出典:@rie__homeさん

Lifestyle

加湿器だったら加熱式が推し♡メリットやおしゃれなおすすめ商品も

乾燥対策やウイルス対策で加湿器の購入を検討している人はいませんか。加湿器は加熱式や超音波式など、さまざまな種類があります。今回は加熱式加湿器を使うときに気をつけたいことや、超音波式との違い、メリット・デメリットなどについてまとめました!最後にはおすすめの商品も紹介するので、加湿器を探している人は参考にしてくださいね。

まずは加熱式加湿器のメリット・デメリットからみていきましょう。


 

■加熱式加湿器のメリットとは?お掃除が簡単で使いやすい

出典:photoAC

加熱式加湿器のメリットは、加湿スピードがはやく加湿能力が高いことです。加熱によりタンク内の水を沸騰させ、蒸気を出す仕組みになっています。実際に水を沸騰させるので、ほかのタイプの加湿器よりも格段に加湿スピードがはやいのです。
また、フィルターが不要なこと、タンク内の水を沸騰させていることなどから、カビや雑菌が発生しづらいのも特徴のひとつ。加熱式加湿器はシンプルな構造なのでお掃除が楽なのもメリットと言えるでしょう。

■加熱式加湿器のデメリットとは?

出典:photoAC

加熱式加湿器はほかのタイプの加湿器に比べると電気代が高い傾向にあります。ヒーターで水を加熱・沸騰させて蒸気を出すので、消費電力が上がってしまうのです。加湿器のタイプごとにみてみると、その差は歴然です。
加熱式:最大消費電力約130W~260W
気化式:最大消費電力約4W~20W
超音波式:最大消費電力約25W~40W  
と、200W以上の差があります。1時間あたりの電気代に換算すると、気化式、超音波式は1円以下なのに対して加熱式は約7円です。電気代を抑えたい方や、お掃除の頻度が高くても大丈夫という方は、気化式や超音波式の加湿器を検討してみてもいいかもしれません。
また、電気代以外にもやけどの恐れがあります。小さな子どもやペットがいる家庭では、チャイルドロック機能つきの加湿器を選んだり、設置場所に気をつけたりなどの配慮が必要になりそうです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE