Baby&Kids

1歳は生活の全てが実験!止めないでどんどんやらせよう

vol.660【1日1成長お母さん】触って欲しくないものは遠ざけて、好奇心とやる気を育てよう

1歳のいたずらがやる気を育てる。体験から得る学びを応援しよう

1歳になって歩き始め、少しずつ行動範囲が広がってくると、子どもは実に様々なことをし始めます。お母さんの足にまとわりついてくるようなかわいらしいことから、大人が想像もしないような驚きのいたずらまで。お母さんにとっては毎日がビックリの連続で、思わず声が出ることもあるかもしれませんね。実は1歳は実験が大好き。とにかくやってみるという体験を通して、日常の色々なことを吸収する学びの時期なのです。

お母さんをびっくりさせるようないたずらの中に、実は学びが詰まっている

「うちの子ビックリするくらい、いたずらばっかりで困ってるの」「とにかく毎日目が離せなくて」とKくんのお母さん。ハイハイの頃から活発だったとのことですが、歩き始めたらとにかく好奇心旺盛で何でも触ってはお母さんを困らせるとのことです。例えば「とにかくティッシュを全部出す、この前は気がついたらトイレットペーパーを転がして部屋中に散らかしていたんですよ」という具合です。

“やってみる→理解する”の繰り返しこそがやる気と集中力を育む

一見ダイナミックないたずらに見えるこれらの行為こそが、実は実験なのです。ティッシュを出す、トイレットペーパーを転がす、という同じことをひたすら繰り返すことで、子どもは物事の法則を発見しようとしています。それがやる気をぐんぐん育てるのです。また繰り返す行為は集中力の発露を助けます。やってみて「こうすれば出てくる」「こうすれば転がる」と理解する繰り返しの中で集中力も育っていきます。

おおらかに見守ることが鍵!危険なものは遠ざけて、できる限りやらせよう

1歳のこの時期は子どものやる気を育てるのにとても大事な時期。「何やってるの!」「あ〜あ、大変!」と止めたりせず、できる限りやらせてあげましょう。危険なものや触ってほしくないものは手の届かない場所に移動させ、子どもの好奇心とやる気を満たしてあげてください。親の方が対策を取ってできる限り自由に実験させると、やる気がぐんぐん育ちます。やる気は行動力の元。大きくなってからもきっと役立つ力が身につくことでしょう。

今日の1日1成長

1歳のいたずらには対策した上で自由にさせて、ぐんぐんやる気を育てよう
子どもの探求力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!