Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

毎日忙しい朝の支度。子どもが自分で出来るようにするための“5分”

vol.838【1日1成長お母さん】時間がないのは子どものせいではない。5分前行動を心がけよう

朝は忙しい!マイペースな子どもの支度に手を出すのは誰のため?

子育てをしながら仕事をしているお母さんは毎日本当にバタバタです。特に1番忙しいのは朝ですよね。保育園に行く前、子どもはお母さんの望むようにテキパキと準備をしてくれるわけでもなく「急いで!」「早くして!」を連呼してしまいます。保育園に着いても子どもはまだのんびり。仕事に遅刻するわけにはいかないので、靴を脱がせて上履きを履かせて…とお母さんが手伝ってあげることもありますよね。

朝の準備を急いでいるお母さんの事情は、子どもには関係ありません

保育園に登園してきた2歳のAちゃんとお母さん。お母さんは毎日自転車を降りてから下駄箱までAちゃんを抱っこしてかけ足。Aちゃんの靴を脱がせて靴箱にしまい、教室まで急いで行き服やタオルの支度をしています。その間Aちゃんはのんびりお母さんのあとを追って教室まで歩いています。教室に着くと先に来ていたお友だちが走ったり遊んだりしていると、Aちゃんも一緒に遊んでしまいます。急いでいるお母さんは「早く準備して!」と毎日注意し続けています。

子どもに手をかけると、自分でできるようになるチャンスを奪います

子どもは周りの人や物に興味がいき、行動に集中することができません。いくらお母さんが「早くして!」と言ってもお友だちが登園してきたり先生が近くを通ったりすると気になり、靴を脱ぐだけでも時間がかかってしまいます。急いでいるお母さんはのんびりしている子どもにイライラして、つい怒鳴ったり靴を脱がせたりしてしまいます。毎日手伝っていると子どもは“靴はお母さんが脱がせてくれる”ことを学び、年長になっても自分で靴を脱ごうとはせずお母さんを待ってしまいます。

子どもを自立させるためには見守る努力を。すぐに結果は出ません

毎日忙しい朝の支度。お母さんの思い通り子どもに準備させようと思うと、どうしても手伝ってしまいます。お母さんに自分のペースがあるように子どもにもペースがあります。子どもが小さい時は何をするにも時間がかかります。お母さんはいつもより5分早く家を出るなどして余裕を持てるようにしましょう。早く家を出るのは大変ですが、今子どもに自分でできる力を身に付けさせておくと、後で楽になります。今の“5分”が将来の子どもの“自立”につながります。

今日の1日1成長

手がかからない子どもに成長させるために、手をかけすぎないことが大切
子どもの集中力も1成長、お母さんの柔軟力も1成長
吉田あき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp