FacebookInstagramYouTube
別れたくないときの成功例!彼氏・彼女の別れのサインや説得方法、体験談も

出典:PIXTA

Lifestyle

別れたくないときの成功例!彼氏・彼女の別れのサインや説得方法、体験談も

別れを意識している恋人と別れたくないときはどうすればいいのか、別れずに済んだ成功例を紹介します。別れが近づいているサインや相手の説得方法などをチェックしていきましょう。彼氏や彼女と別れそうな予感がするとき、大好きな相手なら「どうしても別れたくない!」と思うでしょう。そんなときに知りたいのが、別れを回避する方法の成功例。彼氏・彼女からの別れたいサインを感じたときに、説得に成功したケースや引き留めに成功したという実際の体験談を紹介します。
※ 本サイトはプロモーションが含まれています。

▼彼と別れずに幸せになりたい…そんな時は「エキサイト電話占い」で相談!

アフィリエイトリンク

彼との距離を感じているけど、身近な人には相談しにくい…そんな時は1人で悩まず、誰かに話すことで必ず解決の近道を見つけられるはずです。「エキサイト電話占い」は第三者の目線であなたの気持ちに寄り添ってくれます。 数多くの有名占い師が在籍しているのでぜひ相談してみてください。

初回合計最大8500円分無料
公式サイトでチェック!

PR:エキサイト

■彼氏・彼女が別れたいと思っているときのサイン

出典:PIXTA

自分は別れたくないとは思っていても、相手が別れたいと思ってサインを出していることも。まずは別れ話が出る予兆、彼氏・彼女が別れたいと思っているときのサインについて知っておきましょう。

・連絡の回数が減る

電話やLINEなどの連絡の回数が減っているのは注意したいポイントです。普段からあまり連絡を取らない人の場合はそれほど気にはなりませんが、つき合い始めてからずっと連絡頻度が変わらなかったのに明らかに減ったとなると、何か理由がある可能性が高いです。

・デートを断られる

仕事や生活環境に変化はないのに、あいまいな理由でデートを断られるようになるのは何かがあるサインです。相手の中で自分の優先順位が下がっている可能性があります。

・態度が変わる

出典:PIXTA

いっしょにいても楽しくなさそう、表情が暗いなど、相手のテンションが低いことが続くと、別れが近い傾向にあります。同じように、会話をしていてもそっけない、あまりしゃべらなくなったなども、関係の終わりが近づいているサインです。
コミュニケーションを取らなくなるということは、2人の関係が壊れても構わないと思っている可能性があります。

・異性の影を感じる

相手のSNSや会話の端々に異性の影を感じるときは要注意です。気持ちが他の女性(男性)に向いてきている可能性があります。日頃の様子に明らかな変化が訪れていないか、注意深く観察してみましょう。

■彼氏と別れたくない・彼女と別れたくない人必見!別れ話の説得の成功例8つ

「彼氏と別れたくないなら粘るのみ!」「彼女と別れたくないから考え直す時間をとった」など、別れ話を切り出した相手を説得して関係の修復に成功したという方も。
ここからは、別れたくないという気持ちから相手を引き止めた成功例を、成功のポイントと共にご紹介します。

・本音で話し合った

出典:PIXTA

「会ってもそっけない態度が増え、別れの危機を感じました。そのうち、別れを匂わせるLINEを送ってきたりデートを断られたりが増えてきたので、一度直接会って話し合うことに。彼が今まで私に隠していた本音も話してもらい、直す努力をするということで再出発を提案しました。その結果、無事やり直すことができたのです。」

相手と別れたくないときは、まず話し合いで本音を引き出すことが重要です。提示された自分の悪い部分を怒らず認めることで、相手も本音を言いやすくなります。まだ相手から直接的な別れを切り出されていないのであれば、最後のチャンスだと思って話し合いに挑みましょう。

・好きな気持ちや感謝をしっかり伝えた

「彼女から、一方的に好きでいるのに疲れたから別れようと言われました。好きな気持ちを口に出すのが恥ずかしくて、普段は言えない代わりに態度で示しているつもりだったのですが、相手には伝わっていなかったようです。本当に好きで別れたくないことや感謝の気持ちを伝えて、説得を成功させました。」

もちろん態度も重要ですが、言葉にしないと伝わらないことも多いでしょう。基本的な「ありがとう」「ごめんなさい」の言葉はもちろん、好きだという気持ちも日頃から伝えていないと、相手の中では不安が募ってしまいます。

・とにかく相手の話を聞いた

出典:PIXTA

「付き合い始めて3年が経ち、倦怠期に入ったのか2人の間に会話がなくなりました。お互いの間に流れるもどかしい空気を感じていた中、彼から別れ話をされました。倦怠期とはいえ、私は彼と別れたくなかったので一度話し合ってみることに。じっくりと彼の話を聞く時間を作ると、彼も話をしたことで吹っ切れたようで、無事交際を続けられることになりました。」

倦怠期のコミュニケーション不足からくるすれ違いで、別れを選択するカップルは意外と多いもの。改めてお互いの気持ちを伝えあうことで、再び心の距離が近くなることもあります。倦怠期だからと諦めるのではなく、向き合って会話してみると◎です。

・自分の悪い部分を直した

「デートに遅れた彼に「ちゃんとしてよね」と冗談で言ったところ、「普段時間にルーズな君に言われたくない」と別れ話に発展しました。思い返せば彼の優しさに甘えて、待ち合わせに遅れることが多かった私。素直に謝り、具体的なこれからの対策を伝えました。彼は私を信じて別れを撤回してくれました。」

気づかなかった自分の悪いところが原因で別れ話になることも。自分の悪いところは素直に謝り、具体的に改善策を提示してみましょう。誠心誠意伝えれば、気持ちはきっと伝わりますよ。

・冷却期間を設けた

出典:PIXTA

「彼氏から別れを切り出されました。直接会うと感情的になってしまいそうなので、少しだけ冷却期間を置いてほしいとお願い。じっくり考えたうえでやっぱり別れたくないと思い、彼氏と話し合いました。この冷却期間が彼氏をやり直したいという気持ちに変えてくれたようで一安心です。」

別れたくないときの成功例で多く上がっているのが、冷却期間を置くことです。どうしても別れ話を切り出されると動揺して詰めよってしまいたくなります。冷静な判断をするためにも、一度距離を置いて再度話し合いましょう。目安は3カ月、復縁のためにも耐えぬきましょう。

・諦めず説得した

「彼女のことが本当に好きだったので、別れを告げられたときはショックで涙がこぼれてしまいました。彼女を説得しながら涙が止まらなくなってしまい、彼女もそんなに思ってくれるのならと別れを回避できました。」

まず諦めないという気持ちを持つことが大切です。相手が衝動的に別れを切り出している可能性もあるかもしれません。思いの丈をぶつけて、仲直りする可能性を広げましょう。

・一旦別れを受け入れた

出典:PIXTA

「1人になりたいと別れ話をされ、一度彼氏と別れることにしました。しかし、彼氏は時間が経って後悔したのか復縁することに。別れ話をされたときに本当は泣きたかったのですが、取り返しがつかなくなりそうだったので堪えました。結果、彼も本当に別れたかったわけではなかったようで、元通りになりよかったです。」

別れを受け入れるのは一見リスクの高い戦法ですが、相手に動揺を与えたり、相手の「別れたい」という気持ちを尊重した形になったりと思わぬ効果を発揮します。結果、別れないという選択になりやすいので、勇気をもって一旦別れてみるのも◎です。

・別れそうになっている原因を探った

「彼女の転勤を機にすれ違いの生活が続き、予定を擦り合わせるのが面倒に感じていました。自然と別れ話が出ましたが、やっぱり別れたくないと思い、お互い今の生活を整えるためにも距離を置くことに。その後、無理に擦り合わせることがお互いストレスになっていたことに気づき、最適な距離感を見直しました。今ではお互いに心の余裕も保てるようになり、関係も充実しています。」

別れの前兆があるときは、別れそうになっている原因を探すのも大切です。会えなくて別れた後、後悔してしまうこともあります。そうならないためにも、さりげなく探りを入れてみましょう。原因が改善できれば、別れを回避できる可能性も上がりますよ。

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 「これかけちゃったらハマるよ!」【成城石井】万能すぎる胡麻だれが話題に!
  • 【焼肉の献立レシピ】合うおかずやサイドメニューは?主食・副菜・スープまで
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【背筋の鍛え方】女性でも簡単!おすすめの背中の筋トレ方法を紹介!

Ranking
[ 人気記事 ]