Facebook Twitter Instagram

出典:@ yoshimi_t418さん

Lifestyle

時短ゆで卵の作り方!お玉一杯のお水だけで作れるって知ってた?

みなさん、ゆで卵はどうやって作っていますか?お鍋いっぱいのお水を用意して、グツグツゆでている人も多いのではないでしょうか。作り方は簡単だけど、意外と時間がかかる料理ですよね。横に添えるだけで料理も華やかになるし栄養もプラスできる、魅力たっぷりのゆで卵。もっと時短で作ることができればいいのに…と思ったことはありませんか?今までの常識からは想像できないような、あっという間に作る方法をご紹介します。


■おたま一杯のお水で作る!時短ゆで卵の作り方

出典:100均のお弁当箱がとっても便利!大人も使いたいキュートなお弁当10選@ 100yenshoploveさん

お鍋いっぱいにお水を入れてしまうと、お湯が沸くまでの時間がけっこうかかります。その時間を大幅に短縮するために、お水の量を減らしてみましょう。
実はゆで卵は、お玉一杯のお水だけでも作ることができるんです!では、作り方を詳しく見ていきます。

<材料>
卵 4個
お水 お玉一杯分

<手順>
1.お鍋にお玉一杯のお水と卵を入れる
2.フタをして火にかける
3.沸騰したら8分ほど加熱
4.フタをしたまま8分蒸らす

水分量が少なく、すぐに蒸発してしまいます。蒸らし終わるまでは必ずフタをしておきましょう。
蒸らす間は火を使っていないので、お鍋の側についておく必要もありません。
朝ならその間に子どもを着替えさせたり、夜ならお風呂掃除をしたりと、蒸し時間で違う家事もできるので結果的に時短につながります。

出典:かわいい「かおべん」と詰め方テク♪行楽シーズンにも大活躍!

お玉一杯のお水で作っても、8分加熱して8分蒸らせば黄身はしっかり固まります。
小さい子どもがいて半熟卵を食べさせられないときでも、安心ですね。

出典:@ mayumi_photoさん

半熟卵を作りたいときは、ゆで時間を6分、蒸す時間を3分に調整しましょう。蒸らし終わったら、火の通りすぎを防ぐためにすぐ冷水につけてくださいね。
半熟卵があれば、こんなふうに見栄えのいいおにぎりも簡単に作れます。パパのお弁当にもぴったりですね。


■時短ゆで卵はフライパンでも簡単に作れる!

出典:キッチンをキレイに見せるコツ!みんなのおしゃれなキッチン収納をチェック

お鍋のように深さがないフライパンでも、ゆで卵を作ることができます。

<手順>
1.フライパンに2cmほどお水を入れる
2.沸騰したら冷蔵庫から出したばかりの卵を入れる
3.フタをして3分加熱する
4.10分蒸らす

蒸らす時間は長くなっていますが、加熱時間が短いのでラクですよ。


■電子レンジで作る!爆発しない時短ゆで卵

出典:おしゃれ冷蔵庫11選!大型・一人暮らし用小型・レトロ・海外製品まで網羅@ ykp818さん

「電子レンジで卵を加熱すると、食べようとした瞬間に爆発する」という話を聞いたことはありませんか?これは嘘ではないのですが、やり方次第でゆで卵を電子レンジで作ることもできますよ。

<材料・用意するもの>
卵 1個
アルミホイル 卵を包めるぐらい
卵がすっぽり入る大きさのマグカップ

<手順>
1.生卵を殻のままアルミでぴったり包む
2.マグカップなどの耐熱カップにお水を入れて、アルミで包んだ卵を沈める
3.ラップをふんわりかけて、少し隙間をあけておく
4.電子レンジで4~5分ほど加熱する

卵をアルミホイルで包むことで、マイクロ波を遮断して卵の爆発を防ぎます。マイクロ波が遮断されると黄身を少しずつ加熱することができるため、アルミで包まずに加熱したときのように熱膨張して破裂することがありません。
しかし、アルミホイルを電子レンジで加熱すると発火の危険性もあります。発火のリスクを避けるためには、包んだ卵がしっかりつかる量のお水が必要です。
カップは卵がつかる大きさのものを選んでくださいね。


■ゆで卵の殻をキレイにむく簡単なコツを知りたい!

卵の殻がキレイにむけなくて、イライラしたことはありませんか?
次は、卵の殻をツルンとむく方法をご紹介します。

・温度差を意識して作れば殻むきは失敗しない

出典:photoAC

ゆで卵の殻をキレイにむくには、温度差がポイントとなります。
冷蔵庫で冷えている卵をそのまま熱湯に入れたり、蒸し終わったゆで卵を冷水に入れたりと、温度差を作ることでむきやすくなるんだとか。
さらに新鮮な卵よりも、賞味期限直前の卵のほうがむきやすくなるそうです。

出典:photoAC

冷水でゆで卵の熱を取ったら、調理台などに軽くポンと打ちつけます。
卵を台に置いたら包み込むように手を乗せて、そのままコロッと回しましょう。殻が浮いてくるので、簡単にはがれますよ。

・スプーンで卵の空気を抜く方法もアリ!

出典:新生活にピッタリのカトラリー11種を素材やブランド別に紹介

もうひとつ、殻をツルンとむくための裏ワザをご紹介します。
ゆでる前に、卵の空気を抜く方法です。スプーンで卵の下をポンと軽くたたき、ヒビを入れるだけ!
空気を抜いてからゆでると、殻がむきやすくなりますよ。生卵の状態でたたくので、強く力を加えすぎないようにしてくださいね。たたきすぎて割れてしまうときは、画びょうをさして空気を抜きましょう。


■ゆで卵を簡単に作って食卓に彩りを添えよう

出典:【投稿】アメリカで話題のミリタリーダイエットってどんなもの?

今回ご紹介した方法は、ほとんどが蒸す時間。つまり、火を使う時間を限りなく短縮できるんです。ガス代の節約になるだけでなく、ゆで卵を作っている間は火の側から離れられない…なんてこともありません。忙しい家事の合間でも、これなら簡単に作れそうですね。ゆで卵をもっと活用して、彩り豊かな食卓にしましょう。

chitako

輸入子ども服が大好きな3歳男児のママ。子ども服のバイヤー経験あり。料理が好きで魅せる盛り付けを研究中です!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp