出典:mamagirl2018秋号

Lifestyle

お弁当仕切りでおしゃれ度UP!映える食べられるカップは機能性も抜群

お弁当のおかずをキレイに分けてくれる仕切り。最近では、かわいい紙カップやシリコンカップが主流になりつつありますよね。バランもカラフルなものが増え、100均でも手軽に買えるようになりました。今回は、そんなお弁当仕切りについて、おすすめアイテムや代用できるもの、お弁当の詰め方についてご紹介します。

手作り弁当をワンランクアップさせたい!という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

■市販で買える♡便利なお弁当仕切りのグッズ

まずは、市販で購入できるお弁当仕切りのグッズをご紹介します。

・100均で購入可能♡カラーバラン

出典:筆者撮影

一昔前、お弁当仕切りと言えば緑色のバランが定番でしたよね。緑一色で味気なかったバランですが、今はカラフルなタイプやキャラクターデザインのタイプなど種類豊富にあるんです♡キャラクターデザインのバランは子ども用品店などで、カラフルタイプのバランなら100均で購入できます。
自分の好みや子どもの好きなキャラクターなどで選んでみてはいかがでしょうか。

出典:「あじゃうじゃのお弁当録。。。時々日常 Powered by Ameba」

バランにはシリコン製の繰り返し使えるものもあります。毎日使うものだから、洗って使えるのはうれしいですね。

・紙カップを使ってポップでカラフルに!

出典:セリアのお弁当箱は、おしゃれで優秀。ランチタイムが楽しくなる!

お弁当を仕切りの定番アイテム、紙カップはストライプやチェックなどカラフルな色合いがお弁当に彩りを与えてくれます。『DAISO(ダイソー)』や『Seria(セリア)』などの100均でも、キャラクターやかわいいデザインのものがあるそうですよ!

出典:photoAC

紙カップの良さは形を変えやすいところ。お弁当やおかずの形に合わせて使えるので、無駄な隙間ができず、使いやすのが魅力と言えますね。

・シリコンカップは何度でも使えて経済的!色や形も選べる

出典:photoAC

シリコンカップは、繰り返し洗って使える家計にやさしい仕切りです。耐熱性があり、おかずを入れたまま電子レンジで加熱することもでき、お弁当作りが時短になります。お弁当おかずを作り置きして、シリコンカップに小分けして冷凍することも可能。
紙カップと違って変形しないので、おかずの量に合わせていくつかサイズを常備しておくと良いでしょう。ピンク、黄色、緑などカラフルな色、動物型やお花型タイプもあるので、おかずを仕切りながら、お弁当を華やかにしてくれる効果もあります。こちらも100均で手に入るので、探してみてくださいね。

・おしゃれにランクアップ!プラスチック製カップ

出典:mamagirl2018秋号

プラスチック製のミニカップがあると、お弁当にも便利です。お弁当の高さにサイズを合わせてカットしたり、フタつきタイプにすれば液体が漏れるのを防止することもできます。写真の様に、ひとり分ずつ小分けにして、ピクニックやレジャーなどに持って行くにも良さそうですね。

・カフェ風にチェンジ☆ワックスペーパー&クッキングシート

出典:mamagirl2018秋号

水や油に強いワックスペーパーやクッキングシート。タレや汁が混ざるのを防いだり、油染みを防ぐことができたりするのでお弁当に活用している人も多いんです!中でもワックスペーパーは、ギンガムチェックのかわいいものや、英字プリントのおしゃれなものなどデザインがさまざま♡
お弁当の底に敷いたり、仕切りとして活用したりするだけでカフェ風のお弁当にチェンジしますよ。

・キャラクターデザインも!アルミホイルを活用

出典:@ayakitty123さん

光沢感があってきれいなアルミホイル。最近では、アンティーク柄のものやキャラクター柄のものなどがあります。アルミホイルはバランのように使ってもいいですが、ご飯をおむすびにして、そのままアルミホイルで包むのもGood!
アルミホイルとおむすびの間に少し隙間ができるので、おいしさをキープしやすい点も◎キャラクターデザインのアルミホイルでおむすびを包んで、子どもを喜ばせましょう。かわいいアルミホイルがないなら、ラップでおむすびを包んで、ラップ用のペンでかわいくデコレートするのもおすすめですよ!

■仕切りがないならこれで代用!仕切りに使えるおすすめ野菜とは

お弁当仕切りを持っていない人におすすめなのが、野菜でおかずを仕切る方法。お弁当仕切りとして代用できるものをピックアップしました。仕切り野菜の定番、レタス以外の野菜も登場するので、参考にしてみてくださいね!

