Baby&Kids

イヤイヤ期は「イヤ」というのがお仕事。気持ちを受け止めればOK

vol.1745【1日1成長お母さん】全て子どもに合わせなくてOK!でも気持ちはしっかり受け止めて

事前に分かっていても驚くほど「イヤ」しか言わないのがイヤイヤ期

子どもは2歳ごろになると、突然「イヤ!」と言い出します。いわゆるイヤイヤ期です。たとえお母さんが“イヤイヤ期は何でもイヤと言う”と理解していても、着替えも食事も遊びも「イヤ」、なだめてもおだてても怒ってしまっても「イヤ」の一点張りです。これでは育児だけでなく家事も用事も進まないので、毎日が疲労困憊というお母さんも多いのではないでしょうか。

「イヤなんだね」ということで意思表示はしっかり受け止められる

子どもが「イヤ」というのは意思表示です。うまく言葉が話せない子どもは「イヤ」と言うことで自分の意思を受け取ってもらおうとします。また、この時期の子どもは活発に行動し、いろいろな経験を重ねています。自分がどうしたいかうまく話せないけれど「イヤ」で自己主張をするのです。このとき、全て子どものいいなりになる必要はありません。しかし、自己主張だけはしっかり受け止めてください。例えば「イヤなんだね」と答えることで受け止めることができます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]