投稿写真:「娘の來愛2歳です」(綾奈・24歳)

Baby&Kids

子育てに迷うお母さんが一瞬で笑顔に変わる!魔法のようなリフレイム法

vol.316【1日1成長お母さん】子どもの困った行動に悩んだら見方捉え方を変えてみよう、きっと心が軽くなる

子どもの困った行動、ダメなところ、マイナスなところばかりが気になってしまう

「うちの子どうしてこんなに甘えん坊なのかしら?」「なぜ落ち着きがないのかしら?」お母さんは比べるつもりはないものの、周りの子どもと我が子の違いに心配で仕方ありません。Nちゃんのお母さんも我が子の行動が気になっていました。「Nちゃんも来年は1年生。6歳にもなるのにいつも抱っこばかり、こんなに甘えん坊で大丈夫なのかしら?」

子どもの気になる行動、改善したい性格は人により見方、捉え方が様々です

Nちゃんのお母さんは、心配をしながらお友達のKちゃんのママに相談をしました。ところがKちゃんのママから意外な言葉が返ってきたのです。「6歳になってもみんなの前でも思い切り甘えられるなんて信頼関係がしっかり築けている証拠ね。素晴らしいことね!」Nちゃんのお母さんは思いもつかない言葉に驚いたのです。子どもの性格や行動は、捉え方を変えるだけでこんなにも子どもへの見方が変わるのです。

ポジティブへ視点を変えるリフレイミング。問題を深刻にしないくせをつけよう

物事をポジティブにとらえるための手法として「リフレイム」というものがあります。「リフレイム」とは「要約」すること。否定的な言葉を肯定的に言い換えながら捉え方をポジティブ変換していくのです。例えば失敗をして落ち込んでいる人に「いい経験ができたわね」このように伝えられたら、失敗した悔しい気持ちよりもこの経験を次へと繋げようと前向きになれるのです。

お母さんが笑顔でプラス思考なら、子どもも素敵な明るい子どもへと成長します

もしNちゃんのお母さんもKちゃんのお母さんのように、我が子を見ることができていたならば、そのような悩みや心配をしなくても済みますよね。お母さんが子どものことを心配すればするほど、それは子どもにも伝わってしまいます。物事をプラスの捉え方で見ることができれば、子育てもきっと笑顔で乗り切ることができるでしょう。

今日の1日1成長

リフレイミングでポジティブ思考に!笑顔で子育てを楽しもう!
子どもの素直さも1成長、ママのリフレイミング力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!