© 2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

News

【10組に当たる】2/23から『リサとガスパールのおもいで展』開催!

「リサとガスパール」の日本デビュー20周年を記念し、2月23日(祝・火)~3月3日(水)の期間、銀座松屋にて『リサとガスパールのおもいで展』が開催されます。未公開作品を含む150点以上の原画やスケッチや、キャラクター誕生のきっかけとなった”赤い手帳”などを公開。期間限定のコラボカフェもオープンします。入場チケットの読者プレゼントもあるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

■リサとガスパールは日本デビュー20周年!松屋銀座 8階で展示開催☆

うさぎのような犬のような素朴でキュートな「リサとガスパール」は、パリで生まれた人気絵本キャラ。作品の主人公は、おしゃまで好奇心旺盛な女の子”リサ”と、優しくてちょっぴりナイーブな男の子”ガスパール”。いつもいっしょに遊んだりいたずらしたり…とっても仲良しなふたりの絵本は、1999年にフランスで発表され、翌2000年には日本デビュー!以来、40作にもおよぶ日本語版絵本は、累計200万部以上もの販売実績をほこる人気作となっています。

© 2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

リサとガスパールは、2020年で国内デビュー20周年!それを記念して、2月23日(祝・火)から3月3日(水)の期間、松屋銀座8階 イベントスクエアにて『リサとガスパールのおもいで展』が開催されます。ここからは、展示の見どころを紹介します。

■『リサとガスパールのおもいで展』見どころ紹介

・未公開原画150点以上、リサガス誕生のきっかけ「赤い手帳」を公開!

© 2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

今回展示されるのは、日本初公開となる原画やスケッチが100点以上!絵本誕生からリリースされた40作のなかから、”おもいで”をキーワードに展示作画が選ばれています。
また、リサとガスパール誕生のきっかけともなった「赤い手帳」も公開。奥さんのアン・グットマンさんが欲しがっていた「赤い手帳」に旦那さんのゲオルグ・ハレンスレーベンさんが愛らしい不思議な生きものを描いてプレゼントし、そのイラストから奥さんはリサとガスパールにつながる物語を考えたそう。リサとガスパールが絵本になる前の初期スケッチは必見ですよ。
素朴でやさしく、色鮮やかなリサとガスパールの世界観を、ぜひその目で確かめてみてくださいね♡

・作家のアンさん・ゲオルグさんの最新インタビュー映像も!

Photo by Tiphaine de Gesincourt

リサとガスパールの作者、ストーリーとブックデザインを手掛けるご夫婦のアン・グットマンさんと、絵を描いているゲオルグ・ハレンスレーベンさん。作者のふたりの最新インタビュー映像が見られるのも、本展示会の見どころです!

・期間限定!「リサとガスパールカフェ」でお腹も胸もいっぱいに♡

展示会の開催期間限定で、松屋銀座の8階MGカフェに「リサとガスパールカフェ」もオープン!展示会で胸いっぱいになったあとは、ぜひカフェでお腹もいっぱいに満たしてみてくださいね♡リサとガスパールの魅力たっぷりのカフェで過ごす時間は、絵本の世界にひたれる幸せなひとときになるでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]