Baby&Kids

「○○したい」には「いいよ」で返そう!約束を守れる子になる

vol.1880【1日1成長お母さん】子どものしたいことを受け止めると子どもがルールを守り出す

子どもが駄々をこねたら大声で叱るよりその要望を受け入れてみよう

すっかり日が暮れても遊んでいて帰ろうとしない、スーパーでお菓子を買ってほしいと大声で駄々をこねるなど、子どもの行動に困ることがありますね。お母さんは早く夕食を食べさせてお風呂に入れないといけないのに、毎回お菓子ばかりを買いたくないのに、と考えることでしょう。つい大声で叱ってしまい、子どもが泣きじゃくってさらに事態が悪くなったなんてこともあるかもしれません。そんなときは一度、子どもの要望を受け入れてみましょう。
 

魔法の言葉「いいよ」が苦手なルールを守れる子どもへと変えていく

4歳のMくんは食後にトイレに行く約束をしていますが、言われてもなかなか行こうとしません。漏らしてしまうこともあり、お母さんは叱ってばかり。ある晩夕食の後に「ねぇお母さん、絵本読んでー」と言うMくんにお母さんは「いいよー」と答えます。いつもと違う反応にMくんは「いいの?」とビックリ。お母さんは続けて「トイレに行ったらね」と言います。「えー、わかった」と言って走っていくとMくんはトイレを済ませ、親子で絵本も楽しめました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]