Baby&Kids

2歳のイヤイヤ期、頑張らない声がけで成長を楽しもう!

vol.1853【1日1成長お母さん】イヤイヤは成長の証!ありのままの実況中継が心の成長を助ける

お母さんが頑張りすぎなくても子どもの心に寄り添うことができる

2歳は歩く・走る・飛ぶなどの基本的な運動能力が著しく伸びる時期です。できることが増える一方で、すぐにかんしゃくを起しやすくなります。“やりたいこと”と“できること”にギャップがあるからです。何を言っても泣きつづけて手がつけられなくなることもあるでしょう。お母さんの方が泣きたいと思うこともあるものです。そんなときは、無理に優しい声がけをする必要はありません。見たままを伝えることで、頑張らなくても子どもの気持ちに寄り添えるのです。
 

泣いている原因は何かな?実況中継が事実と感情を整理してくれる

実は、子ども自身も泣いているうちに原因が分からなくなっていることが多いのです。状況を整理する意味でも、お母さんが見たままを実況中継してあげると良いのです。「積み木を並べたかったのね」「できなかったね」「だから投げたのね」「悔しかったね」こんな風に実況されることで、子どもは起きた事実を理解し、それに対する自分の感情を知ることができます。さらに、一部始終をお母さんが見てくれていたという満足感や安心感にもつながります。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]