含めて等間隔で3つの星が三角形に並んでいるのでわかりやすいです。
冬の大三角形を構成するおおいぬ座のシリウスは、周りの星より輝いて見えるので探しやすいですよ。

■ギリシャ神話で知識を深めて冬の星座を身近に感じよう!

星座の多くは、ギリシャ神話が元になっています。オリオン座やふたご座、プレアデス星団についての神話をご紹介します。神話との関係を知ってから星空を見上げると、探すのがより楽しくなりますよ。

・オリオン座のギリシャ神話

出典:photoAC

海神ポセイドンの息子である美しいオリオンは、どんな猛獣でも仕留める強い狩人でした。月と狩りの女神であるアルテミスと恋に落ちて幸せに暮らしていましたが、自分が強いといつも自慢していました。これに怒った神々により遣わされた1匹のサソリにより、オリオンは足をかまれ死んでしまったと言われています。
オリオンは文部省唱歌となっている“冬の星座”の歌詞にも登場します。楽譜を一覧してオリオン座をもっと身近に感じてみるのもいいですね。

・ふたご座のギリシャ神話

出典:photoAC

ふたご座の2人の頭部分にあたるポルックスとカストルは、大神ゼウスとスパルタ王妃レダの子どもです。カストルは普通の人間ですが、ゼウスの血を引いたポルックスは不死身の体を持っていました。
仲の良い2人は勇者に成長し、共に戦います。ある戦いのさなかに敵の矢が当たったことが原因でカストルは死んでしまいます。ポルックスは不死身なので傷を負っても死ぬことはなく、カストルの死をとても悲しみました。
大神ゼウスは、2人がいつもいっしょにいられるようにということで、ふたご座にしたと言われています。

・プレアデス星団のギリシャ神話

出典:photoAC

プレアデス星団は一等星のアルデバランの近くあり、肉眼でも見える恒星の集団です。
プレアデス7人姉妹は、巨人アトラスと、妖精プレイオーネの子どもです。美しい7人はオリオンに気に入られ、オリオンから逃げ回る中で7羽のハトに姿を変えて大空に飛び立ち、そのまま星になったと言われています。
肉眼では6個は見えますが、7個目の星は見つけにくいです。神話では、姉妹のうちの1人であるエレクトラの息子が戦争で滅ぼされたことを悲しみ、どこかに姿を隠したため見えにくくなってしまったとも言われています。
個々の恒星は、時間がたつにつれてまばらな分布となり、いずれバラバラになっていくとされています。そんな恒星を、現代ではいっしょに見られるというのはちょっと不思議ですね。
清少納言の枕草子では、“すばる”という名前で詩に詠まれており、古くから親しまれています。

■代表的な冬の星座を探して長い夜を楽しもう♡

出典:photoAC

キレイな冬の星座についてご説明しました。古くから枕草子などの随筆に登場したり、讃美歌に歌われたりしており、今も昔も身近な星座。夜の時間が長くなり星が見えやすくなるこれからの時期、暖かい格好で冬の夜空を楽しんでくださいね。寒空を吹き飛ばすような豪華な夜空は美しく必見ですよ♡

peechan

山梨県在住。周りには富士山や八ヶ岳!自然大好き。オシャレやコスメの情報も大好きです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!