Baby&Kids

子どものイヤイヤ期は成長の重要な要素 「イヤ」の本当の意味は?

vol.801【1日1成長お母さん】自己主張の仕方を学んでいく大切な時期と受け止めましょう

「イヤイヤ」期は子どもの成長の証。大きな気持ちで受け止めて喜ぼう

2歳くらいになると、イヤイヤ期が始まるお子さんもいると思います。「魔の2歳児」と言われるように、あれも「イヤ」これも「イヤ」と何をしてあげても「イヤイヤ」が続きます。お母さんも、どうしてあげたら良いのか分からなくなってしますね。子どもの性格や男の子か女の子かによっても多少の違いはあるものの、これらは自己主張が芽生え始めたという成長の過程であります。おおらかな気持ちで受け止めてあげましょう。

イヤイヤ期は自分の気持ちを意思表示する最初のステップ

お母さんのお仕事の間、おもちゃで遊んで待つ2歳の男の子がいます。初めは楽しく遊んでいた男の子ですが、途中であきてしまい近くにいたおばあちゃんにおもちゃを渡して「これ、これ」と一生懸命に言います。おばあちゃんはおもちゃをどうしたら良いのか分からずにいると、男の子は「イヤイヤ」と怒り出しました。どうやら男の子はおばあちゃんと一緒に遊びたかったのに、うまく言葉で伝えられない欲求不満がいらだちとなって出ていたのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]