出典:Pixabay

Beauty

練り香水のふわっと香る使い方!肌や髪に♡長持ちするつけ方や注意点も解説

練り香水は肌につける以外にも、使い方がいろいろあるんです!いろいろな使い方を伝授します。

練り香水は、容器に入ったジャータイプやスティックタイプなど形もさまざま。バッグからさっと取り出せるコンパクトサイズのものが多いので、荷物を少なくしたい女子にはありがたいところです。今回は練り香水の基本の使い方からおすすめ商品、香りを長持ちさせるコツやつける際の注意点まで幅広く紹介していきます。

■練り香水ってどんなもの?一般的な香水とどう違うの?

出典:photoAC

練り香水は、知っているけど使ったことがないという方もいるのではないでしょうか。一般的な香水の特徴や違いについてみていきましょう。

・いわゆる固形型の「香水」

練り香水とは、ワックスやシアバターなどのベースとなる素材に香り成分を混ぜた、固形状の香水のことです。ベース素材には保湿効果があるので、香水として楽しめるだけでなくスキンケアできるのも特徴のひとつです。別の名を「ソリッドパフューム」とも言います。

・やさしく香って控えめに広がる♡一般的な香水との違い

液体状の一般的な香水との大きな違いは、香りの強さと広がり方です。一般的な香水の香りは強く広範囲に広がり、かつ持続時間が長いです。練り香水の場合は、香りは控えめで広がりの範囲は狭く、持続時間は短い特性があります。やさしい香りを好まれる方には練り香水がおすすめです。

■練り香水はどこが魅力?

出典:Pixabay

練り香水は良いところがたくさんあります。どんな魅力があるのかお伝えしましょう。

・お肌の弱い方にも◎低刺激でスキンケア効果アリ

一般的な香水のベースはアルコールなので肌への刺激が強いですが、練り香水で使われているベースはシアバターやミツロウ。スキンケア商品にも使われている天然成分なので、肌にやさしいものが多いです。アルコールアレルギーの方や敏感肌の方でも、肌荒れの心配は少ないでしょう。

・香りがマイルドで上品に香ってくれる

練り香水はふわっと軽やかな香り方なので、さまざまなシーンで使えるのがメリット。香水を楽しみたいけど周りに気を使わなければいけないオフィス勤務の方や、小さいお子様がいる方などに向いています。

・軽量で持ち歩きもしやすい

持ち運ぶのに便利な、手のひらサイズのものが多い練り香水。固形なので、一般的な香水のように漏れ出てしまう心配もありません。バッグに忍ばせておいて、香りが弱くなったと感じたらさっと塗り直すこともできます。

・つけたときから香りが変わりにくい

一般的な香水は、原料のアルコールが揮発すると同時に、トップノート→ミドルノート→ラストノート、と徐々に香りが変わっていきます。しかしアルコール不使用の練り香水は、最初に肌につけたときからほとんど香りが変わりません。お気に入りの香りをずっと楽しめるのもメリットでしょう。

・シーンや時間帯によって香りを変えることもOK

練り香水は、重ねづけしたとしても香りが強くなる心配はありません。香りの持続が短時間であることを活かして、午前は目が覚めるような爽やかな香り、午後はリラックスできるフローラル系の香り…のように、1日のうちで気分転換するのもいいですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]