投稿写真「娘の結奈1歳です」(奈那美・29歳)

Baby&Kids

本当は8時に寝かせたいのに、ずるずると夜ふかしになっちゃう

vol.359【1日1成長お母さん】1日でしつけは出来ません。スモールステップで地道にしつける

自分の体を大切にすることは、自分を大切にすること

子育てにおいてもっとも大切なしつけの一つに健康のしつけがあります。健康とは自分の体を大切にすること。自分の体を大切にすることは、自分を大切にすることです。健康のために親ができることは、まずは規則正しい生活です。きちんと食べさせて、きちんと遊ばせて、きちんと寝かせる、そういった習慣をつけるのは、親の役目になります。

子どもは言っても聞きません。お母さんが率先してやってみせるのが一番

けれども、せっかくお母さんが、おふろや読み聞かせ、夕食の時間を決めても、その通りに行動してくれないのが子どもというもの。「イヤ!」「まだ眠くない!」とグズグズして、お母さんを困らせることもあるでしょう。「歯を磨くのをいやがる」という子も多いようです。しかし、習慣はルーティン化するのがいちばん。子どもはお母さんのまねをしたがりますので、お母さんが子どもより先にやってみせるとよいでしょう。

習慣づけにはスモールステップ法を活用する

たとえば、「歯を磨きなさい」という前にお母さんが先に歯を磨く。「早く寝なさい」というより、先に布団に入る。お母さんがお手本を示すと、案外スムーズに身につくものです。それでも、なかなか習慣化できないなら、スモールステップ法で少しずつ子どもに「できた!」という達成感を感じさせましょう。いつも10時に寝る子を8時に寝かせたいなら、最初は9時におやすみなさいを言う、それができたら8時半にベッドに入る、という風にハードルを下げてから始めるのです。

入園児の3歳と入学時の6歳が健康のしつけを見直すチャンス

いちばん習慣がつきやすいのは、幼稚園に入園した3才と小学校に入学した1年生のとき。幼稚園や学校に入ったばかりのときは、子どもが精神的にも肉体的にも疲れます。日中にすごくエネルギーを使うので、夜はすぐに眠たくなります。お母さんは、そのタイミングで時間を決めて、毎日同じように環境を作ってあげるとよいでしょう。

今日の1日1成長

言ってきかせるより、やってみせよう
子どもの健康も1成長、ママのしつけ力も1成長。
竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!