FacebookInstagramYouTube
子どもの行動を改善するには、注意は3回までにしよう

Baby&Kids

子どもの行動を改善するには、注意は3回までにしよう

肩に手を置いて伝えることで、理解力アップ!愛情といっしょに伝えよう

夢中で遊んでいるときや気持ちが他に向いているとき、遠くから大きな声で何度も注意したところで耳に入ってきません。まずは子どものそばに行き、向き合って伝えることが大切です。肩に手を置いたり、手を握ったりして体に触れながら伝えると、より効果的です。タッチングの効果により、注意に集中することができ、理解力も上がります。タッチしながら伝えると、その温もりで愛情も感じられるのでおすすめですよ。

今日の1日1成長

子どもの行動を改善するには、同じ言葉で3回やってほしいことを伝えよう
子どもの聞き入れる力も1成長、お母さんの伝える力も1成長。
小倉圭子(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

沐浴のタイミングはいつ?お風呂に入れる手順や頻度、準備するもの

Baby&Kids

2024.01.13

沐浴のタイミングはいつ?お風呂に入れる手順や頻度、準備するもの

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE