ルールで縛るといずれ窮屈になる、マナーを教えると考える力が育つ

Baby&Kids

ルールで縛るといずれ窮屈になる、マナーを教えると考える力が育つ

同じ“待つ”行為でも理由が違う?!



仲良し3家族で外食に行ったときのこと。Aちゃんが頼んだメニューがなかなか来ません。先にメニューが来ているBちゃんは待ち切れずお母さんに「もう食べていい?」と聞くと、お母さんは「まだAちゃんのメニューが来てないからだめ!」と言いました。一方Cちゃんは自分から「Aちゃんがまだ来てないから待ってる」と言って一緒に待っています。BちゃんとCちゃん同じ“待つ”でも何か違いますね。



 

理由が「だめ!と言われたから」では何度も言わなければいけません



Bちゃんは同じような場面ではいつも「食べていい?」とお母さんに聞いているのでしょう。Bちゃんが待つ理由は“お母さんがだめと言ったから”なので毎回良いかどうか聞かなければいけません。一方Cちゃんの待つ理由は“Aちゃんがまだ食べられないのがかわいそうだから”です。CちゃんはAちゃんの気持ちを自分で考えて行動しているのです。お母さんも何度も同じことを言わなくても済むのでとっても助かります。



 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]