Baby&Kids

目指すはおしゃべり上手!コミュニケーション能力の高い子に!

vol.765【1日1成長お母さん】6歳までは、おしゃべりと自由な表現活動で感情を発散させよう

おしゃべり上手は伝え上手。子どもの心の安定には伝える力と表現活動

女の子は感情的になり自分の気持ちをコントロールできなくなるときがあります。子どものなぜ泣いているんだろう?なぜ騒いでいるんだろう?そんなシーンに出くわすことがあるでしょう。泣くことも騒ぐことも、子どもにとっては最大の自己表現なのです。幼いうちは子ども自身なぜ泣いているのか理解していないこともあります。そんなときは言葉の破片を拾いながら、子どもの気持ちを言葉で表現してあげましょう。次第に感情も落ち着いていくでしょう。

わがままにみえるのは自分がどうしたいのか伝え方がわからないだけ

4歳になろうとするMちゃん、最近ことあるごとに泣いて表現することが増えました。6歳のお兄ちゃんと遊んでいるときも、お兄ちゃんが思い通りに遊ぼうとすると急に泣き出します。「めんどうだな」と顔をしかめるお兄ちゃんですが「Mちゃんのしたいようにやってみていいよ」と譲ってくれました。その言葉でMちゃんは自分のやり方でやってみたかった自分を理解し、お兄ちゃんの言動に心が満たされました。

問題にぶつかったとき、おしゃべり上手は状況を説明する力があります

コミュニケーションを上手に取れることは心の安定につながります。自分の感情を言葉で伝えることができるからです。でも中には自分の気持ちを人にうまく伝えるのが苦手な子もいます。そんなとき、イライラしたり癇癪を起こすことで伝えようとしているのです。ただ泣き止ませる以上に、その理由に向きあい言葉にしてあげましょう。気持ちを受け止めてもらうと、心の整理ができます。そのあとで問題解決の方法を一緒に考えます。

その子にあった自己表現方法で、感情を表に出せるような時間を持とう

気持ちを言葉で表現することも大切ですが、好きなことを自由にさせることで、内に秘めた感情を発散できることもあります。女の子は自己表現が心の落ち着きに繋がっています。歌を歌ったり絵を描くこと、踊ることや楽器の演奏そして文字を書くこと。それらは、おしゃべりと同じく感情を発散する効果があります。子どもの表現することに答えはありません。干渉されない自由な表現活動が心の安定に一躍かってくれます。

今日の1日1成長

子どもの心の安定に言葉で気持ちを伝える習慣と自由な表現活動を心がけよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの関心力も1成長。
さわどあさみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!