Lifestyle

【まいにち和菓子ごよみ】牛乳を使った洋風なお煎餅って?【3月21日】

毎日更新「大福くんのまいにち和菓子ごよみ」。人気キャラクター【大福くん】とその仲間たちの、和菓子にまつわる疑問を和菓子コーディネーターのせせなおこさんがお答えします。お子さんと一緒に和菓子を食べながら、まったりゆったりと読んでみてくださいね♡


■牛乳を使った洋風なお煎餅って?

出典:Photo AC ※写真はイメージです

北海道にお店を構える千秋庵の銘菓、「山親爺(やまおやじ)」。千秋庵は幕末の函館で誕生しました。

函館の開港により、洋風の材料が手に入るようになり、白玉粉と小麦粉、バター、そしてお水の代わりに牛乳で練りあげて作るさっくりした食感が特徴の洋風なお煎餅が生まれました。

山親爺ができたのは昭和の初め。北海道中に暖簾分けされた千秋庵に伝わりました。ちなみに、「山親爺」というのは熊の愛称なんだそうです。
 

▼和菓子の豆知識を教えてくれたのは……?

全国の和菓子情報を集めた・和菓子メディア「せせ日和」を運営する、和菓子コーディネーターのせせなおこさん。


▼せせなおこさんのSNSもチェック!▼

TwitterInstagram




 

■【今日は何の日?】大福くん公式インスタグラムでチェック!

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大福くん【公式】(@daifukukun.tsutsumi)がシェアした投稿


大福くんの公式インスタグラム(@daifukukun.tsutsumi)では、毎日「今日は何の日?」が紹介されています。
1か月前の2月21日は漱石の日だったみたい♡ 「まいにち和菓子ごよみ」と合わせて、大福くんの公式インスタグラムもぜひチェックしてね!

▼大福くんの公式インスタグラムをチェック!

公式インスタグラムはコチラ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]