Lifestyle

IKEAのウッドデッキで魅せる3つのベランダアイディア

IKEAの人気商品のひとつRUNNENは、床に敷き詰めることで手軽にテラスやバルコニーをリフレッシュできるパネルです☆木製のタイプやコンクリート風のタイプがありますが、今回は木製のRUNNENというタイプを上手に活用し、ベランダやテラスをオリジナルの空間にしている例をご紹介します♪

1.ベランダを敷き詰めてリビングテイストにアレンジ

出典:@ madoka36さん

ベランダも室内と同じようにインテリアにこだわることができるんです!RUNNENを敷き詰め、好みの雑貨をディスプレイ。リビングでくつろぎながら、自分好みのベランダが見えたら一室増えたような気分かも♪

子どもにとってもリビングの延長♪

出典:@ hondanimisoさん

ベランダにウッドパネルを敷き詰めることで、子どももリビングの延長として遊ぶことができます。ベランダに一歩出ることで外の空気に触れることもでき、室内遊びとは少し違う特別感♪

2.100円ショップグッズと合わせてベランダガーデニング

出典:@ kaori.0914さん

Runenenを敷き詰めたあと、ディスプレイはほとんど100円ショップで揃えたというガーデニングテイストのこちら。棚もDAISO(ダイソー)の木材で手作りされたそうです。

ベランダガーデンでゆっくり朝食を♪

出典:@ nuts42さん

子どもの体調不良が続いた時などは外出できずに滅入ってしまうときもありますよね。ベランダにウッドパネルを敷き詰め、テーブルをセッティングしておけばいつもの朝食もまったく別物に。親子ともに気分転換できちゃいます♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]