出典:「MEGURI smart LIFE 衣食住を整える〜笑顔の絶えない暮らし〜 Powered by Ameba」

Lifestyle

快眠の秘訣!正しい枕の洗い方をマスターして眠りをサポート

普段愛用している枕のお手入れを正しく行えている人はどのくらいいるでしょうか?一重に枕と言っても素材や大きさなどさまざまで、それぞれに適した洗い方をしないと型崩れの原因となり、眠りの妨げになる可能性があります。そこで、枕の素材別の特徴と洗い方について調べてみました!参考にしてみてください。

■意外と知らない?枕の素材別の特徴紹介

種類豊富な枕の素材別の特徴を簡単にまとめてみました。

・パイプ


パイプはストローを細かく切ったような形状をしており、ザクザクとした触感が特徴です。吸湿性はないですが、熱がこもりにくく夏場の枕に向いている素材でしょう。

・綿(パンヤ)

出典:photoAC

一般的な綿は、優れたクッション性が特徴です。通気性が高く、軽い素材のため管理がしやすいのも魅力。季節によって素材の硬さが変動することもなく、ダニが発生するリスクも低い素材です。また、パンヤは熱帯地方のパンヤという木から取れる綿毛のことで、天然素材の綿として使われる素材です。吸湿性が高い反面、通気性が悪く湿気を含みやすい傾向があるのも特徴です。

・ウレタン&低反発

ウレタンはポリウレタンを発砲させた素材で、元々はNASAが緩衝材として使用していた素材です。低反発なので、頭の形にぴったりとフィットしやすいのが特徴。耐圧分散効果があり、頭の一点に力が集中しないため寝心地がよく、幅広い年齢層に人気がある素材です。

・羽毛

出典:pixabay

羽毛は主に水鳥の羽根を使用しており、ふんわりとした触感が特徴の枕です。吸湿性・放湿性に優れており、汗をかいても快適に眠ることができるでしょう。へたりにくい素材のため、管理方法が簡単なのも魅力です。ただ、羽根アレルギーがある人には向いていない素材でしょう。

・ポリエステル

出典:「キンギョ姫のスキンケア・懸賞・モニター・購入品 etc…blog Powered by Ameba」

ポリエステルは合成繊維の球状の綿で、弾力がありクッションによく使われている素材です。繊維が切れにくいため綿埃が出にくいのが特徴です。洗濯できるものなら清潔に保つことができる素材と言えるでしょう。

・そばがら

そばがらとは、そばの実の皮を剥いで乾燥させた皮のことです。パイルよりも安定感があり、吸湿性・放湿性に優れているため高温多湿の日本にぴったりの素材。冷触冷感効果もあるため、夏場の枕としてもおすすめです。しかし、そばアレルギーがある場合は使用しない方がいいかもしれません。また、湿気を含むとカビやダニが発生する危険性があるため、適度な乾燥が必要になります。

・ラテックス

出典:「La Douceur 40ans Powered by Ameba」

ラテックスとは、天然ゴムで一般的に高反発枕と呼ばれる素材です。柔らかいながらもしっかりと頭を支えてくれる素材で、通気性が高いのが特徴。清潔に保ちやすい素材ですが、ゴムアレルギーの人やゴムの匂いが気になる人には向いていないかもしれません。

・シルク(真綿)

出典:「色・音・香・ライトワーカー【光の配達人】 Powered by Ameba」

シルクとは蚕の繭を綿状に引き伸ばした素材です。綿より繊維が細く長いのが特徴で、肌触りがよく、生地に触れても肌への負担が少ないため、美容に敏感な女性などに人気の高い粗材。シルクで作られた枕は価格が高いため、シルクの枕カバーを使用する人も多いようです。

・ウール

ウールとは、一般的に羊毛を球状に加工したものです。ボリュームがあり、ふわっとした触感が特徴で、吸湿性・放湿性に優れているのが特徴です。へたりにくいのも魅力。

・ビーズ

出典:「こんぶ屋スーパーマン Powered by Ameba」

ビーズにはいろいろな種類がありますが、大きく分けるとプラスチック製と発砲性があります。プラスチック製は、通気性が高く触感がパイルやそばがらよりも柔らかいのが特徴です。発砲ビーズは、クッションや抱き枕などによく使われる素材で、独特の触り心地が特徴。しかし、発砲ビーズは枕の形が変形しやすく、安定性に欠ける面があるので頭を固定して寝たい人にはあまり向いていない素材でしょう。

■枕の素材別!それぞれの正しい洗い方をチェック

枕の素材によっては洗える素材と洗えない素材があるので気をつけましょう!

・洗える素材【パイプ・ポリエステル・シルク・ビーズ】


洗える素材の枕の場合、洗濯が使用できるのか・手洗いなのかを確認しましょう。
洗濯機が使用できる素材の場合は、必ず洗濯ネットを使用します。洗濯コースは手洗いモードやドライコースなどの弱めの水流コースがおすすめです。
脱水が終了したら、枕の中身が偏っていないか確認し、少し叩いて中身をほぐしましょう。
干すときは外で天日干しがベスト☆枕干しなどがない場合は物干し竿を2本使って横になるように干すようにするといいでしょう。干すときに形が崩れないようにするのがポイントです。
素材や季節によっては、完全に乾くまで数日間かかることもありますが、辛抱強く乾燥させましょう。完全に乾いていないとカビの原因になることがあるので要注意!

手洗いの場合は、洗面所や浴槽に水をはり、中性洗剤を溶かしておきます。枕全体を揉むように洗い、汚れを落とします。脱水は、泡が出なくなるまで根気よくすすぎ作業を繰り返しましょう。脱水が完了したら、あとは洗濯機バージョンと同様、形を整えて完全に乾燥させたら洗濯完了です。

・洗えない素材【綿(パンヤ)・ウレタン&低反発・ポリエステル・そばがら・ラテックス・ウール・ビーズ】

出典:「MEGURI smart LIFE 衣食住を整える〜笑顔の絶えない暮らし〜 Powered by Ameba」

洗えない素材は天日干しか陰干しで湿気を逃がし、乾燥させるだけで大丈夫です。
天日干しに向いているのは、綿・ポリエステル・そばがら・ウールです。カラッと乾燥させることでふんわりと弾力を取り戻したり、吸湿性が戻る効果があります。
陰干しに向いているのは、ウレタン&低反発・羽毛・ビーズです。天日に晒すことで素材が劣化してしまう可能性があるので、陰干しの表記があるものはちゃんと陰干しするようにしましょう。
また、ラテックスは自然抗菌性に優れているため天日干しや洗濯の必要はありません。枕カバーを清潔に保っていいればOKなお手入れ簡単枕です。

■自分好みの枕で安眠&快眠を手に入れよう

素材によって使い心地がことなる枕は、使ってみないとどんなタイプが自分に合っているか分からないアイテムです。専門店などで自分の癖を調べてもらうのも、自分にぴったりの枕を見つける一つの方法でしょう。大きさの兼ね合いで洗濯機に入らない枕の場合は、クリーニング屋やコインランドリーできれいにすることもできます。毎日使うアイテムだからこそ、使い心地がよく清潔に保てるものを選びたいものですね。

引用文献

「キンギョ姫のスキンケア・懸賞・モニター・購入品 etc…blog Powered by Ameba」
「La Douceur 40ans Powered by Ameba」
「色・音・香・ライトワーカー【光の配達人】 Powered by Ameba」
「こんぶ屋スーパーマン Powered by Ameba」
「meguri 一条工務店アイスマート♡夢のマイホーム♡理想の暮らしをする為に… Powered by Ameba」

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]