Baby&Kids

子どものイヤイヤ期は成長の重要な要素 「イヤ」の本当の意味は?

言葉で上手く伝えられない欲求を解決できるように導いてあげよう

2歳くらいになると自己主張が芽生えているのに、欲求を言葉でうまく表現できないことで悲しかったり苦しかったりする感情を「イヤ」という言葉で表そうとします。これは、他に解決策を知らないからです。ならば、感情を表す言葉や問題を解決する言葉を教えてあげましょう。「悲しい」「嬉しい」などの感情を表す言葉「手伝って」「一緒にやって」など問題を解決する言葉を教えると子どものストレスが減ってきます。

イヤイヤ期はずっと続くわけじゃない!これも子育ての良い思い出

イヤイヤ期を迎えるこの年齢の子は、まだ言葉の意味をしっかりと理解していません。決してお母さんを困らせたいのではなく、解決できない不安からくるのです。言葉の意味を理解してくれば次第になくなるでしょう。まずは子どもが何を望んでいるのか見つけてあげましょう。もし、見つからなくても大丈夫。お母さんが自分と向き合ってくれたことは、子どもの心の栄養となります。これも大きく成長した時には、良い思い出になりますね。

1日1成長お母さん

イヤイヤ期は自己主張の仕方を学ぶ大切な成長過程。子育てが順調な証拠
子どもの表現力も1成長、お母さんの受容力の1成長
わたなべみゆき(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]