Baby&Kids

思い切り実戦を体験して経験値を上げよう

vol.776【1日1成長お母さん】子どもをリードするのを封印。経験を積む事で発想力を養おう

「ねえお母さん」と質問攻めの子どもには主導権を握らせてあげるといい

夏休みなどの長期休暇中は子どもと時間を共にすることが増えます。子どもたちの口癖は何ですか?と子育てお母さんに聞くと「あ~暑い」「今日どこ行くの?何するの?」「ご飯は何?アイス食べていい?」このように朝から質問責めで、もううんざりするのよ、と返事がありました。確かにお母さんには休暇はなく家事に休みはありません。非日常時間を過ごしているのは子どもたちだけなのかもしれませんね。

「自分でやる」「いいよ」この対応で自発的に考えられる力を身につけよう

お母さんがバタバタと家事をこなしている横で「私もやりたい!」「お花の水やりをやりたい!」そんな提案があったらチャンスです!ずぶ濡れになるわ、どうせ水遊びをしたいだけなんでしょ!と阻止しないであげてください。このきっかけで、濡れたらどうする?出したホースはどうする?という次の行動を考えるチャンスなのです。思い切って任せてみて、最後までどうやるのか見守るのです。

「ダメ!」が引き起こす子どもの感覚は大きく3つ。依存と無気力と無関心

子どもに「ダメ!」を多く言い、やらせないとどうなるのか?それはお母さんへの依存型の人間になります。成長と共にできることを増やしていくはずの子どもですが、ことある毎に「お母さんやって」「お母さん教えて」となります。そしてもう一つは「どうせ言ってもさせてもらえない」と諦めることを覚えていきます。子どもはお母さんの都合などくみ取れません。どんなことへも無気力や無関心になってしまいます。

不快、不便を知っている子は工夫する。その経験は卓上ではできないこと

人には“シェマ”といって経験を重ねることで身に付く自然な動作や思考があります。例えば手を洗おうとすると、大人は自然と袖をまくりますね。水を扱う時には濡れないように先回りをした動作をするものです。これは以前に濡らしてしまった不快さや不便さを経験しているからなのです。でも子どもは大人と同じようにしないのはその感覚を知らないからなのです。生活する上で工夫や豊かな発想が出てくるように、もったいない「ダメ!」を減らしましょう。

今日の1日1成長

子どもの意欲を使って自分で考え、対応と工夫をする子に育てよう
子どもの判断力も1成長、お母さんのゆだねる力も1成長。
森みきこ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!