投稿写真:「娘の紗奈6歳です」(いずみ・36歳)

Baby&Kids

伸びる子の親がやっている簡単なこと。出来たことを認めるプラスの言葉がけ

vol.326【1日1成長お母さん】新入学に向けて、家庭学習は10分で十分。必要なのは褒め言葉!

6歳は自己肯定感(自信)が強さの基盤です。自立を促し温かく見守ろう

お正月を迎えると小学校入学を控えているご家庭では、心躍る期待と、新生活への少しの不安を感じているかもしれません。そんな思いは子どもも同じです。「大丈夫かしら?」「歩いて行けるかな?」「お勉強はついていけるのかな?」そんな不安をあおる言葉は今すぐ封印しましょう。「小学校楽しみだね」と希望を語ることで子どもも期待に胸をはずませるものです。

会話の中に興味を引くようなことを取り入れ、一緒にワクワクしましょう

学校に入学すると気になることがいっぱいです。授業中座っていられるのか?先生のお話を聞けるのか?宿題や持ち物は自分でできるのか?などと考えだしたらキリがありません。これらの力(集中力)を高めるには、まず好きなことを見つけることが大切です。好きなことを見つけるにも“興味”を持てなければ集中力は、起こりません。お母さんとの普段の何気ない会話の中で学校生活に心躍ることを話題にしてみてください。

同じ時間、同じ行動を!ルーティンで習慣化。短時間で終わりましょう

入学前に少しだけ家庭学習の練習をしてみる場合“同じ時間、同じ行動”でやってみましょう。ただし10分できっぱり終わらせること。学習はやることよりも、習慣づけることが大切です。長時間取り組めばよいものではありません。短時間で終わらせるほどいいのです。簡単に10分で終わったからといって「もう少しできるわね」は禁句です。子どもにとってあっけないくらいの時間で終わらせることで、勉強を「楽しい」と感じさせます。

出来たことを認めてあげよう!プラスの言葉で子どもは達成感を実感します

「楽しい」と感じることが毎日の継続を生み出します。リラックスした状態で集中力が上がります。お母さんが「こんなにできるんだね」と驚きや喜びを伝えることで子どもの達成感はさらに大きくなります。厳しく叱ると緊張と萎縮しか生みません。笑顔で出来たことを認めてあげることが子どもの意欲のエネルギー源となります。

今日の1日1成長

いつも見守られているという安心感で、やる気と集中力と達成感を高めます
子どもの集中力も1成長、ママの承認も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!