・抗菌効果も期待できる!大葉の仕切り

出典:mamagirl2018秋号

パキっとしたグリーンが鮮やかな大葉。食材と食材の間に入れるだけで、お弁当が華やかになりますね。また、大葉は抗菌や防腐効果が高いと言われている食材でもあります。大葉の爽やかな香りは、春夏のお弁当にもぴったりですよ♡

・フリルのような見た目がキュート♡レタスやキャベツ

出典:mamagirl2018秋号

薄い葉物野菜は、お弁当仕切りとして大活躍!自由に曲げたり折ったりできるので、とても便利に使えます。また、フリルのような見た目もキュートですよね。女子度の高いお弁当に仕上がるでしょう。

・お弁当の形をキープしてくれる☆ブロッコリー

出典:@ xaya106xさん

ママたちの中には、かお弁やデコ弁を作る人もいますよね。でも、元気いっぱいの子どもに持たせると、バッグの中で激しく揺られて食べるころにはぐちゃぐちゃに…なんていうこともあるでしょう。そこで、おすすめなのがブロッコリーの仕切り。
緑の葉の部分はクッション性があるので、おかずとおかずの間に入れるだけで、お弁当崩れを防止できますよ。また、緑のブロッコリーは、草原や森の中にキャラクターがいるような見た目になるので、メルヘンチックな印象のお弁当にも♡

・インスタ映えが叶う!?笹の葉

出典:mamagirl2018秋号

お弁当仕切りに活用できるのは、プラスチックカップやワックスペーパー、食べ物だけではありません!実は、パンダが大好きな笹の葉だってお弁当仕切りになるんです。実は、笹の葉は抗菌効果が期待できるので、お弁当が傷むのを防いでくれるそう。
趣のある古風な印象に仕上がる笹の葉は、和風弁当にピッタリです。

■ゴミも洗い物も削減!食べられるバランやカップが便利

お弁当の中身を仕切るためのアイテムには食べられるものもあるのです。

・食べものから作られた“食べられる仕切りカップ

出典:@gingamiyaさん

こちらは、食材を使って作られた、食べられる仕切りカップです。小型サイズはお弁当にぴったり!カップに使われている材料は、海苔や昆布、かつお節、大豆を加工したものなど。

出典:@gingamiyaさん

カラフルな色がきれいなこちらのカップの名前は「カラフル大豆のうつわ」。大豆シートで作られたカップは、白がプレーン、ピンクがトマト、緑がほうれん草の味だそう。お弁当のおかずに水分多めのサラダを入れても、丸ごと食べられるので汚れる心配もなさそうですね。

出典:@gingamiyaさん

こちらの「食べれるうつわ」は、それぞれ「海苔のうつわ」、「おぼろ昆布のうつわ」、「かつお節のうつわ」の3種類。ダシにも使われるかつお節や昆布が使われているので、ご飯や和風おかずとの相性が抜群です。海苔のうつわならおにぎりやてまり寿司にも使えそう!

・仕切りを自分で作っちゃおう!海苔カップや型抜きバラン


100均でも販売されているという「たべれるのりカップキット」は、器型のキットに焼き海苔をセットして電子レンジで加熱するだけで、仕切りカップが作れるというアイデアグッズ。焼き海苔1枚で4個分作れるそうなので、家計にもやさしいですね。つい湿らせてしまった焼き海苔があれば仕切りとして有効活用できるかもしれません。

また、バランを型抜きして作る「たべれるバランキット」もおすすめ。動物やお花のバラン型で、薄切りにしたハムやきゅうり、スライスチーズなどを型抜きすれば、食べられるバランができあがるそうですよ。

■お弁当の仕切りの作り方は?ワックスペーパーで作ってみよう

出典:筆者撮影

お家にワックスペーパーがあれば、手作りの仕切りを作ることも可能!作り方は簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

◆材料と作り方
ワックスペーパー 縦:横=1:2の長方形(5~10cm程度の大きさで)

出典:筆者撮影

1.ワックスペーパーを巻いて円すい状にする。

出典:筆者撮影

2.上のはみ出た部分を内側に折り込んで固定し、下の尖った部分も折る。

おかずやお弁当に合わせてワックスペーパーのサイズを調節できる便利ですよ!

■仕切りなしでも崩れない!お弁当をきれいに詰める方法

出典:@ keiko0424さん

お弁当崩れを防止する効果があるお弁当仕切り。実は、お弁当の盛りつけ方を工夫すれば、仕切りなしでもお弁当崩れを防止することができるんです!お弁当崩れを防ぐ盛りつけは、おかずとおかずの間に隙間を作らないことがポイント。
ご飯を詰めてから、大きなおかずを入れます。次に卵焼きやオクラの肉巻きなど、比較的小さなおかずを詰めましょう。最後に、隙間を埋める細いウインナーやクッション性のあるブロッコリーなどを詰めれば完成!
お弁当を揺らして、中身が動かなければOKですよ。

■お弁当仕切りを有効活用してキレイに盛りつけよう

出典:@ keiko0424さん

におい移りや味つけが混ざるのを防げるお弁当仕切り。シンプルで使いやすいカップやおしゃれなワックスペーパー、見た目が鮮やかな食材を代用した仕切りなどさまざまです。ぜひあなたもお弁当仕切りを有効活用して、料理上手に見えるきれいな盛りつけの手作り弁当を完成させましょう☆

引用文献
「あじゃうじゃのお弁当録。。。時々日常Powered by Ameba」

hinataka

お菓子とパンをこよなく愛する育児中のママです。食に携わる仕事を経て、独学で製菓衛生士免許を取得。現在は6歳と3歳の兄妹の育児に奮闘しながらも、自己流のお菓子作りを楽しんでいます。
【Instagram】harenohi_117
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!