出典:@ wear___tomoさん

Fashion

2022雨の日コーデ12選!通勤、デート、休日などシーン別・アイテム別に紹介します

雨の日でもおしゃれを楽しみたい、大人女子のためのコーデ実例集2022年版です!

暖かくなったと思ったらすぐにやってくる梅雨。この時期は雨の日が多く、なかなかお気に入りの服が着られない、という方も多いのではないでしょうか?「もっとおしゃれを楽しみたいのに…」と気分まで下がってしまいますよね。今回はそんなお悩みを解決すべく、雨の日におすすめのコーデ実例をシーン別に紹介!大雨のときでも安心のアイテム選びのポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■雨の日コーデのポイントは?

雨の日のコーデのポイントは4つ。素材や色柄、小物使いがキモです。ぜひアイテム選びの参考にしてくださいね。

・撥水性、速乾性、防水性を重視する

出典:photoAC

雨の日コーデで大切なポイントは、撥水性や速乾性の高いアイテムを選ぶこと。万が一雨がかかってしまっても、撥水効果のあるものなら服が濡れた不快感もなく快適に過ごせます。また、速乾性があれば多少濡れてもすぐに乾いてくれるので安心です。
さらに防水性の高いアイテムなら、そもそも濡れる心配がありません。特に雨が強い日は、レインコートの着用がおすすめです。おしゃれなデザインのレインコートもたくさんあるので、梅雨に備えて購入するのも手かもしれません。

・濡れても大丈夫!手入れしやすい素材の靴を選ぶ

雨の日に靴が濡れてしまうのはしょうがないことです。濡れることを前提として、靴はケアしやすい素材のものを選ぶようにしましょう。濡れても靴の中まで染みてこない、水を弾いてくれるような素材がベストです。エナメル素材は水を弾いてくれて、よごれが付着してもサッと拭き取るだけで簡単に手入れができるのでおすすめ。
特に大雨の日は、防水効果に優れたレインブーツが良いでしょう。最近はスニーカーやブーティーのような見た目のものなど、レインブーツもさまざまなデザインがあるので、お気に入りを見つけてみては?

・濡れ感やよごれが目立ちにくい色柄のアイテムが◎

傘を差していても、アウターやボトムスが濡れてしまうこともしばしば。そんなケースに備えて、雨の日は濡れても色の変化が少ないカラーのアイテムをチョイスしましょう。また、濡れたときに透けやすい白色や薄手の服は避けた方がベターです。
泥がはねることも想定して、よごれが目立ちにくい柄ものをチョイスするのも良いでしょう。細かい総柄のものは特によごれが目立ちにくくおすすめです。

・髪の広がりが気になるなら帽子やヘアアイテムも駆使してみて

出典:mamagirlLABO@ gumimikokoさん

湿気によって髪が広がりやすい・うねりやすいといった方は、帽子やヘアアイテムを使ってカバーしちゃいましょう!バケットハットやキャップなどをかぶれば、湿気の多い雨の日でも髪を落ち着かせることができます。
帽子は避けたいシーンなら、大きめのカチューシャやヘアターバンでヘアセットをするのもおすすめ。うねりを逆手にとったヘアアレンジや、アップヘアにしてしまうのも◎

■雨の日のおすすめコーデ【通勤編】

いくら雨が強くても、仕事には行かなければならないですよね…。少しでも快適に、雨でどんよりしがちな気分も上がるような、おすすめの雨の日コーデを紹介します。

・ドット柄で気分もかわいらしさもアップ♡

出典:mamagirlLABO@ yonnieinsさん

まずはドット柄のブラウスとブラックのパンツを合わせた通勤コーデです。全体がブラックカラーなので、雨に濡れても透けたり色染みが目立ったりする心配がありません。
ただのブラックコーデでは重たい印象になりやすいので、柄つきのブラウスを取り入れると良いでしょう。柄はドットでも、小花柄でもストライプでもなんでも◎中でも、雨モチーフっぽいドット柄を、あえて雨の日に取り入れるのがおすすめ。かわいいドット柄でどんより気分を吹き飛ばしましょう♡

・白シャツが透けないようにジャケットで雨よけも◎

出典:ノーカラージャケットのコーデ例10選!色別・季節別にご紹介@ toooooko_99さん

職場の雰囲気に合わせて白シャツで清潔感ときちんと感を保ちつつ、雨対策もしたいならジャケットを羽織るのがおすすめです。シャツが濡れるのを防いでくれるので、透けてしまう心配もありません。
足元はエナメル素材のパンプスや、サッと拭きやすいミュールを選ぶと良いでしょう。また、職場にパンプスを置いておけば、レインブーツで通勤してはき替えることもできますよ。

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]