出典:@mammygarageさん

Baby&Kids

ベビー服を手作りするには?ハンドメイドのポイントとおすすめレシピを紹介

■初心者さんならまずは小物作りからチャレンジ

初心者さんは、スタイや靴下といった小物から取りかかってみましょう。洋服と比べると短時間で完成させることができるので、達成感を味わいつつハンドメイドの腕をあげることができますよ。
小物の作り方をいくつか紹介します。詳しいレシピは本やブログを参考にしてくださいね。

・スタイの材料と作り方

出典:@mammygarageさん

360°どこから見てもかわいい、@mammygarageさん作のまんまるスタイ。色違い、模様違いでたくさんそろえたくなっちゃいます☆

〈材料〉
・生地…ダブルガーゼなど(表地)、タオル地など(裏地)
・スナップボタンまたはマジックテープ

〈作り方〉
1.型紙に合わせて生地をカットする。このとき、縫い代を忘れないよう注意しましょう。
2.中表にし、裏地と表地を縫い合わせる。
3.表面に返し、端を縫う。
4.スナップボタンやマジックテープを取りつける。

〈ポイント〉
フリルやレースをつけるなど、アレンジするだけで雰囲気も大きく変わります。外側になる部分を花びらの形にしてみてもかわいらしいですね。
吸水性の高い素材で作ってあげましょう。

・靴下の材料と作り方

出典:photo AC

ベビー用のハンドメイドソックスといえば、編み物をイメージする方も多いかもしれません。小さいので、初心者さんでも比較的簡単に編み上げることができますよ。

〈材料〉
・毛糸

〈作り方〉
1.つま先から片側11目で編んでいく。
2.甲の部分に入ったらメリアス編みで25段編み進める。
3.かかと部分はかかと編みをし、5段で折り返す。
4.足首部分をメリアス編みで15段編む。
5.はき口はとじ編みでまとめる。

〈ポイント〉
編み物初心者さんは、動画を見ながらの作成がおすすめです。
綿100%の毛糸なら、夏でもはかせてあげられますよ。

・帽子の材料と作り方

出典:@_____.myさん

@_____.myさん作のベビー用帽子は、つばも広めで裏地にダブルガーゼを使用。夏場にも大活躍してくれそうです☆
日差しの気になる季節に用意してあげたい、チューリップハットの作り方を紹介します。

〈材料〉
・生地…リネン(表地)、ダブルガーゼ(裏地)

〈作り方〉
1.型紙に合わせて生地を裁断する。チューリップハットの場合、同じ形のパーツを複数枚使うことになります。
2.表地の布を中表で縫い合わせていく。中心がずれないように、表側のパーツを完成させます。
3.裏地も同様に縫い合わせる。
4.表パーツと裏パーツを中表にして重ね、縫い合わせる。
5.返し口を縫い合わせる。

〈ポイント〉
表地パーツ、裏地パーツを作る際に、縫い代をアイロンでのばしてあげると仕上がりが美しくなります。
また、最後に頭のてっぺん部分を縫いとめると、ズレ防止にもなりますよ。

■手作りに慣れてきたら肌着やベビー服を作ってみよう

ある程度作り慣れてきたら、肌着やベビー服といったものにも挑戦できるはず!詳しい採寸や作り方は本やブログを参考に、お気に入りの1着を作ってみてくださいね。

・肌着の材料と作り方

出典:@sunaooopsさん

優しいパステルカラーの色合いが素敵な@sunaooopsさん作の短肌着、洗い替え用に何枚も用意したくなりますね♡

〈材料〉
・生地…ダブルガーゼ、綿など肌に優しいもの
・バイアステープ

〈作り方〉
1.型紙通りに生地を裁断する。
2.前身頃、衿ぐりをバイアステープで巻く
3.肩、脇の順に生地を縫い合わせる。
4.バイアステープで作ったリボンを縫いつける。
5.袖口や裾を三つ折り始末する。

〈ポイント〉
肌着なら生地がうすいので、手縫いで仕上げることもできます。その場合縫い目が外に出ないように、まつり縫いで縫っていきましょう。着心地のよい仕上がりになりますよ。

・ロンパースの材料と作り方

出典:@mammygarageさん

出番の多いロンパース。@mammygarageさん作のこちらは、袖部分や胸元のフリルがとってもキュート♡基本の作り方をマスターすればアレンジも自在です。

〈材料〉
・生地…ダブルガーゼ、綿、スムースニットなど
・バイアステープ
・ゴム
・スナップボタン

〈作り方〉
1.型紙通りに生地を裁断する。
2.生地を合わせ、肩の部分を縫う。
3.裏側から、衿ぐりをバイアステープでパイピングする。
4.脇を縫い合わせ、袖ぐりも裏側からパイピングする。
5.足を通す部分を三つ折りで縫い、中にゴムを通す。
6.股にスナップボタンを取りつける。

〈ポイント〉
ロンパースに初めて挑戦する場合は、タンクトップタイプから作ってみましょう。慣れてきたら袖やズボン部分がついたものにチャレンジしてみても。
脱ぎ着させやすいように、肩の部分にホックをつけてみてもよさそうです。ママやパパの着なくなったTシャツなどでリメイクするのもおすすめ!

・フードつき服の材料と作り方

出典:@myaikuさん

出典:@myaikuさん

小人風のとんがりフードがかわいらしい、@myaikuさん作のエスキモーコート♡冬に大活躍してくれそうですね。
ベーシックなフードの縫いつけ方をピックアップして紹介します。

〈材料〉
・生地…本体部分と同じもの
・バイアステープ

〈作り方〉
1.型紙に合わせて生地をカットする。
2.接着芯をはり、フードの中心となる部分を縫い合わせる。
3.縫い代をバイアステープで始末し、表側からミシンをかける。
4.見返しの端をバイアステープで巻いて始末する。
5.本体の見頃とフードを縫い合わせる。
6.縫い代をバイアステープで始末し、表側からミシンをかける。

〈ポイント〉
真冬に着ることを想定するなら、フードの内側の生地はボアやフリースなどの素材を選んでみましょう。フード部分にクマ耳やネコ耳をつけてみてもかわいいですね。

■ベビー服のハンドメイド、想像以上に楽しいかも!

ハンドメイドはハードルが高いと思う方も、作ってみると意外とハマってしまうかもしれません。苦手意識のある方は手作りキットなどから始めてみるのもありですよ。世界にひとつだけのオリジナルベビー服を作ってみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

西松屋のオムツは本当に安いの?販売している種類や安い時期など徹底調査!

Baby&Kids

2023.01.22

西松屋のオムツは本当に安いの?販売している種類や安い時期など徹底調査!

moria

よく食べよく遊びよくしゃべる2歳娘を育てています。節約とプチプラで日々家計を浮かす努力中!シーズン中は家族で野球観戦を楽しんでいます。

Recommend

お手軽レシピが魅力!【アーモンド効果】があればクリーミーな七草粥も楽しめちゃう!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]