出典:@ rokochan1014さん

Lifestyle

大量消費!アレンジ自在!そうめんの人気アレンジレシピ

夏の代表的な食べ物のひとつ、そうめん。暑い日が続き食欲が落ちていても喉をとおりやすく、保存もきくので重宝する食材のひとつですね。
ですが、そうめんはシンプルな食べ物なのでいつも同じ食べ方では飽きてしまいます。夏になるといただく機会も増えるそうめんを、いつもおいしく食べられるとうれしいですね。
今回は飽きることなく食べられるように、そうめんの人気アレンジレシピをご紹介します。

◆基本のそうめんの食べ方

そうめんをおいしく食べるには、まずは基本の食べ方をおさらいしておきましょう。

出典:@ rie.mo.suさん

・茹で時間


そうめんを茹でるには大きなお鍋にたっぷりの水を用意し、沸騰させます。水の量は一束(50g)に水600mlです。箸でほぐしながら2分間茹で、好みの固さかどうか2本ほど取り確認します。好みの固さになったら火を止め、ざるにあげてから流水でよく洗って水をきります。

・つゆの作り方


そうめんは市販の麺つゆを使うのがお手軽ですが、昆布とかつおのだしを使ったつゆもいいですね。
4人分のつゆの作り方をご紹介します。

1.鍋に昆布20gと水を1L入れ、10時間ほど置きます。
2.昆布を取り出したら火にかけ、沸騰したら差し水で沸騰を抑えかつお節を30g加えましょう。
3.ひと煮立ちしたら火を止め、アクを取ります。
4.かつお節が沈み始めたらキッチンペーパーでこし、他の鍋にみりんを入れて火にかけアルコールを飛ばします。
5.キッチンペーパーでこしただし汁に濃口醬油80ccと砂糖大さじ1/2、アルコールを飛ばしたみりんを加えます。
6.ひと煮立ちしたらかつお節10gを加え、火を止め、再度キッチンペーパーでこしたら完成です。

・盛り付け、食べ方


お皿に盛りつけるときは食べやすいよう工夫するといいですね。指で一口分のそうめんをつまみ、お皿の上にくるっと巻くように盛り付けます。これを繰り返すだけで、食べやすく見た目も良くなりますよ。食べるときはひと巻きずつ取り、つゆにつけていただきます。ネギやショウガ、大葉など好みの薬味を添えてもいいでしょう。

◆冷たいそうめんレシピ

夏に食べたくなる冷たいそうめんの食べ方にもいろいろありますよ。
食欲をそそられるアレンジレシピをご紹介します。

・トマトとツナを加えたアレンジレシピ

出典:@ marimali3さん

アレンジレシピの中でも人気1位かと思われるのがトマトとツナを加えたレシピです。
トマトとツナにしっかりと味付けをしてあるので、めんつゆはかけずにいただきます。
パスタのように食べられそうですね。@marimali3さんはガラスのお皿を使われているので、見た目にも涼しく夏の暑い日でも食欲がそそられますね。

・夏のおもてなしにもピッタリ!涼やかレシピ

出典:@ rokochan1014さん

こちらは茹でたものの食べきれなかったそうめんをゼラチンで固めた@rokochan1014さんのアレンジレシピです♡シリコンのドーナツ型を使うことで型崩れを防げるそうですよ。夏の来客や子どもたちにも評判の良さそうなアレンジなのでマネしたいですね。

・爽やかな見た目でしっかり栄養補給

出典:@ glutton_maaさん

そうめんの上にトマト・アボカド・納豆・たまご・ねぎを乗せた@glutton_maaさんのアレンジレシピ。たまごは温玉にすることでしっかりとそうめんにも絡んでくれそうです。こちらのレシピは具がたくさん載っているので食べ応えがあり、栄養もしっかり補給できそうですね。アボカドは世界一栄養価の高い果実とも言われるほど。夏の疲れた体にしっかり栄養補給してくれそうです。

・子どもに人気といえばアンパンマンシリーズ

出典:@ mari.aooさん

子どもに人気のキャラクターといえばアンパンマン。そんなアンパンマンシリーズから、食パンマンの登場です。いつも食べているそうめんが食パンマンになって出てきたら子どもは大喜びでしょうね♡子どもが飽きずに食べられる工夫はぜひ取り入れたいですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]