出典:photoAC

Lifestyle

【スニーカーの手入れ】正しい方法知ってる?素材別に解説します!

歩きやすくどんなスタイルにでも合わせやすいスニーカーは、日ごろから愛用しているという方も多いでしょう。しかし、汚れたままはいていると、せっかくのスニーカーが台無し。正しいお手入れをして長くはきたいですよね。人気のナイキやニューバランス、アディダスなど多数のブランドから、さまざまな素材のスニーカーが発売されていますが、今回は、そんなスニーカーをタイプ別に、手入れに必要な道具から工程まで紹介していきます。

スニーカーを長持ちさせる秘訣は、購入後のあるひと手間!ぜひ実践してみてくださいね♡

■スニーカーの手入れですべきこととは?

スニーカーを長持ちさせるためにしておきたい、手入れについて見ていきましょう。

・スニーカー購入後はすぐにこれをしよう!

出典:@ __miyulna__さん

スニーカーの汚れの付着を防ぐために、購入後はすぐに防水スプレーを全体に吹きかけることがおすすめです。防水スプレーは、防水効果だけではなく汚れがつきにくくする効果もあります。
全体が湿るくらいまでたっぷりと吹きかけて、風通しの良い場所でしっかり乾かしましょう。このひと手間で、スニーカーの持ちが格段に良くなりますよ。

・日々の手入れのポイントをレクチャー

出典:photoAC

泥や砂でスニーカーに汚れが付着してしまった場合は、染み込んでしまう前に取り除きましょう。布地の部分についてしまった汚れは、水で濡らしてしぼったタオルやぞうきんで拭き取ります。
ソール部分についてしまった汚れは、消しゴムで落とすことができますよ。消しゴムでもなかなか落ちない汚れの場合は、古ハブラシやメラミンスポンジでこすってみましょう。
また、はいているうちにスニーカーがヨレて、型崩れしてしまうと、シワになっている部分が黒くなったり、汚れがつきやすくなったりしてしまいます。型崩れを防ぐためにシューキーパーの使用がおすすめです。

・自宅でのスニーカーの洗濯の仕方やその後のアフターケアは?


自宅でのスニーカーの洗濯は、素材によって違うのでそれぞれ素材を確認してから行ってください。布製のスニーカーや上ばきは、専用のネットを使用してそのまま洗濯機にポンっと入れるだけで簡単に洗うこともできますよ♡ 
アフターケアで大切なのは、スニーカーの大敵とも言える湿気を防ぐことです。洗濯後に乾かすときは、中敷きや靴ひもは外した状態でスニーカーの中までしっかりと乾かしましょう。
スニーカーを収納する靴箱も湿気が溜まりやすい場所です。なるべくオープンタイプのシューズラックを使用したり、定期的に靴箱の扉を開けて換気したりと対策をとりましょう。

■【布製スニーカー】手入れガイド

出典:photoAC

一般的に多く見られる、布製のスニーカーの手入れ方法について紹介します。

・必要な道具 

・中性洗剤
・靴用ブラシ
・バケツ
家庭にあるもので手入れが可能です。靴用ブラシがない場合は、古ハブラシで代用可能。

・・手入れの方法

布製のスニーカーは水洗いができるので、手入れも比較的楽です。手順は次の通り。
1.中敷きと靴ひもを外す
2.靴底の砂や小石を取り除く
3.スニーカーを水で濡らし、中性洗剤とブラシを使ってゴシゴシ洗う
4.バケツに水を溜めてすすぎ洗いをする
5.タオルやぞうきんで水気をとる
6.風通しの良い場所で完全に乾かす

・気をつけるポイント

ソールの部分はブラシで強くゴシゴシしてしまうと傷がついてしまう可能性があるので、汚れの付着がひどい場合は、消しゴムやメラミンスポンジで落としてください。
水洗いのあとは完全に乾かすことを忘れずに。中敷きと靴の間に水気が残っているとカビの原因にもなるので注意が必要です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]