出典:Unsplash(※画像はイメージです)

Lifestyle

クリスマスツリーはIKEAで本物を買おう♡仕込みのオーナメントも本格的

毎年、冬が訪れるとクリスマスの準備にワクワクし始めるご家庭も多いのではないでしょうか。今年は本格的に飾りつけして気分を高めたい!でもどこでツリーや飾りを買えばよいんだろう…。そんなあなたにおすすめなのが『IKEA(イケア)』のクリスマスグッズ!なんと本物のもみの木が手に入るとIKEAファンの間では有名なんです。

クリスマスの飾りつけの材料は全部IKEAでそろっちゃいます!今回はそんなIKEAのクリスマスシーズン注目アイテム「本物のもみの木」や、そのほかおしゃれなオーナメント、イルミネーションなどを一挙ご紹介。

■毎年発売している本物のもみの木のクリスマスツリーって?

IKEAで毎年販売されている「本物のもみの木」ってどんな商品?ここではそんな疑問にお答えする商品概要を解説します。

・販売は店舗のみ

IKEAでは2006年より毎年冬になると本物のもみの木を販売しています。日本ではなかなかフェイク以外見かけることも少ないもみの木。本物を使って自宅でクリスマスツリーとして飾れるなんて、とっても素敵ですよね。
販売は毎年実店舗のみで、オンラインによる受けつけや配送などはしていないようです。また、店舗によっても入荷時期が異なる可能性があります。

・昨年は11月21日から

2018年と2019年には11月21日に販売スタートされた本物のもみの木。2020年の今年もおそらくその時期になるのではないかと予想されています。
販売直前には公式サイトで発表があるので、どうしてもゲットしたい!という人はマメにサイトをチェックしてみてくださいね。

出典:Unsplash(※画像はイメージです)

・同じサイズがないのも魅力のひとつ

IKEAの本物のもみの木は自然物なので、当然ひとつひとつの枝ぶりや大きさが違います。おおよそ100cmから120cmくらいのサイズで販売されているようなので、日本の住宅でも配置しやすく小さすぎないサイズ感と言えるでしょう。販売スタートとともに早めにチェックしに行くことで、在庫の中からお好みのもみの木を選べますね。
サイズが違っても、価格はオール2,999円均一!というのもうれしいポイント。

■生木購入時の注意点

ここではIKEAの本物のもみの木を購入する際に気をつけたいことを解説!

・ツリースタンド必須

生のもみの木はそのままでは自立しません。初めて購入する際にはIKEA店内で売っているツリースタンドを別途購入することが必須です。一個買っておけば毎年使えるので経済的ですよね。

・軍手があると手が傷つかない

実物のもみの木はトゲトゲしていて素手で持つとケガのもと。しっかり吟味するためにも、自前の軍手を持って行って枝ぶりなどを確かめましょう。購入時にも厚手の軍手があれば持ち運びしやすく安心です。

・電車やバスでの持ち帰りは難しいので車で

もみの木を購入するときはIKEA店内に用意されている新聞紙やガムテープを利用してぐるぐる巻きにして包みます。とっても大きくて重たいので、公共交通機関での持ち帰りはおすすめできません。購入時は複数人で車で行くようにしてくださいね。
また、落ちた葉などで車内が汚れないようシートなどを敷いておくと安心でしょう。

・楽しんだ後はIKEAに返却できる!

クリスマスが終わったらどう収納&処分すれば良いの?なんて心配な声も聞こえそうですが、実はIKEAでは使い終わったもみの木を年始に返却することができるんです。
購入時にもらった「ツリー購入証明書」といっしょに持参することで、IKEAクーポンがもらえるといううれしいサービスつき。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]