出典:@ sh.atyou さん

Lifestyle

洗濯機ラックでかなえるすっきり収納!お悩み別に解決法もチェック

洗濯に使う洗剤や柔軟剤などさまざまなグッズで溢れる洗濯機周り。そんなときに便利なのが洗濯機ラックです。
洗濯機ラックは、ものがたくさんあってごちゃごちゃしがちな洗濯機周りをすっきり整理してくれ、見た目のきれいさや家事の時短をかなえてくれます。
今回は、洗濯機ラックを上手く活用してすっきり整理整頓するコツを紹介します。


■洗濯機ラックにはどんなタイプがある?

洗面所の広さや洗濯機の大きさで、おすすめの洗濯機ラックが異なります。タイプ別に詳しくみてみましょう。

・置き型の洗濯機ラック

出典:筆者撮影

洗濯機ラックで最もポピュラーなのが、この置き型タイプです。洗濯機を囲うように置けるラックは、洗濯機の上の空間を有効に活用しています。
置き型の洗濯機ラックの特徴は大容量の収納ができること。洗面所下や備えつけの収納スペースが少ない人でも、洗剤や柔軟剤のほかタオルやハンガーなどたくさんのものを収納することができます。
置き型の洗濯機ラックは『ニトリ』や『IKEA(イケア)』などのインテリアショップやホームセンターで販売していて、自分で組み立てて使うのが一般的なようです。また、『無印良品』にはパーツを組み合わせてオリジナルの洗濯機ラックを作れるものも。既製品でぴったりのサイズが見つからないという人におすすめです。

・つっぱり棒で洗濯機ラック

出典:@ sh.atyou さん

洗濯機スペースの幅が狭ければ、つっぱり棒でもラックを作れます。こちらは1本のつっぱり棒でスプレーボトルやタオルをひっかけていますが、2本組み合わせれば真ん中にかごを置けたり、上に板を乗せて簡易的な台を作れたりと、工夫次第でとても使いやすく便利な洗濯機ラックができますよ。

出典:筆者撮影

こちらはつっぱり板で収納スペースを作っています。組み立てる必要がなく取り入れやすいでしょう。
つっぱり棒は、リーズナブルな価格で手に入り、場所によって長さを変えたり用途に合わせて位置を変えたりできるというメリットが。また、S字フックを使えば、ハンガーやネットをひっかけて使うことも可能です。
耐荷重はつっぱり棒によって変わるので、重たいものを乗せたり引っかけたりして使う場合は、どのくらいの重さに耐えられるかということをしっかりチェックしてくださいね。


■DIYでオリジナルの洗濯機ラック

出典:@ natsutsu_4さん

こちらの洗濯機ラックはDIYのオリジナル。洗面所と洗濯機のすき間を有効活用したいけど、なかなかサイズが合うものがないという人もいますよね。
DIYだと幅や奥行き、高さなどぴったりのものを作れます。洗濯機ラックといっしょに、生活感がでてしまう防水バンを隠すという工夫も。

出典:@ natsutsu_4さん

防水バン隠しの板にレールをつけることで、引き出しのように出して使うことが可能。おしゃれなだけでなく、使いやすさも抜群ですね!
洗濯機周りのスペースが狭い人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

出典:筆者撮影

こちらはL字金具と板を使って作ったオリジナルラックです。収納するものに合わせて好きな高さで作れるのがうれしいですね。壁に穴をあける必要があるので、棚を作るときは慎重に!


Recommend

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]