Baby&Kids

「どうしてママに当たるのよ」怒らず止めさせるためのオウム返し

vol.589【1日1成長お母さん】湧きおこる感情は受け止めてコントロールの仕方を伝えよう

葛藤を乗り越えることで理性が身につきます。見守り、できたことを認めよう

暴力や乱暴を振るってはいけないという理解は基本的なこと。だからと言って子どもが「人をぶってはいけない」「物を投げてはいけない」と言う約束を守り、感情的に暴力を起こさないようにしていることも出来て当たり前。それが“当然”のことのように、なにげなく見過ごしてしまいがちです。ですが、子どもにとって感情を抑え、相手を傷つけないようにすることは想像以上に大きな葛藤なのです。「我慢できたね」と認めましょう。

子ども同士の小さな社会を築く時、子どもにとってお母さんはあんしん保険

キッズスペースで遊ぶと初めて会う子もいます。「うちの子、大丈夫かな」心配でつい口を出してしまうこともあるでしょう。子どもはお母さんの力を借りず自分の力でお友だち関係を築きたいもの。どんな子も自分の力で仲間との関係が築ける自信が欲しいのです。生きていく上で人と関わるために大切な力を身につけるために見守りましょう。困った時、助けに行けるくらいの距離で見守ることが子どもの安心となりチャレンジできるのです。

「感情に任せて暴力を振ってはいけない」まずは一つ守れたら良しとしよう

仲良く遊べていたかと思うと泣き顔で戻ってくる息子。「どうしたの?」と聞くお母さんの顔をめがけて叩きます。「なんでお母さんが叩かれなくちゃいけないの?お母さん何かした?」慰めたい気持ちも痛みによって怒りに。それは感情を抑え、お友だちに対して攻撃してはいけないという理性が働いたため。自分をコントロールできた証です。“お友だちをぶってはいけない”を守れたと同時に感情を出しても良い相手も判断できたのです。

「どうしてさっきママを叩いたの?」子どもの理由に耳を傾けよう

とは言えお友だちを叩く代わりにお母さんが叩かれるのもちょっとつらいものがありますね。まずは「お友だちを叩かなったのね」と認めた上で「お母さん、痛いよ」と伝えます。そして「どうしたの?」と聞いてあげましょう。「あの子が出ていけと言った」と言う息子。「そう、あの子に出ていけと言われたのね」と繰り返しましょう。これをオウム返しと言います。お母さんが繰り返してあげると自分でお友だちに言葉で伝えられるようになります。

今日の1日1成長

子どもの感情的な行動は受け止めて。オウム返しで繰り返し、落ち着かせよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの傾聴力も1成長。
國枝愛実(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!