Baby&Kids

何でもそつなくできる子には意識的にお母さんの愛情を伝えよう

vol.1663【1日1成長お母さん】一日一回ハグすると子どもにお母さんの愛情が届き、心が安定する

どんな子もお母さんに褒められ認められることで喜びとなり安心感を得る

子どもには様々なタイプの子がいます。天真爛漫な子、行動力溢れる子、優等生タイプの子、繊細な子、努力家な子など。
どんな子も共通して言えるのはお母さんに褒められ認められることが喜びとなること。子どもを認める機会を増やしましょう。
認める機会が増えれば増えるほど子どもの自信にもなり安心感にも繋がります。
1日1回抱きしめることだけでもいいのです。大好きというお母さんのメッセージを伝え続けましょう。
 

うちの子はしっかりもの?お母さんが気づかぬうちに子どもは頑張っている

Kくんは6歳の男の子。お母さんの話をよく聞き理解力も高い優等生タイプ。
お友だちのお母さんにも「Kくんはしっかりしている」と言われることもあります。ただKくんのお母さんはそんなにしっかりしているのかな、やって当たり前のことをやっているだけと思っていました。
でも実は優等生タイプは、無意識のうちに頑張っている頑張り屋さんタイプ。
やって当たり前と思っていることもKくんの頑張りの結果なのです。その頑張りを認める方法として1日1回はハグをしましょう。
 

Recommend

【医師監修】尿漏れ、骨盤のゆるみetc… 相談しにくい産後の悩みの解決法!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]